今回はせどり先の

定番であるリサイクルショップのなかから

トレジャーファクトリーの

値札の見方について解説していきます。

 

 

普段トレジャーファクトリーに行く時に

価格の数字だけ見てしまいがちですが、

値札には他にももせどらーにとって非常に役立つ情報があります。

 

 

値札の情報をしっかり見ることができるかで

仕入れ効率は大きく変わるので、

その要所を解説していきます。

 

 

 

1.値札の種類

 

トレジャーファクトリーでは商品状態に応じて

2種類の値札を使い分けています。

 

1-1.紙タイプの値札

 

 

 

 

 

トレジャーファクトリーで

最も多く使われている標準の値札です。

 

 

新品・中古品両方に使われていて、

商品ごとに商品状態や付属品の有無、

保証に差があるため、しっかり値札を見ましょう。

 

 

中古品でも簡易クリーニングがされているため、

自分でクリーニングをする必要が無い商品が多いです。

 

 

 

1-2.シールタイプの値札

 

 

 

 

 

こちらも新品、中古品両方に使われている値札です。

 

 

細かい状態や付属品の確認をしていない商品に付けられています。

 

 

中古品に貼られている商品の場合、

値付けが安い可能性が高く、リサーチ対象になります。

 

 

ただ、商品状態が明記されていないので、

その場必ず検品を行ってください。

 

 

 

2.トレジャーファクトリーの値札から読み取れる情報

 

2-1.値段

 

まずわかるのは、商品の価格ですね。

トレジャーファクトリーでは

税抜きでの表示がされています。

 

 

 

2-2.メーカー・型番・品名

 

製品のメーカー等詳細情報が記載してあります。

中古品せどりでは、

新品と違い外箱が付いている物が少ないです。

 

 

そのため、JANコードでの検索は

ほとんどすることができません。

 

 

そのため、この欄に記載の情報をもとに

リサーチを進める必要があります。

 

 

たまに誤字がある時もあるので、

仕入れる時には

実物も確認しながら型番に間違いが無いことを確認してください。

 

 

 

2-3.付属品

 

商品に付属される備品が記載されています。

中古品せどりでは、付属品の有無は非常に重要です。

 

 

それは、付属品の有無で値段が大きく変わるからです。

この欄は必ず確認するようにしましょう。

 

 

場合によって、この欄に記載が無くても

付属品が倉庫から出てくることがあります。

 

 

気になる商品がある時は、

店員に付属品の有無を確認してみましょう。

 

 

 

2-4.値付け日

 

商品の値段が付けられた日が記載されています。

この日付けは非常に重要な箇所です。

 

 

商品が値付けられた日ということは、

つまり商品が店舗に並んだ日です。

 

 

トレジャーファクトリーの値札では、

値付け日が値札右に記載されています。

 

 

基本的には-(ハイフン)後の

6桁が値付け日を表していることがほとんどです。

 

 

 

例えば190710と記載されている場合は、

値付け日は2019年7月10日です。

この日付けからわかることは3つあります。

 

 

2-4-1.商品をリサーチする価値の有無

 

店舗毎に違いはありますが、

トレジャーファクトリーには

日々せどらーが仕入れに来ています。

 

 

日付が古いにもかかわらず残っている商品は、

他のせどらーが仕入れをしないと判断された

商品である可能性が高いことを意味します。

 

 

ということは、残っている商品=

利益が出ない、 回転が悪い、 取り扱うことが難しい

といった問題があると予測ができます。

 

 

つまり参入障壁が無い商品で日付が古い物は

リサーチ対象外という判断です。

 

 

参入障壁とは、規制があるカテゴリー・メーカーの商品、

ニッチなジャンル(楽器、アンプ等)、

比較的大きい商品(大型商品)、仕入れ値が高額(5万円以上)

などがあります。

 

 

参入障壁がある商品の場合は、

日付が多少古くても仕入れられることがあります。

 

 

リサーチする日付の目安は、参入障壁が低い商品は

仕入日の2ヶ月以内までと考えてください。

 

 

逆に参入障壁が複数合わさっている商品の場合、

半年前の日付のものでも仕入れることができることもあります。

 

 

また、1つの方法として、

店舗に行った日付をメモしておきましょう。

 

 

それをすることで、次回同じ店舗に行った時に、

前回行った日付以降の商品だけをリサーチすれば良くなります。

これでリサーチ時間を短縮することができます。

 

 

2-4-2.ライバルせどらーの有無

 

2ヶ月前の日付の商品を多く仕入れることができる店舗は、

ライバルが少ない可能性が高いです。

 

 

そういう店舗はメモをし、

3ヶ月前、4ヶ月前の商品もリサーチしていきましょう。

 

 

2-4-3.店舗の商品の回転スピード

 

例えば、日付が新しい商品が多く、

仕入れもたくさんすることができる店舗は

買取量が非常に多く、

商品の回転を大事にしている店舗であることが多いです。

 

 

そういう店舗では、

一定の在庫期間が過ぎた商品には

再度値付をしている確率も高いです。

 

 

そのような店舗は、

トレファクのなかでも優良店舗なので

メモをし積極的に仕入れにいきましょう。

 

 

また、紙タイプの値札だけではなく、

シールタイプの値札も上部に値付け日の記載が

見られることもあります。

 

 

 

まとめ

 

トレジャーファクトリーは

全国的に展開してながら

特に安く仕入れができ、

しかもその判別が簡単と

非常に仕入れがしやすい店舗になっています。

 

 

トレファク仕入れをするにあたって

大事なことをしっかりと抑えて、

是非仕入れに活用していってください。

 

 

 

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ