~PDCAサイクル~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビジネスにおいてとても重要な

PDCAサイクルという言葉。

 

聞いたことがあるという方もいると思いますが、

PDCAサイクルの意味や具体例をご紹介します。

 

せどりにおいても

重要な役割を果たすのが、このPDCAサイクルなのです。

 

 

■PDCAサイクルとは、なにか?

 

ビジネスタスクをこなしていく上で、

必要な作業の頭文字を並べたものが、PDCAです。

 

必要な作業とは、

PLAN ⇒ DO ⇒ CHECK ⇒ ACTIONです。

 

 

 

 

 

 

 

 

これらの作業を順番に回していく作業のことを

PDCAサイクルと言います。

 

この、PDCAサイクルが出来ると、

仕事をうまく片付けることが出来るようになります。

 

 

■PDCAの作業の意味と内容

 

 

P ⇒ PLAN

    ( 計画 )

 

目標までの課程をプランニングすること。

 

仕事には必ず、果たしたい目標があります。

 

目標のない仕事をしている場合は、

そんな意味のない作業は、しない方がいいでしょう。

 

例えば、

『利益を○%出すこと』

『売上を○○円に到達させること』

など、数字が具体的な目標もあれば、

 

『昇進のため評価されること』

『上司に実力を認めてもらうこと』

など、感情的な目標や、アバウトな目標の場合もあります。

 

どちらにしても、

最終地点である『目標』は、必ず意識するようにしてください。

 

その目標のために、

どうやって、誰が・誰と、何を、いつ、どこで行っていくかの計画を立てます。

 

これをプランニングと言い、ビジネスタスクにおいて1番先にすることです。

 

 

 

また、プランニングが完了した際にもう一つすべきことがあります。

 

それは、プランニングした内容で、

ToDoリストを作成することです。

 

ToDoもビジネスシーンでは耳にすることが多い言葉ですよね。

ですが、意味を説明して!と言われると、曖昧になってしまいがちです。

 

ToDoは、直訳すると『すること』という意味になります。

ビジネスにおいては『するべきこと』という解釈をします。

 

するべきことのリストを作成しておく、

それがToDoリストの作成です。

 

プランニングした計画では、

するべきことが明らかになっているはずです。

明らかになっていない場合は、更に詳しく計画すべきだということです。

 

その、『するべきこと』をToDoリスト化しておきましょう。

ここまでが、P(PLAN)の工程です。

 

このToDoリストは、この後の工程でも使用していく

重要なポイントになりますので、作成は必須です!

 

 

 

D ⇒ DO

   ( 実行 )

 

先ほどプランニングした内容を実行していくこと。

 

実行するといっても、

自分で作業するだけが実行ではありません。

 

さまざまなことがDOに該当します。

頭を使って考えることもDOです。

 

作業するとしたら、

自分で作業するのか、

人に頼んで作業してもらうのか。

 

何かを使うのか、それはどこで用意するのか。

 

などなど、プランニングした通りに進めていきます。

 

そこで、先ほどP(PLAN)で作成した、

ToDoリストをチェックしていきます。

 

『するべきこと』が書かれたToDoリストから、

完了済みのものには完了のチェックをしていきます。

 

更に、具体的な記録もつけましょう。

日報や週報、活動記録的なものでも結構です。

 

Doに関する所要時間や、

細かい作業内容が分かれば、それでよいです。

 

 

この記録によって、

このPDCAサイクルを見直す時や、同様のタスクを行う時に、

何が良かったのか、悪かったのか、など振り返ることが出来ます。

 

記憶だけでは、主観的であり曖昧になってしまいますが、

記録があれば、誰がいつ見ても参考に出来る有力な資料になります。

 

 

 

C ⇒ CHECK

     ( 評価 )

 

Pで計画し、Dで実行した結果を、評価すること。

 

結果が出ているかどうかも、評価の対象ですが、

Doで付けていた、作業の内容も評価するようにしましょう。

 

結果はこうなったけど、そのためにこの作業は必要だったのか、

結果がこうなったのは、この作業がこうだったためではないかなど、

分析をしたうえで、評価をします。

 

出来れば自分以外の人にも評価してもらうことをおすすめします。

せどりでは、自分ひとりで行う場合が多いかと思います。

そんな時は家族や友人でも良いのです。

 

第三者の意見というのは、

自分の意見と全く違う視点から見ていることがあり、

大変貴重で、参考になる意見なのです。

 

これらの評価についても記録して、保管するようにしましょう。

 

 

 

A ⇒ ACTION

    ( 改善 )

 

Cで出た評価を基に、

次に向けての改善点と改善方法を考えること。

 

今回のPDCの結果を見たうえで、

目標に対するこの計画を、

 

継続するか、停止するか、改善して再度実行するのか、

などの、次のP(PLAN)に向けての策を講じることです。

 

ここで注意したいのが、

Aの作業内容は『改善』であるということ。

 

どんな完璧にできたと思われる作業であっても、

更にこうするには、どうすべきだったか?という考え方を持つことが大切です。

 

仕事を長年しているとクセになるのが、

“仕事をこなす“ようになり、現状に満足し、変化を嫌うようになります。

 

~今でも利益は出ているから。

~今のやり方でずっとやってきて評価もされているから。

など、その作業の伸びしろを見逃してしまうのです。

 

これでは仕事の質や事業は、平行線で進むことはあっても

伸びることはありません。

 

この、A(ACTION)を出来るかどうかが、

仕事が出来る人と普通の人との最大の差である

と言っても過言ではないでしょう。

 

ビジネスにおいて、

このPDCAサイクルやToDoを

意識しているビジネスマンは多数存在しています。

 

しかし、肝心のA(ACTION)が

おろそかになっているケースがほとんどなのです!

 

○現状の結果に満足してしまうこと

○達成できなかったことに言い訳をして改善をしないこと

 

これらはしないよう徹底してください。

 

 

 

 

■PDCAサイクルで失敗している原因と改善方法

 

ビジネスの質を高めるために

取り組んでいるPDCAサイクルですが、

どうもうまくいかない、結果が出ない・・・

そんな時は、何か原因があるはずです。

 

まずは、原因調査から始めてみましょう。

ありがちなケースをご紹介していきます。

 

 

1 プランニング倒れのケース

 

プランニング(P)は非常に大切です。

きちんと考えて計画する必要があります。

 

しかし、最初の一段階だからと言って、

時間をかけすぎてしまう場合があります。

 

細かい分析や調査に時間をかけすぎている間に、

状況が変わったり、用意出来ていた物・人材が使えなくなったり・・・

 

ビジネスはスピード感もとても大切なのです。

 

せどりビジネスは特にスピード感が重要です。

市場が変化したり、売り切れてしまったり、売れなくなっていたり、

せっかくプランニングしたものが無駄になってしまっては、

プランニングばかりしていることになり、何も実行できません。

それではいつまでたっても目標は達成できませんね。

 

それではいけないので、

プランニングに費やす時間についても、

いつまでに決定する!と、期間を決めるなどして、

計画的に行いましょう。

 

正しいPDCAサイクルがなじんで来れば、

プランニングのアイデアや手法が分かるようになり、

スムーズにできるようになると思いますよ。

 

 

 

2 CとAをしていないケース

 

目標に向けてプランニング(P)し、

ToDoを作成して実行(D)はしたものの、

 

中途半端に評価(C)を行ってしまい、

正確な評価になっていないまま、

改善方法(A)が見つからないケース。

 

または、評価(C)の段階で、

目標達成に至っていなかったとしても、

『やむを得ない理由があった』などとして

改善(A)をしないまま、

次のプランニングに入ってしまうケース。

 

PDCAサイクルにおいて、

計画(P)と実行(D)は、割と取り組みやすく、

日常的に取り組んでいることの延長だったりします。

 

ですが、評価(C)と改善(A)は、

今までPDCAサイクルを取り入れてなかった人からすると、

不慣れな作業です。

 

自分のプランニング通りに行かなかった時に、

どう評価をして改善すべきかが分からず、

曖昧なままや、無理やりに締めくくってしまうのです。

 

これではPDCAサイクル実行の意味がありません。

次につながらず、成長することはありません。

 

 

ですから、

評価と改善は、しっかり適正に行うようにしましょう。

 

第三者の意見が有効になったり、

行き詰った時に、実行の記録を見返して考察したりと、

PとDでしてきたことが役に立ちますよ。

 

 

 

3 結果を出すために焦って急ぎ足になっているケース

 

目標達成のためのPDCAサイクルですが、

 

目標達成を急ぐばかりに無理なプランニングを行い、

それを無理やり実行してしまい、結果が出ないパターンです。

 

プランニングは、実行可能なレベルに設定しておき、

ひとつひとつ実行していくべきです。

 

そして、その実行結果を評価して、改善できる点は改善して、

次のステップに進むことで少しづつ向上していくのです。

 

しかし、はじめから過大な目標を立てすぎたり、

期間に余裕を持たずにプランニングしてしまうと、

実行(D)が大変なことになります。

 

大きな目標を掲げたい時は、

大きな目標のための長期間のPDCAサイクルと、

そのうち、一段階に的を絞ったPDCAサイクルの、

両方を設けるといいでしょう。

 

こうすることで、大きな目標のために近道しようとして、

無理することも無くなり、

今、すべきことが分かるようになります。

 

 

 

 

■せどりビジネスにおけるPDCAサイクルの例

 

PDCAサイクルがビジネスシーンの

目標達成において、有効かつ重要な作業ということが分かったところで、

自身の事業に置き換えて考えてみましょう。

 

つまり、せどりビジネスでは、

このPDCAサイクルをどのように活用していくのか

参考までにシンプルに記載していきます。

 

  • P(PLAN)

目標達成の計画

 

目標 ⇒ せどりで月に10万円利益をあげたい!

 

目標を細分化 ⇒ そのためには、

週に2万5千円ほどの利益を出す必要がある

 

ToDoリストを作成 ⇒ 週間販売計画書を作成する

                 高利益商品を仕入れに行く  などなど

 

  • D(Do)

 実行する

 

Pで作成したToDoリストを元に実行する。

 

このときに、実行した状況を記録する。

 

例:仕入に行ったお店の情報、商品の情報などを記録

 

 

 

  • C(CHECK)

 評価・分析する

 

◇目標利益に到達したかどうか

 

◇週に2万5千円の利益は出たのかどうか

 

◇仕入れた商品は、本当に高利益商品だったのか

 経費の面も含めて考察

 

◇次の高利益商品を探すアイデア

 

などを考えていきます。

 

ここで、目標達成した場合・目標達成できなかった場合、

どちらにしても『原因は何か』を考えることが次へつながります。

 

 

  • A(ACTION)

 改善する

 

目標達成した場合の、理由となった要因を、

継続して行う。

 

又は改良して更に継続する。

 

目標達成できなかった場合の、原因を潰すには

どうすべきか考え、次回の課題とする。

 

そして、次のP(PLAN)を行っていく・・・

という流れです。

 

 

■最後に

 

PDCAサイクルは、ややこしく考えがちですが、

実は、至ってシンプルでいいのです。

 

P 目標達成のためにすべきことを洗い出し、リスト化しておき、

 

D 実際にリストに沿って実行していき、記録をつけ、

 

C 成功・失敗の原因を考え、

 

A その原因を伸ばす(または無くす)方法を考え、

 

P 次の目標達成のプランニングに活かす

 

これだけなのです。

 

行き詰った時には『シンプル』に行うことを思い出してください。

 

このPDCAサイクルをマスターして、

せどりの目標金額を達成していって下さい。

 

ビジネスの目標を達成していってください。

 

 

 

 

 

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ