Amazonで商品を販売するには

Amazonマーケットプレイス

への登録が必須となります。

 

 

実はAmazonには

購入用と出品用の

2種類のアカウントが存在しており、

販売を行うためには

出品用アカウントを用意する必要があります。

 

 

 

Amazonで商品を販売するためには、

後々のことを考えて

出品用のアカウントを作成しておきましょう。

 

 

というのも、購入者用のアカウントに何か問題が発生して、

アカウントが閉鎖になった場合、

 

それに紐づいている販売者用アカウントも

閉鎖になってしまうからです。

 

 

今回は、そのようなことにならないよう、

出品者用アカウントの開設について

お話しさせていただきます。

 

 

 

出品者用アカウント登録の準備

 

出品者用のアカウントを登録する際に、

事前に7つ準備が必要となってくるものがあります。

順番に見ていきましょう。

 

 

パソコン

 

正確にはインターネット回線ですが、

スマホから管理をすることができる

Amazon出品者専用のアカウントを一括管理できるサイトがあります。

 

そのサイトにスマホからアクセスできるアプリに

「Amazon Seller」

というものがあります。

 

 

このような画面で、

スマートフォンから管理をすることができますが、

 

以下の画像のようにパソコンの方が細かいところ手が届くため、

基本的にはパソコンを用意した方が時間短縮になります。

 

 

クレジットカード

 

Amazonに最初に登録する時に必要になります。

大口出品で登録した場合には、月額4900円+税がかかりますが、

 

もし売上がなくて、その金額をまかなうことが出来ない場合は、

不足分をクレジットカードから引き落とさなければなりません。

 

Amazonが売上のなかから手数料や登録料などを

差し引いていくシステムのため、

それがマイナスの時にクレジットカードは必要になります。

 

メールアドレス

 

管理画面へのログインやFBAからの発送、

出品物が売れて自己発送の場合にAmazonからの

メールを受けとるのに必要です。

 

銀行口座

 

Amazonから売上が振り込まれるために必要です。

 

この登録をしないと、

いつまで経っても売上金が自分のもとに帰って来ないことになりますので、

必ず必要になります。

 

屋号

 

Amazon内での店舗名です。

 

特に名前に制約はありませんが、

あまり変な名前をつけると売上に影響するので

よく考えて気を付けましょう。

 

住所

 

「特定商取引法に基づく表示」として

大口出品では販売者の名前と住所を明記しなければなりません。

 

ちなみに小口出品では必要ありません。

 

電話番号

 

Amazon利用者から商品に関する質問の電話を受けるときに必要です。

 

販売をある程度していると、商品の購入者から

商品に関する質問がくることがあります。

 

内容としては、商品の状態についての質問や、

対応についてのクレームや感謝など、

様々なものがあります。

 

この電話番号はAmazonのページに載ることになります。

 

ですので、個人の電話番号を載せるのが不安なのでしたら

050から始まるIP番号の利用をおすすめします。

 

 

SMARTalkと呼ばれるものをおすすめしています。

 

SMARTalkはこちら

 

自分からかける場合は有料ですが、

相手からの着信に出る場合は無料です。

 

 

 

Amazon出品者アカウントの開設

Amazon公式サイト(こちら)にアクセスします。

 

ページ右上のアカウント&リストをクリックすると

以下の画面になります。

 

 

 

ここの入力で

簡易的な登録は終了しました。

 

作成したアカウントから再びアカウント&リストへ。

 

そこから出品サービスアカウントへ進みます。

 

 

 

「さっそく始める」をクリックしましょう。

 

その後、指示に従い

名前、屋号・住所・電話番号と入力していきます。

 

これらの入力がおわったら、

電話番号を入力して、SMS受け取ってください。

 

入力した電話番号にSMSコードという、

6桁の数字が届いていると思いますので、

こちらを続きの画面に入力してください。

 

続いて

運営責任者・連絡用電話番号

→ここでクレジットカード情報も入力してください。

 

これで登録は完了です。

商品情報や商品カテゴリー入力フォームに

飛ばされますが、この部分は省略可能です。

 

 

アカウント登録後の設定

 

アカウント登録後でお疲れかとは思いますが、

もう2つだけ設定しておきたいことがあります。

 

  • 大口出品か小口出品の選択

 

2つの違いを表にしました。

 

 

マーケットプレイス登録後は

自動的に大口出品となっています。

 

 

銀行口座の登録

 

セラーセントラルから登録を行います。

設定→出品用アカウントの登録→銀行登録と進んでください。

新しい銀行情報を追加から、銀行情報を登録してください。

 

 

 

 

以上となります。

お疲れ様でした。

 

今後は、このセラーセントラルの画面で出品登録や在庫管理、

トラブル対応などをしていくことになります。

 

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ