paypal登録方法やメリット

 

■paypal(ペイパル)とは何か?

 

ペイパルは、ネットで支払や代金の回収ができる、

オンライン決済サービスです。

 

アメリカの電子決済会社が運営しています。

 

アカウント登録者のみが利用できる、

ペイパル支払という支払方法によって

簡単かつ安全に支払・代金回収を行うことができます。

 

190カ国で利用でき、25種類の通貨に対応しています。

世界的に利用されている便利なサービスです。

 

世界各国に2億人ものユーザーがいます。

日本の公式サイトがあり、

日本語にもしっかり対応しているため安心して利用できます。

 

 

■paypal(ペイパル)のメリット

 

ペイパルを利用するメリットを、

買い手・売り手両方の視点からご説明します。

 

○買い手のペイパル利用のメリット

 

  • クレジットカード情報を伝えなくて良い

 

ネットショッピングにおいて億劫な作業が、

毎回入力するクレジットカード情報です。

 

カード番号は、メールアドレスや電話番号と違って、

なかなか暗記できるものではないですから、

決済のたびにお財布からクレジットカードを取り出して、

情報を入力するという作業をすることになります。

 

ですがペイパルのアカウント登録をして、

クレジットカード情報を登録しておけば、

メールアドレス・パスワードでログインするだけで

決済が出来ちゃいます!

 

カードを取り出して入力する手間が省けるうえに、

間違いを防げるため、大変便利です。

 

 

  • 登録料・手数料が無料

 

買い手側は、登録料・手数料などは一切かかりません。

 

便利で安心のサービスが無料で受けられるということは、

大変ありがたいですよね。

 

  • クレジットカード情報を知られない

 

ペイパル決済では、

相手方にクレジットカードの情報は通知されません。

 

ネットショッピングで懸念されているのが、

クレジットカード情報の流出です。

 

日本ではあまりないですが、

外国のサイトを利用する際なんかは不安ですよね。

 

ですが、

ペイパル決済なら安心して決済を行うことが出来ます。

 

取引相手は、取引で得た情報を悪用することが出来ませんから、

気兼ねなくインターネットショッピングを楽しめます。

 

 

  • ショッピングのトラブルを保護してくれる

 

商品が届かない時や、届いた商品が注文したものと違う場合などの

インターネットショッピングによるトラブルが発生したとき、

購入金額を返金してくれるサービス『買い手保護制度』があります。

 

条件や手続きがありますが、

このサービスがあれば安心してお買い物が出来ますね。

 

※手続は、購入後180日以内に行う必要があります。

※対象外となる商品もありますので、ご注意下さい。

 

  • カードのポイントも貯まる

 

クレジットカードを利用することで、

ポイントやマイルを貯めてる方も多いですよね。

 

ペイパル決済をした場合、

使用したクレジットカードのポイントもきちんと貯まります!

 

  • 大手カードブランドが対象になっている

 

ペイパルに登録できるカード会社は、

JCB、AMEX、VISA、MasterCardの4種類です。

 

どれも大手カードブランドなので、

このうちどれかは持っている!という方がほとんどですね。

 

 

 

○販売者のペイパル利用のメリット

 

  • 個人情報管理の軽減

 

クレジットカード情報などの個人情報を知ることがないので、

個人情報管理のリスクが軽減されます。

 

  • リアルタイムに反映される

 

銀行取引の場合、

営業時間外には利用できなかったり、

翌営業日の入金になってしまいますが、

ペイパルではリアルタイムに送金・入金が反映されます。

 

 

  • 手数料が安価であること

 

ネットショッピングにおいてユーザーは

クレジットカード決済をする人は多数います。

 

クレジットカード決済が出来ないところでは、

購入も考えてしまうという場合もあります。

 

ですから、

クレジットカードでの決済ができるサービスは

利用したいですよね。

 

しかしクレジットカード決済を導入するには

それなりのコストがかかりますし、審査ありの手続きも必要です。

 

ペイパルなら、

簡単な登録を済ませておくだけで利用できますし、

販売者側も比較的安価で利用することが出来ます。

 

個人でせどりを行っている場合にも、

大きな負担にならないため導入しやすいです。

 

※料金について

アカウント開設費  無料

初期費用      無料

月額手数料    無料

売上高に応じて決済手数料が発生します。

 

 

 

 

 

■逆に、デメリットな点は?

 

ペイパルのデメリットと思われる点もご紹介しておきます。

 

  • 分割払いが利用できないこと

 

ペイパル決済の画面上では、

分割支払いを選択することができません。

 

よって、取引は基本、一括支払いのみになります。

 

※クレジットカード会社に電話、またはログインをすれば、

決済完了後・未引落の決済に関して

リボ払いや分割払いの事後登録が出来る場合があります。

 

ご自身のカード会社や、

設定内容によっても異なりますし、

別途手数料が発生する場合もあるため

利用時は注意が必要です。

 

 

  • アカウントへのログインが簡易であること

 

簡単なアカウント情報の入力のみでログインして

決済処理が出来るという魅力的な部分でもありますが、

簡単が故にセキュリティ性が落ちてしまうことも。

 

パスワードの設定と管理は、

自己責任のもと、厳重に行うようにしましょう。

 

ログイン状態持続も可能ではありますが、

自分しか利用しないパソコン・スマートフォン以外では、

このサービスは利用しないようにしましょう。

 

※その都度ログインするようにしましょう。

 

 

 

  • 販売者側の場合、買い手保護が脅威になることも

 

ペイパルには、買い手が安心してショッピングできるように

『買い手保護制度』があります。

 

これは、

○違う商品が来た場合

○商品が到着しない場合

などに180日以内に手続きをすれば返金されるという

買い手としてはとても安心なサービスです。

 

しかし、

買い手側が『思っていたのと違う』と感じてしまえば

返金・返品の対象になってしまう可能性があるということにもなります。

 

よって、

販売者側としては、誤解を生まないように

商品説明や発送時期の通知を事前にしっかり行う必要があります。

 

 

■ペイパルの登録手順

 

○買い手アカウント作成時

アカウント作成ページリンク

 

1.『新規登録(無料)はこちら』をクリック。

2.『パーソナルアカウント』を選択し『続行』をクリック。

3.国名、メールアドレス、パスワードを入力し『次へ』をクリック。

 ※メールアドレス・パスワードは忘れないよう注意しましょう。

4.名前、生年月日、国籍、住所、電話番号を入力し

チェックボックスにチェックをして『同意してアカウントを作成』をクリック。

 ※海外サイトで利用する可能性があれば、名前は英語で入力すること

 ※電話番号は、最初の「0」を省いて入力します

  例090-1234-5678の場合、『90-1234-5678』

5.登録したいクレジットカード情報を入力し『カードを登録する』をクリック。

6.『アカウントに進む』をクリック。

7.『メールアドレスを確認』をクリック。

8.『メールの送信』をクリック。

9.届いたメールを確認し、『メールアドレスの確認』をクリック。

10.ログイン情報(メールアドレス・パスワード)を入力し、ログインする。

11.『アカウントが作成されました』

     『メールアドレス確認済み』

     『カード登録済み』の全てがチェックされていれば完了です。

 

 

○販売者アカウント作成時

 アカウント作成ページリンク

 

1.『新規登録(無料)はこちら』をクリック。

2.『ビジネスアカウント』を選択し『続行』をクリック。

3.メールアドレス・パスワードを入力し『続行』をクリック。

4.アカウント取引責任者の情報を入力

   (氏名、国籍、生年月日、住所)

  ※のちに本人確認書類と照合されます。

5.事業情報を入力

   (事業所名、電話番号)

  ※事業所名は法人の場合は会社名ですが、

個人の場合はサイトやショップの名称で結構です。

  ※事業所住所はアカウント取引責任者住所と同様に

チェックをすればよいです。

6.事業タイプ・カテゴリを選択

7.『本人確認手続きの残りのステップを完了しましょう』をクリック。

8.アカウント管理者情報の追加事項を入力

  (職業、自宅住所)

9.本人確認書類のアップロードを行う。

   ※登録者名と同一の情報の本人確認書類であること

   ※2MB以下のデータであること

   ※文字が読み取れる写真であること

   ※スマートフォンで撮影するかパソコンにスキャンしたデータを添付しましょう。

10.使用目的を選択する。

11.1~4週間の間に郵便で暗証番号が届くので、

ログインして暗証番号を入力する。

   ※転送不要郵便として配達されるため、転送利用中の方は

    転送解除するなどしておいてください。

   ※暗証番号入力には期限があるのでご注意下さい。

 

 

12.登録したメールアドレスにメールが来るので、

    メールアドレスの確認をする。

13.売上金を現金化するための銀行口座を登録します。

    事業の設定→アカウント設定→『銀行口座を登録しましょう』をクリック。

    ※すぐに確認できると便利なので、ネットバンクをおすすめします。

14.クレジットカードの登録をします。

    事業の設定→アカウント設定→『カードを登録しましょう』をクリック。

15.クレジットカード明細を確認、200円の支払の明細に記載されている

    4桁の番号を入力して、登録完了です。

 

 

ビジネスアカウントの方は、

郵便での暗証番号の確認や、

クレジットカード明細へのコード通知など、

厳重な確認作業があり、少し手間と時間がかかります。

 

そのため、ペイパルを利用する場合は、

速やかに登録を進めましょう!

 

 

 

■ペイパルの有効活用!

 

ペイパルのメリット・デメリットを把握して、

登録方法が分かったところで、

次は、活用方法をお伝えします!

 

○国外仕入(輸入)の際に活用しよう!

 

国内のサイトでの仕入れでは、

クレジットカード決済が出来るサイトが多いですね。

 

日本国内ではまだ、

ペイパルよりもクレジットカード決済が主流なので、

仕入時に活用するタイミングは少ないかもしれません。

 

しかし、国外から仕入を行う場合、

ペイパルが何といっても安心です!

 

国外のサイトやショップに、クレジットカードの情報を

送信し続けるのは、リスクがあります。

 

信頼できるショップかどうか判断するまでの間、

クレジットカードの明細を都度チェックしなればなりません。

(金額が合っているか、心当たりのない買い物の履歴はないか等のチェック)

 

しかし、ペイパル決済の場合、

個人情報が伝わることなく取引が出来るため、

サイトやショップの信頼度を自分で確かめる必要がありません。

 

万が一商品が届かない、不良品だった等の場合も、

買い手保護制度によって返品・返金をしてもらうことも出来ます。

 

 

このように

○簡単決済

○個人情報の保護

○返金・返品制度

という3つのポイントが国外仕入に適しています。

 

国外仕入で利益が出る商品を見つけたものの、

支払面、商品の状態面などで不安があり、

仕入を懸念していた場合も、

ペイパルを利用することで一歩踏み出すことが出来ますね。

 

 

 

○クレジットカード会社が限られる場合

 

インターネットショップでは、

カード会社が限定されている場合があります。

 

ご自身がせどりに利用しているカード会社が対象外だった場合、

カード決済が出来ない・・・なんてことになります。

 

ですが、ペイパル決済が可能なショップであれば、

カード会社を気にせず仕入をすることが出来ます。

 

○輸入代行会社への決済もペイパルで!

 

国外仕入を頻繁に行う場合、

輸入代行会社を利用している方もいますよね。

 

輸入代行会社への支払いに関しても

ペイパル決済に対応しているところが多いので、

安心して決済することが出来ます。

 

 

■まとめ

 

せどりのような転売ビジネスでは、

いつどんな高利益商品がどこで見つかるか分かりません。

 

国内だったり国外だったり、

いつも使っているショップだったり、

使用したことのないショップだったり様々ですよね。

 

初めて利用するショップが、

安心して仕入できるショップかどうか精査する時間は無駄です。

 

ペイパルが利用できるかどうかを確認するだけで、

安全性は十分に確認できるからです。

 

その理由は、

○カード情報等が相手側に伝わらないこと

○買い手保護制度があり返金・返品に対応してくれること

 

せどりにおいての必須ツールは多数ありますが、

ペイパルもその一つだと言えます。

 

販売者側のアカウントも、

多販路販売をしていく上で利用することになる可能性があります。

 

手続に多少時間がかかりますので、

事前に登録しておきましょう!

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ