本せどりの

1種でせどり初心者の

多くが考える

漫画セットせどりですが、

より戦略的にやっていく方法があります。

 

 

今回は

漫画セットせどりを始めたい!

といった方から

もうやっているけど何か足りない…

という方まで

読んでいただければと思います。

 

 

1.漫画セットせどりとは

 

 

 

その名の通り、

特定のタイトルを

全巻集めて販売する形式の事です。

 

 

よくBOOKOFFなどの

古本屋でも見かけますね。

 

 

しかしだいたいこれらは

単品で揃えていった方が

安いケースがほとんどです。

 

 

それにも関わらず

セット売りがここまで

広まっているのには

理由があります。

 

 

まず純粋に1冊1冊揃えていては

面倒という点です。

 

 

それに引き換え、

セットでしたら

確実に全巻揃いますので

楽ですね。

 

 

もう1つのポイントは

「確実に揃う」ことです。

 

 

例えば日本を代表する人気漫画の

「ONE PIECE」は2019年8月現在

93巻も出ており、

読みたくなったから近くの

古本屋行ったのに、

〇巻と△巻だけなくて諦めた、

なんて方が確実に出てきます。

 

 

そういったときに

セットがネットで売っていれば

輝いて見えて思わず

購入してしまうのです。

 

 

2.セット販売のメリット

 

しかし前項だけでは

購入者側のメリットしかありません。

 

 

販売者側のメリットも

もちろんありますので

見ていきましょう。

 

 

2-1.高利益率を誇る

 

一般的に多くの企業は

利益率が15%を目標にしている、

というのを1つの指標にしてください。

 

 

結論から申し上げると

セット本せどりの平均利益率は

20~30%です。

 

 

そう、極めて優秀な数字なんです。

これは特に

これからせどりを始める方には

魅力的な数字ですね。

 

 

2-2.少ない資金で大丈夫

 

 

せどりをするには

仕入れのための資金が必要になるので、

そこが初心者が

よくぶつかる壁となっています。

 

 

一方、セット本でしたら

1冊あたり古本屋で購入すれば

100円程度で抑えられたりと、

極めて安価です。

 

 

長編シリーズにしても

家電1つと値段は大差ないわけです。

 

 

2-3.需要が高い

 

実はAmazonでは

セット本販売を前提とした

フォーマットが

整えられている事を

ご存知でしょうか。

 

 

これからわかるのは

Amazonが

セット本販売を想定していること、

つまり常に高い一定の需要が

あることを示唆します。

 

 

2-4.何度もリピートできる

 

他のジャンルではあり得ませんが、

数ある作品のなかには

長い間価格を

維持しているものもあります。

 

 

なかには下がるどころか

右肩上がりのものすら存在します。

 

 

不安定になりやすい

せどり業界には

この状態は極めて珍しい、と

断言しておきます。

 

 

3.セット本販売のデメリット

 

ここまで聞くと

良い点しかありませんが

もちろん悪い側面も存在します。

 

 

3-1.クリーニングは必須

 

中古せどりをするのなら

何にせよクリーニングは

必要となってきますが

セット販売の場合1冊1冊しなければ

ならないので手間がかかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホームセンターなどで

販売している、

シール剥がしを使い

丁寧にやっていきましょう。

 

 

3-2.在庫の置き場所が求められる

 

先ほど話に出した

「ONE PIECE」を例にしましょう。

93巻セットを作ろう!と思い

近くの古本屋に行ったはいいものの、

〇巻だけ見つからなかった…

 

 

こういった場合他の92冊を

保管しておくスペースが

必要となってきます。

 

 

同時に他のセットの作成も

進めているのなら

これは更に増えていきます。

 

 

もちろんFBAにも

商品として完成していない状態なので

発送はできません。

 

 

 

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ