せどりの外注化といえば

・店舗仕入れスタッフ

・電脳せどりスタッフ

・回収スタッフ

あたりが一般的ですね。

 

ですが、これ以外にも様々なせどりの作業が外注化できます。

 

今回紹介するのは

・電話スタッフ外注

・商品登録外注

・自己アフィリエイト外注

の3つです。

 

一般的な仕入れ外注よりは難易度も低いですし、

短時間で作業してもらったり、遠くの人にやってもらうことも可能な

「小技」に近い外注です。

 

本記事ではそんなちょっとした作業の外注化をテーマに解説していきます。

 

 

■せどりは仕入れと販売だけじゃない

外注を考えている方のほとんどは自分の時間を確保したいわけですから、

一番時間のかかる仕入れや利益を生まない検品作業の外注化を考えるでしょう。

 

大正解です。

何をおいても真っ先にやる事です。

 

しかし仕入れなどはメンバーが育つまで時間がかかります。

その間にもせどりはやらなきゃいけません。

教育をしながらいろんな作業をやる必要があります。

 

電話で予約したり、取り寄せの有無を確認したり、商品登録をしたり。

こういった細々した作業を別枠で外注に依頼してしまえば

その分教育や仕入れに集中することができます。

 

また、応募してくる人全員がフルタイムや頻繁に手伝いに来てくれるとは限りません。

 

中には

「1週間に数日、しかも数時間」

という条件の人もいるでしょう。

 

そういった人たちを採用しないという手もありますが、

むしろそういう人たちはせどりの外注化において貴重です。

 

全員がフルタイム希望だと仕事の割り振りも大変になりますからね。

 

そういう方にやってもらう作業としても電話スタッフや商品登録スタッフは最適です。

 

 

■電話スタッフ外注

 

 

まずは電話スタッフ外注です。

やることは結構あるので、定期的に来られるようなパートさん向けです。

 

電話スタッフの仕事は

様々な店舗に電話して

・プレ値商品の在庫の有無

・プレ値になりそうな商品の予約

・取り置きや取り寄せ依頼

・その他情報収集

をしてもらいます。

 

人とコミュニケーションを取るのが仕事なので、

明るく、はきはきとしゃべることができる電話に慣れた人がいいでしょう。

 

電話口の向こうにいるお店の人だって人間です。

感じのいい人が電話したほうが何を聞くにしても色々と有利です。

 

電話担当者が決まったらリストを作成します。

電話する店舗の一覧表リストです。

自分が普段仕入れているジャンル商品に関連した店舗を

どんどんリストアップしていきます。

 

練習がてら作ってもらってもいいでしょう。

 

作成、検索には「マピオン」が便利です。

キーワードを入れると関連した店舗とその電話番号が簡単に検索できます。

 

例えば「ゲーム」と入れるとゲームを扱っている店舗が出てきますので、

自分の地域で回収できる店舗を検索し、excelに打ち込んでリスト化する、

という感じでリストが作れます。

 

電話する際のテンプレートも作成しておくといいでしょう。

電話に慣れていても、せどりには慣れていない人がほとんどだからです。

 

リストが作成できたら練習がてら店舗に電話し、在庫を確認してもらいましょう。

 

慣れて来たら商品だけ伝えて、マピオンで検索してもらいながら

近隣の店舗に在庫確認をしてもらいましょう。

 

勿論電話をかけるだけじゃなく、電話を掛けた結果もリスト化してもらいます。

以下のような項目の入ったテンプレートがあるとやりやすいです。

・商品名

・店舗名

・電話番号・在庫数

・予約の可否

・備考

 

必要に応じて項目を足していきましょう。

 

もし予約などでお1人様1個限りだった場合はその情報をすぐに報告してもらい、

スタッフ全員の名前で予約をしましょう。

 

電話スタッフを外注する場合、

知り合いに声をかけるか求人情報誌やサイトで募集するのが一番です。

 

勿論クラウドソーシングで遠くに住んでいる方にお願いしても大丈夫です。

その場合、直接教えることができない分、ある程度せどり知識がある方が望ましいです。

 

 

報酬ですが、事務所で管理できる場合は時間給。

そうでない場合はリスト1件作成でいくらという形がいいでしょう。

 

報酬に関しては地域によって違いますので、

その地域の最低賃金を元に決めてください。

 

けちりすぎも払いすぎもよくありません。

 

 

■商品登録外注

 

商品登録外注は仕入れた商品を外注スタッフの自宅へ送り、

外注スタッフにAmazonのセラーセントラルから商品を登録してもらい、

FBAに納品するまでを代行してもらう作業です。

 

荷物を受け入れて、検品して納品手続きをして…という作業をする必要がないので、

この作業を外注化すると非常に楽になります。

 

まず、自分か仕入れ担当が仕入れてきた商品を商品登録スタッフの自宅に送ります。

電脳の場合は外注スタッフの住所を指定して直接送ってもらいます。

 

その商品の登録に必要な情報を外注スタッフに渡します。

・SKU、ASINコード

・商品名

・数量

・販売価格

・その他商品情報(中古の場合コンディションなど)

 

商品を受け取った外注スタッフは以下の作業を行います。

・検品

・Amazon商品登録

・FBA納品プラン作成

・ラベル作成

・梱包

・納品ラベル作成

・発送

・完了報告

 

このような流れです。

距離はできるだけ近い方が望ましいですが、

上記の作業ができる方なら遠くの方でも問題ありません。

 

セラーセントラルの画面にログインして登録をしてもらうため、

通常の手順だと外注スタッフに売り上げや個人情報を見られる可能性があります。

 

ですがAmazonの設定で、売り上げや個人情報などの

重要な情報は伏せたまま必要な操作をしてもらうという設定も可能です。

 

セラーセントラルの「ユーザー設定」から設定しましょう。

 

募集の仕方は求人情報誌、求人サイト、クラウドソーシングなどがいいでしょう。

もちろん知り合いがいれば一番です。

 

条件としては

・責任感がある事

・部屋のスペースに余裕のある方(一度に大量の荷物が届く可能性もあるため)

・荷物を受け取れる時間が長いこと(在宅率が高い事)

あたりを基準に選びましょう。

 

報酬ですが、1件いくら、でお願いするのがいいでしょう。

ですがこの方法だと商品の大きさや数量で不公平感が出る場合があるため、

扱う商品の大きさによって報酬を変えるなどの工夫も必要になってきます。

 

 

■自己アフィリエイト外注

 

あまり聞きなれない単語ですね。

正確には作業を外注する事ではありません。

どちらかというとせどりの手法の一つです。

 

僕はこれを「せこせどり」と呼んでいます。

 

よく、インターネット上でサプリや化粧品を

「初回限定!○○%オフ!」

「初回限定送料負担のみ!」

という初回限り格安で販売している商品を見かけますよね。

 

これを初回だけ買って、そのまま商品を転売してしまう手法です。

 

例えば定価10000円近い商品も初回だけなら2980円とかで売ってたりします。

そのまま7000円とか8000円で売ればそれだけでも利益になりますね。

 

ですが当然初回限定なので自分で2回目は買えません。

 

そこで外注さんにお願いして買ってもらおうという方法です。

まさしくせこせどり。

 

勿論ただ買ってもらうだけじゃなく、

自分のブログにその商品のアフィリエイトを貼り付けてそこから買ってもらいましょう。

 

そうして外注さんに買ってもらった商品をかかった代金より少し上乗せして買い取ります。

 

こうすることによって、

・アフィリエイト報酬

・商品売却益

が手に入るのです。

 

ブログがないとできませんが、ブログを作るだけならそこまで難しくありません。

サーバーやドメイン代も年間数千円ほどです。

 

自分のブログは適当に作っても問題ありません。

心配なら1000文字くらいの記事を10個ほど作っておけば

ほとんどのアフィリエイト広告主の審査は通ります。

(たまに審査の厳しい広告主がいるので注意)

 

勿論せっかく作るならちゃんと作ってそのブログを育て、

将来的な収益を狙うのが一番です。

 

なお、お金はかかりますが、

ブログ作成もコンテンツ作成もすべて外注に出すことが可能です。

クラウドソーシングで依頼してみましょう。

 

ブログを作ったらアフィリエイトサイトに登録します。

アフィリエイトサイトとは広告サイトです。

アフィリエイトは商品の広告を自分のブログで宣伝し、

そこから商品が購入された場合報酬を得ることができるのですが、

その広告を提供してくれるのがアフィリエイトサイトです。

 

アフィリエイトサイトもたくさんありますが、A8ネットが使いやすいです。

 

登録したら初回で大幅に安くなっている商品の広告申請をだします。

広告申請とは各商品のメーカーさんに

「御社の商品を私のブログで紹介してもいいですか?」

というお伺いです。

 

承認されたら自分のブログに商品のリンクを貼り付けます。

 

その後、外注スタッフに自分のブログに貼られた広告経由でその商品を買ってもらい、

その商品を買い取るだけでOKです。

 

リスクはほぼありません。

人を集めれば集めるほど利益が出せます。

 

商品をたくさん登録して端から買ってもらいましょう。

ただし、中には80%オフでも値崩れしていて利益の出ない商品もあるので

きちんと相場は確認してください。

 

 

唯一のデメリットというかリスクは買った人のところに年数回DMが来るので、

そのデメリットはちゃんと説明してください。

 

単発仕事なので、クラウドソーシングで集めるのが一番楽です。

 

知人や友人に頼んでもいいのですが、経験上、結構怪しまれます。

よほどうまく説明しないと高い確率で

「え、それって大丈夫なの?」

みたいな顔をされます。

 

見ず知らずの方に頼むほうが気が楽です。

 

報酬ですが、商品購入にかかった代金+報酬という形でお願いしましょう。

 

数個買ってもらうだけではもったいないので、

できればたくさん購入してもらう方が効率がいいです。

 

買った商品を複数1つの箱で送ってもらうことによって送料も浮きます。

 

この方法は最初のせどり資金を作るときなども重宝します。

 

ブログはあったほうが後々便利ですし、この機会に作ってみるといいでしょう。

最低限パソコンの知識があれば素人でも作れます。

 

アフィリエイトサイトからの入金に時間がかかるのが難点ですが、

確実に利益を出せる方法です。

 

 

■まとめ

せどり、と一口に言っても様々な作業があります。

 

中にはやっても利益が出ない作業や、効率の悪い作業もあります。

 

そういった作業を外注化することによって、

自分は利益の出せる仕事に集中することができます。

 

今回紹介した作業は大事な仕事ではありますが、利益を生まない作業です。

なのでできれば外注化して自分の時間を確保する方がいいでしょう。

 

今後せどりで生活していくつもりなら、いずれ遅かれ早かれ外注化の必要が出てきます。

今回紹介した外注はそれほど難易度が高い作業ではないので、

まずはこういった作業から外注化していきましょう。

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ