今回はAmazon輸入について

解説をしていきます。

 

 

まだAmazon輸入ビジネスに

挑戦をしていない、

初めての方に参考に

していただけるように

解説をしていきます。

 

 

1.Amazon輸入ビジネスとは

 

 

時代にかかわらず、

価格差というものは

常にあります。

 

 

海外に行ったことがある方は

肌で感じたことがあると思いますが、

その国によって物価は大きく異なります。

 

 

その海外と日本の物価の価格差を

利益としたビジネスのことを

輸入ビジネスといいます。

 

 

有名なセレクトショップのBEAMSも、

初めはアメリカ西海岸のアイテムを

現地買付けをして、

原宿の一角で販売していたのが

始まりです。

 

 

まさに輸入ビジネスです。

 

 

現代では、

インターネットが普及したことにより、

海外との価格差を調べることも

販売することも簡単にできてしまう

時代になりました。

 

 

Amazon

ヤフオク

楽天ショッピング

Yahoo!ショッピング

 

 

など、今ではたくさんの

インターネット

ショッピングモールが存在します。

 

 

そのなかでも、

販売先を年間1兆円の売上を誇る

驚異的なサイトである、

Amazonを販路にする輸入ビジネスを

Amazon輸入ビジネスといいいます。

 

 

また、その他の呼び方は、

Amazon輸入転売

Amazon輸入せどり

というように

呼ばれることがあります。

 

 

転売というと、

あまりいいイメージ

がないかもしれません。

 

 

呼び方は何でも良くて、

中身が大切です。

 

 

初めはネットショッピングを

するのと同じ感覚で、

海外のネットショップから

購入して、仕入れをして

販売をしていたとしても、

後々メーカーや卸業者から

卸値で卸してもらえるように

交渉をして、仕入れし、

販売する方も多くいます。

 

 

ここまでいけば、

立派なビジネスです。

 

 

そのようなところを

みなさんにはぜひ

目指していただきたいと思い、

今回はAmazon輸入ビジネス

と呼んでいます。

 

 

2.Amazon輸入ビジネスの流れ

 

 

基本的なAmazon

輸入ビジネスの流れは

以下の通りです。

 

 

買付:商品リサーチを行い、

海外から買付。

 

 

発送:買付先から転送会社先に

商品が発送される。

 

 

出荷:買付した商品を自宅宛に出荷

 

 

納品:商品が自宅に到着、

検品梱包しAmazonのFBA倉庫に納品

 

 

購入:お客様が自分のショップから

商品を購入してくれる

 

 

発送:Amazon倉庫から商品が

お客様へ発送される

 

 

海外ショップでは、

日本に直送してくれない

ショップも多いのです。

 

 

しかし、転送会社を使うことで

日本に直送不可の商品も

仕入れることができます。

 

 

また、仕入れた在庫はAmazonと

大口出品者契約をして

AmazonのFBA倉庫に

納品をすることで、

商品の梱包、発送、

返品まで自動で

Amazonが行なってくれます。

 

 

そのため自分で行うことは、

以下の作業だけです。

 

 

・商品リサーチ

・商品仕入れ

・商品の検品

・納品

・販売

・価格管理

・売上

・在庫管理

 

 

上記はパソコン1台さえあれば、

全て行うことができます。

 

 

時間も場所も選ばずに

作業することができてしまいます。

 

 

そのため、副業の方にも

取り組みやすい

ビジネスモデルです。

 

 

このような流れで、

売上があがった金額から商品原価、

Amazon手数料、関税消費税、

国内外送料などの経費を

差し引いた金額が利益となります。

 

 

3.Amazon輸入ビジネスの難易度

 

 

ざっと流れを説明してきましたが、

そうは言っても難しそう、

本当にそれで稼げるようになるのか、

というように感じた方も

少なくないと思います。

 

 

たしかに、国境を越えて

ビジネスを行うことは、

輸入に関する法律や、

関税消費税のなど、

勉強をしなくてはいけないことも

多くあります。

 

 

輸入の際には、

貨物の紛失など

トラブルも多々あります。

 

 

そのような意味でも、

国内だけで完結することができる

せどりなどと比べると、

難易度は高いです。

 

 

しかし、

その難易度が高い分だけ、

参入障壁があると考えてください。

 

 

誰にでもできてしまう

簡単なビジネスは、

すぐに競合が増え、

簡単に真似されてしまいます。

 

 

いわゆるレッドオーシャンです。

 

 

この参入障壁をどう捉えるかは、

人それぞれだとは思います。

 

 

しかし、Amazonを販路にする

輸入物販に関しては、

世の中にある他のビジネスと

比べた時に、

決して難易度が高い

ビジネスではありません。

 

 

しっかりと基礎を抑え、

実践を積んでいけば、

堅実に稼ぐことができる

方法の1つです。

 

 

4.Amazon輸入ビジネスの魅力

 

 

次にAmazon輸入ビジネスの魅力

についてお話をします。

 

 

Amazon輸入ビジネスの

良いところは、

インターネットビジネスだというのが

大きなポイントです。

 

 

具体的には、

以下のようなメリットがあります。

 

 

・数十万単位の小資金から1人で始められる

・副業でも始められる

・場所や時間を選ばない

・人に任せることができる

 

 

そのため、以下のような

人生を歩みたい方には、

最適な手段の1つです。

 

 

・収入を増やしたい

・リスクを抑えて独立したい

・自分で稼ぐ力を身につけたい

・場所や時間にとらわれず仕事をしたい

・本当にやりたいことに

専念するための収入源にしたい

 

 

また、ビジネスの観点から、

物販ビジネスでは

以下のようなあらゆる事を

学ぶチャンスがあります。

 

 

・マーケティング(市場リサーチ)

・資金繰り

・顧客対応

・収支管理

・仕組み化(外注化)

 

 

もちろんこれはみなさんが

積極的に勉強とチャレンジを

していくのが前提の話です。

 

 

ビジネスの基礎を学ぶには、

比較的リスクも少なく、

上記のことを学びやすい

ビジネスモデルです。

 

 

まとめ

 

Amazon輸入ビジネスについて、

解説をしてきましたが

いかがだったでしょうか。

 

 

インターネットがなかった頃には

決してできないビジネスです。

 

 

恩恵にあやかりながら、

時代をうまく活用していきましょう。

 

 

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ