せどりには新品の商品を取り扱う新品せどりと中古商品を取り扱う中古せどりとに分ける事ができます。

 

どちらのせどり手法にもメリット・デメリットがありますが、今回の記事では新品せどりのメリット・デメリットについてくわしく解説していきたいと思います。

 

1.新品せどりのメリット

1-1.検品やクリーニングをする必要がほとんどない

新品商品なので、付属品の欠品などを検品して確認する必要がありません。

 

さらに新品商品のため商品の状態もきれいなので、クリーニングする必要もありません。

 

とはいえ、新品商品であっても値札が貼り付けられていれば剥がす必要がありますし、売れ残っている新品商品などの場合は、ホコリを拭き取るといった多少の検品、クリーニングは必要となります。

 

1-2.商品のまとめ買いができる

新品せどりの最大のメリットといっても過言ではありません。

 

リサーチしていて何か一つ、利益が出せる商品を見つける事ができれば、店舗在庫を確認してすべて購入する事ができます。

 

さらに、同系列店舗からも購入、在庫移動が可能な事も多々あるので、一気に利益を加速させることが可能になります。

 

1-3.全体的に回転が良い商品が多い

新品商品は中古商品と比較すると回転が良い商品が多いです。

 

特に家電関係の商品については中古よりも新品商品を購入される方が多いです。

 

1-4.クレームがほとんどない

新品商品なので欠品や破損がないので、商品に関するクレームがほとんどありません。

 

2.新品せどりのデメリット

2-1.仕入れ値が高くなってしまう

新品せどりの最大のデメリットがこれです。

 

仕入れの際に新品の商品を購入するので、どうしても仕入れ値が高くなってしまいます。

 

仕入れ値が高くなるという事は、資金が少ない方やせどり初心者の方にとってはハードルが上がってしまいます。

 

つまり、仕入れ判断などで失敗が続くと、大きな赤字になってしまうという事です。

 

2-2.利益率が低い

新品せどりの一般的な利益率は20%前後と言われています。

 

仕入れ金額が高いためにどうしても利益率が悪くなってしまうのです。

 

さらにいえば利益率が低いとお金が増えている実感が湧きにくいものです。

 

商品を仕入れた時点で利益が出ている訳ではなく、商品が売れて初めて利益が出ているのです。

 

在庫だけ抱えて黒字倒産になる可能性もあるので、キャッシュフローには十分な注意が必要です。

 

2-3.カート取得が売れるための条件

新品商品というのは、カート取得が非常に重要になってきます。

 

カートの取得ができない場合、商品がなかなか売れなくなってしまうためです。

 

このカートが取れるかどうかは、出品価格・在庫数・評価などによって決まるといわれています。

 

そのため、場合によってはなかなか自分の商品にカートが回ってこない事があります。

 

さらにいえば、カートを取得している出品者が在庫を大量に持っている場合、順番が回ってくるのが遅くなる可能性があります。

 

モノレートでは非常に回転が良い商品であっても、実際にカートが回ってくるのが遅くなると「回転良いのになかなか売れない・・」という状況に陥ってしまいます。

 

2-4.新品特有の規制がある

新品商品の場合、メーカーによる規制があって出品ができない商品や新品の保証が受けられないような商品は出品できないといった新品商品特有の規制があります。

 

このような規制は以前よりも多くなっており、さらに増え続けているような現状です。

 

2-5.返品が発生した際のダメージが大きい

仕入れ値が高くなってしまう新品商品で「返品」が発生してしまうとそのダメージは大きいものです。

 

新品未開封の状態で返品されればそのまま出品は可能ですが、ほとんどの場合、開封された使用済みの状態で返品されます。

 

そうなると新品での出品はできませんし、最悪の場合、中古でも出品ができない事もあります。

 

そのような状況になってしまうと別の販路で売りさばいてダメージを最小限に抑える必要がでてきます。

 

3.どんな場面でもメリット・デメリットはある事を理解する

いかがでしょうか?

今回の記事では、新品せどりのメリット・デメリットについてくわしくお話させていただきました。

 

冒頭でもお話しましたが、新品せどりであっても中古せどりであっても、メリット・デメリットは存在します。

 

デメリットにあるような問題・課題をクリアしつつ、その上でメリットを最大限に活かしていきましょう。

 

そして、どんなせどりにおいても大切なのは、自身の仕入れ資金やせどりスキルなどの要因をしっかりと吟味し「自分に合ったせどりをする」という事です。

 

流行に流されることなく、自分自身のせどりスタイルを確立していきましょう。

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ