せどりだけではなく、

国内メーカー仕入れができれば、

せどりにはないメリットが沢山あります。

 

 

安定して売れる商品数が多い、

価格が崩れにくい、

纏まったロットで注文ができる、

そしてメーカーの許可を取り

販売するので堂々と販売ができます。

 

 

メーカー仕入れはハードルが

高いように感じる人もいるかもしれませんが、

実は個人でも副業でもメーカーと

契約をすることは簡単にできます。

(ただしメーカーによっては

取引がNGな場合もあります。)

 

 

どうすればメーカー開拓できるのか?

 

 

それには商品リサーチを行い

メーカーを調べてアプローチを

していくという方法があります。

 

 

今日はメーカーを調べるための

リサーチ方法についてまとめました。

 

 

1. リサーチ方法

 

メーカーリサーチ方法は基本的に、

せどりでする商品リサーチするのと

ほとんど同じです。

 

 

セラーチサーチ、キーワードリサーチ、

関連商品リサーチ、

Amazon出品大学リサーチ、

オフラインリサーチなど

いろいろなリサーチ方法がありますので

参考にしてください。

 

 

 

 

 

1-1. セラーリサーチについて

 

リサーチの中でも王道なのが

セラーリサーチです。

 

 

ひとつの商品でメーカー仕入れを

しているセラーを探し、

そのセラーのSHOPをリサーチすれば

だいたい他のメーカー商品の

取り扱いをしています。

 

 

セラーリサーチは一度に

たくさんのメーカー商品を探せて、

ひとつの商品から派生させ

シリーズ商品や同一メーカー商品を

効率的に探しだすことができます。

 

 

パワーセラーを探しだして

商品リサーチを行いメーカーを探しだせば、

毎月約2050万円は稼ぐことができます。

 

 

ただ、まったくメーカー仕入れを

したことがない始めての人は、

どの商品がメーカー仕入れ商品なのか

判断ができません。

 

 

まずはそこの把握をすることから

はじめてください。

 

 

1-2. キーワードリサーチについて

 

 

Amazonでキーワード検索をして

メーカー仕入れ商品を探す方法があります。

 

 

自分で調べた

オリジナルキーワードで調べるやり方や、

商品一覧ページの中から

商品名や説明分などからキーワードを

抽出していくやり方などがあります。

 

 

人と違う観点からキーワードを

絞り込むことが、競合の少ない商品を

探すポイントになるので試してみてください。

 

 

1-3. 関連商品リサーチについて

 

これはいたって簡単な

リサーチのやり方です。

 

 

Amazon商品ページ内で

下にスクロールしていくと、

この商品をチェックした人は

こんな商品もチェックしています。

 

 

 

 

 

と、商品ページが出てくるので

そのメーカー以外の

他のメーカー商品を探します。

 

 

他のメーカー商品を探せたら

また同じやり方で、

リサーチを続けていくことで

横に広く堀っていくやり方です。

 

 

1-4. Amazon出品大学リサーチについて

 

Amazonセラーセントラルの

出品大学の中には、

実はとても便利な売れ筋商品データが

カテゴリー別にまとめてあります。

 

 

左側タグのレポートとデータを活用しよう、

というところをクリックします。

 

 

次に出品おすすめデータ(週間)

をクリックします。

 

 

 

 

 

次に右上の⇩をクリックすると

出品大学:週刊出品おすすめデータの

ページがでてきます。

 

 

下のカテゴリーのいずれかを選択すれば

ダウンロードができエクセル表で

閲覧することができます。

 

 

 

 

 

データ表からASINからリサーチをして

メーカーを調べるやり方や、

セラーをリサーチをするやり方などができます。

 

 

1-5. オフラインリサーチについて

 

オフラインリサーチとは、

ドラッグショー、ビューティーショー、

ギフトショー、食品展示会など

小売り・流通業向けの大規模な

展示会をリサーチするやり方です。

 

 

 

 

 

展示会の出店企業は各展示会の

WEBサイトに行けばわかります。

平均100200社位出店しているので

1日で全部回りきれません。

 

 

予め売れ筋商品のリサーチをして

お目当てのブースを効率よく回るようにしましょう。

 

 

展示会に行く際には直接取引交渉できる

機会ですので服装や身だしなみにも

注意して出掛けましょう。

 

新規の取引が上手くいく、

いかないは第一印象がとても重要です。

 

 

また、会場ではメーカーと挨拶をするのに

名刺交換が当たり前です。

 

 

事前に名刺なども

100枚位準備しておきましょう。

 

 

まとめ

 

・いろいろなメーカーリサーチ

方法がありますが基本はせどりの

リサーチと殆ど一緒です。

 

 

王道のセラーリサーチから

行っていきましょう。

 

 

ただし、

メーカー仕入れをしたことがない人は、

メーカー仕入れ商品の判断が

できるようにしましょう。

 

 

・キーワード、関連商品、

Amazon出品大学リサーチでは、

最初検索した商品ページから

いろいろなメーカーを派生させ

掘り下げてリサーチしていきましょう。

 

 

・オフラインリサーチは各種展示会に

行く事前準備としてメーカー、

商品リサーチをしてから出掛けましょう。

 

また対面でメーカー商談取引が

出来るチャンスなので、

服装や身だしなみ、名刺など

準備しておきましょう。

 

 

 

 

 

メーカーリサーチを覚えて

一つ商品が見つかれば、

そこからドンドン縦に横に深堀していき

メーカーを掘り当てライバルの

少ない安定した商品を仕入れることが可能です。

 

 

さらに、

メーカー仕入れ商品はリピート性も高く、

メーカー直接取引なので利益率も高くなります。

 

 

メーカー仕入れにはメリットが多いので、

是非あなたもメーカーリサーチを覚えて

メーカー仕入れにチャレンジしてみましょう。

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ