どうも、かまです!

店舗せどりにおいて、家電量販店の攻略は欠かせないのですが、

なかでも業界第二位のビックカメラの攻略は

大きく売り上げや利益を伸ばすためにとても大事です。

 

今回の記事では、ビックカメラでの仕入れで狙い目となる部分

そして、利益を上乗せするあるテクニックもお伝えしていきます^^

 

 

それでは、続きからどうぞ

 

ビックカメラとは?

 

 

ビックカメラは都市部や駅前に立地した多層階の”都市型”家電量販店と言われ、

各地域の主要駅に隣接していることが多いです。

 

売上高も2017年は業界第二位と安定した経営をしていますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

子会社にコジマやソフマップもあります。

ビックカメラ店舗の分布一覧は以下の通り。

(北海道)

札幌店

(東京都)

池袋本店、池袋本店パソコン館、池袋東口店(アウトレット)

池袋東口カメラ館、池袋西口店、有楽町店、赤坂見附駅店

新宿西口店、、新宿東口店、新宿東口駅前店、渋谷ハチ公口店、

アキバ店、渋谷東口店(本館・別館)、立川店、
聖蹟桜ヶ丘駅店、京王調布店、JR八王子駅店、

赤坂見附駅店、ビックカメラセレクト原宿店

アウトレット町田店

 

(埼玉県)

大宮西口そごう店

 

(神奈川県)

横浜西口店、新横浜店、藤沢店、ラゾーナ川崎店、

相模大野駅店、柏店、船橋駅FACE店、

船橋東武店、横浜ビブレ店(アウトレット)

(群馬)

高崎東口店、水戸駅店

 

(愛知県)

名古屋駅西店、

名古屋JRゲートタワー店

(静岡県)

浜松店

 

(北陸地方)

新潟店

 

(関西)

なんば店、JR京都駅店、広島店

岡山駅前店、なんば店ザウルス2(アウトレット)

 

(九州)

天神1号館、天神2号館、鹿児島中央駅店

 

 

都市型というだけあって、東京に多く出店していますので、

関東圏のせどらーは絶対外せませんね。

 

わたしは北海道なので1店舗しかありませんが、

1~2ヶ月に1度は来店し、安定的に仕入れることができています。

 

なかでもアウトレット館は廃盤品が多く集まりますので、

ビックカメラで仕入れる場合は必ず行くことをオススメします。

 

ビックカメラは転売に厳しい?

 

ビックカメラはとても転売に厳しいです。

ポイントカードを通した際に、転売認定されていたら購入はできません。

また、商品を検索しているときに店員さんに見つかると、

高確率で注意され、インカムが流れとても仕入れられないことが多くあります。

 

 

そのため、ビックカメラで仕入れる際は、

怪しまれないように不自然な行動はやめましょう。

 

 

初心者だけが不審な行動をとると思われがちですが、

中級者以上のせどらーでも、仕入れとなると

不自然になることが多いです。

 

 

店員さんも数多くの経験をしていますし、

一般客か違うかは結構早く判断がついてしまいます。

 

 

ビックカメラは転売に厳しいですが、

それ以上のメリットもあるため

仕入れには必ず行きたい場所です。

 

 

商品を検索する際は、まわりをしっかり確認して

店員さんが近くにいないかも把握しておきます。

 

 

店員さんもすぐにせどらーだとは認識せず、

 

「この人なんか怪しい、万引きか?」

 

という疑いも持つので、

逆にこちらから話しかけるというテクニックもありますね。

 

 

ビックカメラせどりのメリットとデメリット

 

 

❍メリット

ビックカメラは店舗ごとに特徴がありますが、

家電製品だけでなく、書籍、自転車、防災グッズ、ヘルビなど品揃えがバラエティーに富んでいるので、実はせどりには狙い目です。

また、ビックカメラといえば家電のイメージが強いため、家電以外の商品には売れ残りが出て値下げされていることが結構あります。

 

 

せどりをする人の多くは別の家電量販店で仕入れることが多いですから、

意外と掘り出し物が見つかることもあるわけです。

 

 

また、せどりに向いていないというイメージが付いているので、ビックカメラにはライバルが少ないというメリットもあります。

何度も通ってワゴンセールのタイミングを掴むことができれば、

利益の見込める商品だけさっと仕入れて次の店舗に移っていけるので、仕入れの効率も高まるでしょう。

 

店舗数がほかのメジャーな家電量販店より少ないため、地域格差はありますが、お近くに店舗がある人は押さえておきたいですね。

 

ビックカメラでは、ワゴンが狙い目と言われていますが、

それ以外にも通常棚においしい商品が眠っていることが多いです。

通常棚こそライバルがほとんどいないため安定的に仕入れをするためには狙っていきたいですね。

 

❍デメリット

会計時にせどらー認定されてしまうと、購入ができません。

また、リサーチ中に店員にバレても注意されることがあります。

 

家電量販店といえば、ヤマダやケーズが有名ですが、

これらと比べるとやはり仕入れにくいというは確かです。

 

店員さんは一般客を多く、

一目が気になってリサーチしにくいとも言えます。

 

 

 

 

 

ビックカメラで利益のでる商品を見つけるコツ

 

ビックカメラでの狙い目は以下の通りです。

・ワゴンセール

・通常棚の処分品

 

 

店舗せどりでは基本的に処分品、廃盤品、型落ち品(どれも同じ意味)

が仕入れ対象になります。

 

売れ残ったものは新しい商品を店頭に並べるためにワゴンへ移動させます。

 

店舗としても早く売り切りたいため、

積極的に値段を下げますので必ずリサーチしましょう。

 

 

 

1番の狙い目は、通常棚の処分品です。

ビックカメラは商品ラインナップも豊富なため

全ての在庫処分品をワゴンに集めることができません。

 

 

そのため通常棚にも処分品が多く残っています。

 

なかにはワゴンにも移動せず通常棚の1番下にかなり古い商品がある場合もあります。

 

 

2:ポイントカードを使う
ビックカメラで仕入れをするなら、ビックポイントカードを使うのを忘れないでください。ポイントカードを作りたいといえば店舗ですぐに作ってくれますよ。購入金額に対し10%ぐらいのポイントが付きます。また、購入金額の5%をビックポイントで支払うと、保証書の保証期間を延長することも可能です。ちなみに、貯まったポイントは、ビックカメラの子会社のコジマでも使えます。

 

4:まとめ
ビックカメラは家電量販店のなかでも値段の付け方がしっかりしています。せどりの初心者がいきなりビックカメラに挑戦しても、利益の出そうな商品が見つからず、あえなく撃沈ということにもなるかもしれません。でも、そういう人が結構いるからこそ、ライバルが少なくて狙い目だと言えるのです。また、ビックカメラは全国的には店舗数はあまり多くないですが、都内の店舗に絞ると店舗ごとの特色が大きく違っています。何度も通って処分値札やワゴンセールのタイミングを掴むことが大切ですね。

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ