皆さんは、成功者だけが持っているマインドセットをご存じですか?

 

これまで、大きな成功を成し遂げていない人や、様々な失敗を積み重ねてきた人を踏まえれば、おそらく知らない人の方が多いことでしょう。

 

今回は成功者のみが持つ個人のマインドセットについてお話をしていきます。

 

マインドセットさえできていれば、自分の中のネガティブな経験も含め、PDCA(Plan Do Check Act)サイクルの一部でしかありません。

 

つまり、どんな経験も成功のタネに変換することができます。

 

このように、なんでもポジティブに変換してしまう魅力的な成功者の持つマインドセットについて解説をしていきます。

 

このようなサイクルをまわし、失敗を成功のタネにするために、成功者の持つマインドセットについて学んでいきましょう。

 

1. 良いと思ったことは素直に挑戦する

 

 

 

 

 

 

 

新しいことを学んだら、まずは言われた通りに素直にやってみましょう。

 

細かいことは置いておいて、まずはやってみる、これが成功者が持つマインドセットです。

 

まずはやってみることが重要です。

 

わかっている、とできる、は大きく異なります。

 

そして、できるということとやっているということも違います。

 

たとえ理解をしっかりとしている状態であったとしても、何も行動を起こさなければ知らないのと大差ありません。

 

良いと思ったことは、やっている状態にしないとなんの価値もありません。

 

ノウハウを学んだ時に、ほとんどの人はわかっているという状態で満足してしまいます。

 

さらに、できるというところまで行く人はいても、やっているを続けられる人はほんのわずかです。

 

その少ない人たちが結果を出し、成功者と呼ばれます。

 

成功者と呼ばれる人たちは、ノウハウを学び、実践し、それを継続しただけです。

 

やり抜いた時にもし違うと感じたらその時にやめればいいのです。

 

何事も経験です。

 

やってみなければわかりません。

 

2. できる理由を考える

 

 

 

 

 

 

 

 

やりたいことがあるけど、どうしよう・・と悩む時、あなたはどんな風に考えているでしょうか。

 

ほとんどの人は無意識のうちにできない理由から考えています。

 

お金がないから、

時間がないから、

自信がないから、

家族に迷惑をかけるから、

諦めようと考えます。

 

それに対して、成功者はできる理由を考えます。

 

難しい場面に直面した時にどうしたら課題を解決することができるのかを1番に考えます。

 

どんな場面に置いても、成功者は常にプラス思考です。

 

どうしたら進めるか、どうしたらできるのか、どうしたらやり続けられるのか。

 

このように思考することができるかが成功するか否かの大きなポイントです。

 

3.失敗を恐れない

 

 

 

 

 

 

 

失敗は誰だって怖いです。

 

特に、失敗が経済面に影響するかは、誰もが心配するでしょう。

 

家族を養っている立場だとしたらなおさらです。

 

しかし、起こるかもわからない失敗を恐れて行動できないことは非常にもったいないことです。

 

成功者が持つ共通点の1つに失敗を恐れないということがあります。

 

日本人は世界で1番失敗を恐れ、リスクに備える性質を持っている民族だといわれています。

 

だからこそ、失敗を恐れず行動することを難しく思いやすいかもしれません。

 

普通に過ごすのであれば、失敗を恐れて1歩も進めない、という状況に陥ってしまうことは非常に起こりやすいです。

 

だからこそ、マインドセットが必要であり、重要になってきます。

 

失敗を恐れないマインドセットは、

・失敗という概念はない

・失敗と言われていることは成功への途中経過に過ぎない

・最大の失敗は途中で諦めてやめてしまうこと

・何もしない、行動しないことが失敗

・簡単に成功できると思わない

 

以上になります。

 

また、行動をした結果に対して、他者から批判されることもよく起こります。

 

そんな時は、身の回りの協力や応援をしてくれる人たちだけを見てください。

 

外から聞こえてくる批判は気にする必要はありません。

 

他人軸での評価は無視してください。

 

何があっても自分軸で生きる、他人に振り回されないことも成功者の共通点です。

 

できる理由を考えて、途中でやめずにやり抜くというマインドセットを繰り返してください。

 

それを繰り返すことで、自分の中に定着させることが何よりも大切です。

 

失敗に見えることであっても、PDCA(Plan Do Check Act)サイクルの中のDoでしかありません。

 

4.すぐに行動する

 

 

 

 

 

 

 

 

行動が早いこと、これも成功者の絶対的に共通することです。

 

成功者のマインドセットはなんでもすぐにやることです。

 

チャンスの女神様は前髪しかありません。

 

最近では前髪もないという噂もあるくらい、即断即決を求められる時代です。

 

時代のスピードを考慮すると、考えるのではなく、感覚(勘とか嗅覚)で決めるといっても過言ではありません。

 

つまり、迷うくらいなら早く行動するということです。

 

なぜそこまですぐに行動することが必要不可欠かというと、成功者には失敗という概念がないからです。

 

失敗がないのだとしたら、やらない理由はありません。

 

そして、それをワクワクしながら圧倒的な行動量を費やします。

 

先ほど述べたPDCA(Plan Do Check Act)を早く回して結果を知りたいので、迷う間も無くすぐに行動します。

 

5.学びと成長に貪欲になる

 

 

 

 

 

 

 

成功者は学ぶことが大好きです。

 

そして、学びに貪欲であり、継続的に自己投資をしています。

 

そのマインドセットは、常に自分を高めていきたいというものです。

 

変化の激しい現代に、次々に出てくる新しいテクノロジーやマーケティング理論を学び続けることに強い喜びを感じています。

 

あまり日の目を浴びにくいことですが、成功者は誰よりも勉強し続けています。

 

そして、自己の進化と成長のために、大量の仕事をこなしています。

 

社畜クラスのサラリーマンとの1番の大きな違いは、自分の意思でワクワクしながら仕事をしているといことです。

 

そして、昨日の自分を超えるため、日々成長し続けています。

 

6.「やり抜く」ことは究極の成功法則

 

 

 

 

 

 

 

最近のベストセラー書籍の「GRIT やり抜く力」(アンジェラ・ダックワース著)では、

人生のあらゆる成功を決める究極の能力、誰でもどんな分野でも一流になることができる最強で最速のメソッドこそが、GRIT=やり抜く力だと述べています。

 

やり抜くことは、究極の成功法則と言ってもいいくらいに非常に重要なマインドセットです。

 

夢を叶えた人々は口を揃えて同じことを言います。

 

私はただ、愚直に続けてきただけ。ライバルは皆、自ら諦め、自ら辞めていった、と言うのです。

 

困難に直面しても諦めずに、ただただ愚直に続けて、やり抜くことができれば、必ず夢は叶います。

 

では、このやり抜く力を身につけるには、どうしたらいいのでしょうか。

 

やり抜く力を伸ばす4つの方法を紹介します。

 

①自分の興味を掘り下げ、この仕事が大好きだと情熱を抱く。

 

②自分のスキルを上回る目標設定をしてはそれをクリアする練習を習慣化する。

 

③自分の取り組んでいることが、他者のため、かつ大きな目的とつながっていることを意識する。

 

④絶望的な状況でも希望を失わない訓練をする。

 

そして、それらの根底にあるマインドセットは、成長思考楽観的思考です。

 

成長思考とは、

人は変われる、

成長できる、

やればできる、

という考え方です。

 

その成長思考があるからこそ、困難に直面しても決して絶望せず、このままでは終わらない、必ず成功できる!と楽観的に自分を信じ続けることができるのです。

 

まとめ

 

成功者のみが持つ個人のマインドセットについて紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

 

失敗を恐れずに、どんな時でもできる理由だけを考えて、どんなことも気の済むまでやり抜きましょう。

 

マインドを変えることで、行動を変え、どんどん結果を掴めるようになるはずです。

 

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ