卸サイトを利用して

直接仕入れができる卸を見つけることで

ライバルと差をつけることができます。

 

 

ただ多くの方は

・契約が難しい

・資金が必要

・なにからしてよいかわかならい

 

 

安く仕入れて適正価格で販売する

せどりとは違うため

方法がわからず敬遠されています。

 

 

だからこそ

ライバルと差をつけるためにも

卸仕入れを推奨します。

 

 

今回はライバルが少ない卸サイトを例に

卸から仕入れをするためのポイントを

解説していきます。

 

 

1.登録できる卸サイトを探す

まずはじめに登録できる卸サイトを探す際、

誰でも仕入れができる卸サイトは

すでに他のせどらーにリサーチされています。

 

卸サイトで仕入れをするためには

まず参入者が少ない卸サイト

を積極的に狙っていきましょう。

 

 

2.審査基準を確認する

 

参入者が少ない卸サイトが

ザッカネットです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

審査基準を見てみると

 

 

 

 

 

 

 

事業者名で固定電話による受信が可能、

事務所や店舗の存在を確認出来る、

との記載があります。

 

おそらく法人化をして

事務所構えてる方以外

この段階ですぐに諦めてしまうでしょう。

 

 

逆に言えば

ここをクリアすれば

ライバルが少ない卸サイトから

仕入れができることになります。

 

 

ポイントとしては

審査に必要な2つのポイント

 

 

・事業者名で固定電話による受信が可能

・事務所や店舗の存在が確認できる

 

 

この2点です。

 

まず、事業所名での電話対応ですが、

登録する際自宅電話では登録できません。

 

そして、自宅電話を登録したとしても

ずっと家にいるというわけにもいきません。

 

いつかけても電話が繋がらないという

状況になりかねません。

 

また、事務所や店舗ですが、

契約をされていない方にとっては

なにを準備してよいのか

全くわからないはずです。

 

 

今回はその審査を通り抜けるために

なにが必要なのか解説していきます。

 

 

3.審査をクリアする方法

 

審査を通り抜けるためには

必要な情報を用意するために

様々な契約をしないといけないのでは

と考えるかもしれません。

 

 

ですが実際には驚くほど簡単に

審査に必要なものを揃えられます。

 

ではどうやって

先ほどの2つの問題を解決し、

審査を通過するのかを解説します。

 

3-1.事業者名で固定電話による受信ができるのか

 

使用するのはIP電話です。

 

IP 電話を使うことで

固有の電話番号を取得することができます。

 

電話番号は050~から始まるものです。

 

SMARTallkなどの

IP電話サービスに登録すると

電話番号を取得することができ、

自分から発信しなければ

完全無料で使うことができます。

 

 

 

050~の番号に電話がかかってきたら、

携帯電話に転送することができます。

 

これにより事業用固定電話番号で、

携帯電話で受けることができます。

 

更に、050~の番号に電話がかかってきた際

スマートフォンの表示ですぐに分かるため、

事業者名での電話対応ができます。

 

3-2.事務所や店舗の存在が確認できるのか

事務所として自宅の一部を使っていると

申告しましょう。

 

そして、自宅に事務所の表札を貼り付け

それを写真で撮影をして送ります。

 

表札はネットなどで

500円ほどで購入することができます。

 

 

自宅の郵便受けと玄関ドアに

事業所名が入った小さい表札を貼って

撮影をするだけです。

 

証拠の写真を撮影したら

すぐにはがして大丈夫です。

 

登録方法は簡単。でも・・・

 

簡単に固定電話と

事務所の問題をクリアできました。

 

 

ただこれだけでは

実際に問屋と契約できるわけではありません。

 

 

参入障壁はまだ高い

と感じる方もいるかもしれません。

 

だからこそ

積極的にトライして欲しいんです。

 

難しそうに見えて、

実際にやってみると簡単だった

こうした情報を

ライバルよりも早く、より多く

獲得することが利益拡大に繋がります。

 

 

この考え方はせどりでも同じです。

 

 

ライバルが参入障壁を抱いて

チャレンジできずにいるのであれば

そこにチャンスがあります。

 

 

周りと同じことをしていても

圧倒的に資金力の前には勝てません。

 

 

ライバルと差をつけるためにも

リスクヘッジしていくためにも

常日頃から最新の情報をキャッチして

誰よりも早く行動することを

心がけていきましょう。

 

 

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ