今回は、マインドマップを

無料ツールで作成する方法について

解説をしていきます。

 

マインドマップを作成していくときに、

マインドマップをみんなで

作成できたら、と

思われたことはないでしょうか。

 

確かに、マインドマップを1人で

作成する時よりもみんなで

作成した方が効率的かつ、

わかりやすいものになる

ことが多いです。

 

また、1人でマインドマップを

作っていると、

やり方がわからなくてきて、

くじけそうになってしまう、

なんてこともあります。

 

そこで、実際にリアルタイムで

みんなでマップを編集ができる

ツールはないのか、と探した結果、

マインドマップツール

coggleというものがでてきました。

 

 

これは自分で編集したものが、

すぐグループのメンバーに

反映されるという、

かなり画期的なツールです。

 

 

企業でマインドマップを使われている方、

ブレインストーミングに

マインドマップを使っている方に

とっては、非常に便利なものです。

 

 

今回はそんなcoggleについて、

登録方法や使い方などを

解説していきます。

 

 

記事を読むことで、

coggleについてのほとんどの情報を

知ることができますので、

是非最後まで読んでみてください。

 

 

1.マインドマップツールcoggleの登録方法と使い方

 

それでは、coggleについて

解説していきます。

 

 

まず登録方法、使い方や特徴

に分けて解説していきます。

 

 

1-1.マインドマップツールcoggleの登録方法

 

coggleでマップが作成が

できるようになるには、

次のチェックポイントが必要です。

 

 

1.公式サイトにアクセス

2.サインアップを押す

3.Gmailでサインアップ

4.アカウントを連携

5.education→Studentをクリック

6.Mindmapをクリック

 

 

では、1つずつ説明していきます。

 

 

1-2.公式サイトにアクセス

 

まずはcoggleの公式サイトに

アクセスします。

 


 

1-2.サインアップを押す

 

次に、サインアップと

書かれたところをクリックします。

 

1-3.Gmailでサインアップ

 

Gmailのアドレスで

サインアップを行います。

 

 

アドレスがない方は、

Gmailはすぐ取得できる便利なものなので、

この機会にぜひ取得してください。

 

 

1-4.アカウントを連携

 


 

Gmailのアドレスと、

連携をさせていきます。

 

 

今回はGmailを推奨しましたが、

Microsoftでも登録は可能です。

 

 

ご自分がよく使われる方、

使いやすい方で構いません。

 

 

1-5.education→Studentをクリック

 


 

黄緑色のEducationを選択し、

さらにその中にあるStudentを

選んでクリックをしてください。

 

 

1-6.Mindmapをクリック

 


 

次にMindmapをクリックします。

 

 

以上で、coggleの新規登録は

完了です。

 

 

これで新規のマップを作成することが

できるようになります。

 

 

2.マインドマップツールcoggleの使い方・特徴

 

登録が済んだところで、

マインドマップツールcoggleの

使い方と特徴を説明していきます。

 

 

基本はかなり簡単ですので、

この機会に色々覚えてしまいましょう。

 

 

2-1.使い方

 

まずcoggleの使い方について

1つずつ解説をしていきます。

 

 

2-2.新しい図を作る

 


 

新しい図を作りたい時は、

ダイアグラムを作成するを

クリックすると作ることができます。

 


 

coggleを始めて使う場合は、

上記の画像のように

説明をしてもらえます。

 

 

初心者に易しい、

非常に便利な機能です。

 

 

2-3.主題にアイデア(文字)を入れる

 


 

今回はマインドマップという

主題を真ん中にいれてみました。

 

 

ここから色々と枝をのばしたりして、

派生をさせていきます。

 

 

2-4.ブランチ(枝)を生やしたり、結合したりできる

 


 

マインドマップには

様々なものがありますが、

書き方としては枝を伸ばしたり

することができるというのが大前提です。

 

 

coggleの大きな操作方法として、

枝を伸ばすことができる、

2つのショートカットキーを

覚えておいてください。

 

 

といっても、

マインドマップ系のツールでは、

ほぼほぼ共通のショートカットのため、

特別なものではありません。

 

 

汎用性があるので、1度覚えると

後から役立ちます。

 

 

小ブランチを伸ばす

→TAB

大ブランチを伸ばす

→Shift+Enter

 

 

この2つのショートカットがあれば、

簡単なマップであれば、

すぐに作れるようになります。

 

 

2-5.ブランチ(枝)にアイコンをつけることができる

 

coggleでは、ブランチに

アイコンをつけることができます。

 

 

マインドマップには色を使ったり、

アイコンを使ったりするのが、

かなり重要な要素なため、

非常に便利なポイントです。

 

上記の画像のように、

文字入力を行う際に出てくる

雷のアイコンをクリックすることで、

アイコンをつけることができます。

 

 

2-6.特徴

 

次は、coggleの特徴を

ざっくりと紹介しています。

 

 

2-7.ユーザー招待で人を追加してオンライン共有しながらまとめることができる

 

coggleの特徴は、オンラインかつ

リアルタイムにマップを

みんなで編集することができる、

というところが非常に大きな特徴です。

 

 

それでは、実際のやり方を

解説していきます。

 

 

1.共有フォルダーをクリックすると、

右上に出てくる、

+アイコンをクリックします。

 

 

2.招待したい方の

Eメールアドレスを登録します。

 


 

作業はたったこれだけです。

 

 

このように、簡単に人を誘って

マップを作れてしまうことが

coggleの大きな利点です。

 

 

2-8.無料で作成できる

 

coggleには有料プランもありますが、

基本的には無料で利用できます。

 

 

気を付けないといけない点も

ありますが、

無料で作成できるのが

coggleの良い点です。

 

 

2-9.有料プランはawesomeプランがおすすめ

 

有料プランとして、

awesomeプランというものが存在します。

 

 

ここで無料プランと

awesomeプランを比較してみます。

 

 

ferretさんが良いまとめを

されていましたので、引用させて頂きます。

 

 


 

出典:ferret

 

2-10.パソコン版だけでなく、スマートフォン版もある

 

スマートフォン版のcoggleアプリ

というのも存在します。

 

 

パソコンで作業ができない方は、

このアプリでマップを作ると良いでしょう。

 

 

ただ、お仕事でアプリを使うのは

おすすめしません。

 

 

というのも、脳は作業スペースが

広ければ広いほど効率よく動きます。

 

 

マインドマップを描く時に、

全体が大きくみれないと

作業効率が下がってしまいます。

 

 

そのため、みんなとマップを

リアルタイムに編集するという

用途以外にはアプリを使わない方が

良いでしょう。

 

 

あくまでも、補助用として、

スマートフォン版を使用しましょう。

 

 

3.マインドマップツールcoggleの注意点

 

マインドマップツールcoggleの

大きな弱点は2つあります。

 

 

・マップが1個しか保存できない

・保存しておくと

自動的に全世界に公開される

 

この2点が最大の弱点です。

 

 

この2点をクリアするためには、

下記のような作業をしておきましょう。

 

 

3-1.googledriveに保存する

 

非公開にしたければ、

googledriveに保存する

ようにしましょう。

 

 

googledriveに保存しておけば、

永久にマップを保存することができます。

 

 

その上、何枚でも保存することができます。

 

 

また全世界に公開されることも

防ぐことができますので、

是非googledriveに保存する癖を

つけるようにしましょう。

 

 

右上の下矢印をクリックすると、

ダウンロードという項目がでてきます。

 

 

お好きな形式でダウンロードして

google driveに保存するように

してください。

 

 

まだこのマップ編集したいという時は、

coggleに保存しておけば問題ありません。

 

 

4.マインドマップツールcoggleはwebマーティングやメディア作成で強い

 

coggleはwebマーケティングや、

メディア作成を複数で行う時には

とても大きな効果を発揮します。

 

 

やはり、チームでこういった

マップを作っておくと意識の

共有ができ、

仕事を進めていく上で非常に楽です。

 

 

1人でマップを作成し、

それをチームで共有する、

という手法でもいいのですが、

やはり自分たちで作った方が頭に残ります。

 

 

経営などをされている方は、

coggleを是非使ってみてください。

 

 

まとめ

 

coggleというツールは、

とても便利なツールです。

 

 

大きな利点でいえば、

・オンラインでリアルタイム編集が

 複数でできる

・初心者にもとっつきやすい

・色んなファイルでダウンロードできる

といった利点があります。

 

 

ぜひ企業やチームで、

活用をしていってください。

 

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ