テクニカルサポートへの問合せ・電話方法

 

 

Amazonでは、出品者向けのサポートとして、

 

「テクニカルサポート」

 

があります。

 

電話・チャット・メールの中から選ぶことができて、

ちょっとした疑問や困ったことを問い合わせることが

できます、

 

 

やはり出品する以上はさまざまな疑問がでてきます。

 

困ったら誰かに相談する前に、このテクニカルサポート

を活用していきましょう。

 

 

テクニカルサポートへの問い合わせ

 

 

まずは、セラーセントラルにログインして、ヘルプを押しましょう。

 

すると右側に「お問い合わせ」の項目が出てきますので、

こちらより内容を選んでいきます。

 

 

 

右図の画面が出てきます。

ここで「Amazon出品サービス」と「広告」の項目に別れていますが、

基本的に困ったことは、「Amazon出品サービス」を選びましょう。

 

広告はスポンサープロダクト広告を利用した際の不明点などを聞く場所

ですので、基本的には使わないと思っていて大丈夫です。

 

 

 

 

この中から、自分の問い合わせる内容について選択をしてください。

 

 

  • 出品者出荷の注文

 

こちらでは、評価の見直し連絡や、出品者が出荷する商品に関すること

(返品対応や出荷方法)などを問い合わせることができます。

 

そのほかにも配送料の設定方法や自己発送のやり方がわからない場合なども

丁寧に教えてもらうことができます。

 

  • Amazonからの出荷(FBA)

 

こちらはFBA出荷の商品全般に関するお問い合わせ場所です。

受領が遅い場合に調べてもらうなど、FBAの仕組みに関することが

わかるようになってます。

 

せどりを開始したばかりの段階ではここからの問い合わせが

多くなるかと思います。

 

 

 

 

  • 出品、商品情報、ファイルアップロード

Amazonでは、既存の商品ページに出品する

「相乗り」と呼ばれる出品方法。

 

自分で新規ページに出品する

「新規出品」の2パターンが存在します。

 

既存のページに出す場合はさほど問題はないのですが、

新規出品となると引っかかるポイントも多くありますので

規約確認も含めて電話確認などしながら出品するのもありです。

 

  • 出品アカウント情報

支払いの関係や手数料の仕組みなど手数料やアカウントの設定について

聞くことができます。

 

最初の段階では、情報・ポリシーなども記載されていないと思いますので、

やるべきことを聞くというのも、有効だと思います。

 

  • ガイドライン、違反報告

ここは、規約違反の商品ページや出品者を通報するのに使います。

Amazonには様々な出品者がいますので、平気で規約違反をしている

出品者も多数存在します。

 

自分で出品している商品ページに問題があったり、規約違反があれば

こちらよりそっと通報しておきましょう。

 

自分の求める項目を選択したら、「Eメール」「電話」「チャット」の三択で

好きな問い合わせ方法を選んでください。

 

 

電話するメリット・デメリット

 

 

 

直接オペレーターと話す「電話」が一番良いという方も多いと思いますが、

電話だけでは、対応時間が9時〜18時までと決まっています。

 

もちろん直接話す方がわかりやすく、細かい点まですぐに聞けるのですが、

どうしても時間がかかります。

 

〈流れ〉

・電話を受ける ボタンを押す

・Amazonから電話がかかってくる

・アカウント確認(店舗名やクレジットの下4桁)

お問い合わせ内容確認

担当が違えば、担当に変わってくれる

本題

 

このように、待機時間とアカウントの確認など

面倒なことが多いです。

 

ですので、意外と快適に返信してくれる「チャット機能」が

スムーズにやり取りが可能です。

 

電話だとASINや注文番号を口頭で伝えていかないといけない

という欠点がありますので、文書に残せると言った意味でも、

メールよりもチャットの方が早く個人的にオススメです!

 

 

実際サポートの対応は?

 

 

 

ほとんどのサービスではサポートがあるのが当然です。

ただしメールだけしか受け付けていない。

 

なんていうサービスも数多くあります。

 

そんな中、Amazonは電話やメール・チャットと

幅広く対応してくれます。

 

とても充実していて、サービス自体は申し分ないです。

 

 

しかし、一点だけ不満があるんです。それは、

 

「言っていることが、担当者によってバラバラなので、あてにならない!」

 

これが、結構問題なんですよ。本当に。

 

答えを求めているのに、担当者がきちんと把握・理解ができていなくて

その答え自体が間違っていたなんてことはよくあります。

 

 

 

 

なぜ、間違った答えになるのか

 

 

それはAmazonでは規制が様々で、日々変化しているため

オペレーターが把握しきれていないという現状があるからです。

 

 

それプラス、どうしても規約上グレーな部分が多すぎてサポートが

ダメだと言ったことでも、普通にまかり通っている現状があるからです。

 

対応策として、

・メールやチャットの文章履歴を残す

・不備があれば、履歴を問い合わせで見せる

・知り合いにも聞いてみる

 

と言った感じで、自分の勘違いだった

とならないように証拠として残すことが有効だと思います。

 

サポートで入っていたことが正しいのか自体が怪しいので、

鵜呑みにはしないようにしてください!

 

 

問い合わせの注意点

 

 

基本的には、商品に関する質問か、システムに関するものかになってきます。

 

注意点としては、「商品名」や「ASIN」 

注文に関するもの(評価など)に関しては、「注文番号」も

忘れずに伝える準備をしましょう。

 

これを準備していないと、二度手間となり

時間の浪費となりますので、時間を無駄にしないように準備しましょ!

 

「わからないから、もういいや」というのが一番良くないパターンです。

何かしら疑問があればすぐにサポートを活用することで、

自分の知識にもなり、解決・改善策になるので、とても有効です。

 

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ