せどりに参入する人は

個人や副業など年々数が増え、

約20万人を超すとも言われています。

 

 

例えばAmazon販売で
個人せどりをしている人は
メーカー仕入というのは
とても高いハードルに感じるため、

メーカー仕入に参入してくる個人や
副業の人はほとんどいません。

 

他の人と差別化するためには
メーカーと直接取引をすることです。

 

 

他の人が参入しない
メーカー仕入先を開拓することで、
ライバルが少ない仕入先を
手にすることができます。

 

 

1.流通業界の流れについて

従来の流通の流れでは、

 

メーカー⇒問屋⇒小売店⇒エンドユーザー

 

という流れでしたが、

 

昨今は問屋を介さず、

メーカー⇒小売店⇒エンドユーザー

という直接メーカーと
小売店が取引する流れも増え
流通業界の流れが
大きく変わりつつあります。

 

 

メーカーと直接取引をする
ということは卸問屋を挟まないため、
その分安く商品の仕入れが出来る
という嬉しいメリットがあります。

 

 

2.仕入れ先業態について

 

仕入れ先としては

メーカー、商社、卸問屋の3つがあります。

 

 

各業態の特徴としては次の通りになります。

 

・メーカー・・・自社でオリジナル
(自社)商品を製造し販売や卸をする業態

・商社・・・輸出入貿易商品を
国内で取り扱う総合商社や専門商社など

・卸問屋・・・メーカーから商品を仕入れ
小売り業者へ卸す業態

 

各業態を把握し
商品をどこから仕入れしておくのか
把握できるようにしておきましょう。

 

 

また、メーカーには
超大手企業メーカーから
中小メーカーとあります。

 

 

大手メーカーは
個人に対して直接商品を
卸してくれることは
まずありません。

 

 

中小メーカーを選んで
アプローチしていきましょう。

 

 

3.メーカーとの取引について

メーカーリサーチを行い
アプローチしたいメーカーが
見つかった場合には、
電話またはメールで
問い合わせをしてみましょう。

 

問い合わせをした後
メーカーよりメール返信または
直接電話が掛かってきます。

 

 

メーカーから連絡がきた場合に
次のような質問をされますので
答えられるようにしておきましょう。

 

事業内容、

販売方法や販売場所、

メーカー商品を仕入れたい理由、

支払条件

 

 

それぞれの項目について
解説していきます。

 

3-1.事業内容について

はじめによく聞かれるのが、
どんな会社かまた
どんなお店をやっているのか聞かれます。

 

 

法人、個人関わらず
現在のビジネス展開、
先のビジネス展開を
明確に答えられるようにしておきましょう。

 

メーカーによっては
Amazonで販売することを
懸念しているところもありますので、
自分からは言う必要はありません。

 

 

聞かれた場合に
答えるくらいにしておきましょう。

 

3-2.商品を仕入れたい理由

メーカーが知りたいことの一つに、
なぜ商品を仕入れたいのかを聞かれます。

 

 

メーカーとしては
自社商品を沢山の人に広めたいが、
誠実な販売をしてくれる仕入れ先に
取り扱いをして欲しい
と思っているわけです。

 

商品を仕入れたい理由としては、
メーカーの気持ちになって
答えられるようにしておきましょう。

 

 

3-3.支払条件について

基本現金取引になります。

 

 

○法人の場合
末締めの翌月末現金支払い

○個人の場合
前金支払い

 

 

以上のパターンが多いため、
個人の方は、
半年くらい実績をつけてから
支払方法を変更して貰えるよう
交渉してみましょう。

 

4.メーカー直接取引後の注意点

メーカーと直接取引する際
メリットも多いですが、
当然デメリットもあります。

 

 

実際にメーカーと契約をする前に
どんなことに注意しておくべきか
把握しておきましょう。

 

メーカーによっては
1本から注文できるところもあるし、
ロット単位でしか注文を受けない
ところもあります。

 

ロット注文の場合、
数量発注やケース単位と
何十本と仕入れを
しなければなりません。

 

 

回転が早い商品であれば
問題はありませんが、
回転が遅い商品を仕入れた場合
在庫になります。

 

 

しっかり商品リサーチを行い
回転の良い商品を選びましょう。

 

よってロット注文の場合には
ある程度の仕入れ資金が必要になります。

 

 

特に個人の場合現金仕入れを
都度行えればいいのですが、
現状は難しいでしょう。

 

 

融資を受けるか、
貯蓄を使うか、
回りの人(親・親戚)に
援助をしてもらうなどして
事前資金準備をしておきましょう。

 

実際、メーカーアプローチをして
取引が始まるまでには、
直ぐに契約できる場合もあれば
できない場合もあります。

 

定例文を作成して
何十通とメールを送ってください、
その中から1~2%くらい
直ぐに契約が出来る企業がでてきます。

 

 

繰り返しメーカーに
メールをすることにより
見直し改善していき、
契約率をあげていきましょう。

 

 

まとめ

・流通業界は
近年卸問屋を介さず
直接メーカーと小売店が取引をする
流れに変わりつつあるため

業界の把握をして流れに乗り
メーカーアプローチを
ドンドンしていきましょう。

 

・仕入れ先の業態を把握して
メーカーと商社・卸問屋を
間違えないよう気を付けて、
アプローチをするのは
中小メーカーを選びましょう。

 

・メーカーへ問い合わせをした後に

事業内容

販売方法や販売場所

メーカー商品を仕入れたい理由

支払条件の質問に

明確に答えられるようにしておきましょう。

 

・実際メーカーとの取引が始まると
ロットでまとめて注文
しなければならないため、
事前にある程度の
資金準備をしておきましょう。

 

直接メーカーから仕入れることは、
参入者が少ない、仕入れ単価が安い、
まとまった注文数で
安定して継続的に仕入れできる
という沢山のメリットがあります。

 

また、Amazonでは
年々出品規制が強化され、
正規の請求書を求められるように
なってきています。

 

Amazonより請求書の依頼があり
提出できなかった場合、
最悪アカウント停止になり
支払も6カ月間は
保留されてしまい最悪の事態となります。

 

メーカーと直接取引すれば
いつでも請求書・納品書を
出して貰えるので、
そういう問題もなくなり
安心して販売ができます。

 

 

今後のせどりを継続して
安定して稼いでいくためにも、
メーカー取引を
どんどん実践して行きましょう。

 

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ