今回はリサイクルショップの中でも

あまり目立たないながらも

質の良い仕入れが可能な

オフハウスの見るべきポイントやコツを解説していきます。

 

 

1.オフハウスとは?

 

 

 

 

オフハウスは

名前やロゴからお気付きかもしれませんが

ハードオフグループに属しています。

 

 

主に生活家電などを

扱っているリサイクルショップです。

 

 

ハードオフはコンポやパソコン系といった家電がメインですが、

それに対してオフハウスは生活家電と差別化がされています。

 

 

ハードオフグループの店舗数は

全国に900店舗弱もあります。

 

 

その内訳は、

ハードオフが313店舗

オフハウスが285店舗

ホビーオフ103店舗。

 

 

つまり

オフハウスはハードオフの次に多い店舗ということです。

また特徴としてオフハウスは

ハードオフと隣接している場合が非常に多いです。

 

 

オフハウス単体だとそんなに大きい店舗ではありませんが、

ハードオフと両方を見るようにすれば

なかなかの利益を狙うことができます。

 

 

 

2.オフハウスの見るべきポイント

 

オフハウスの見るべきポイントやカテゴリーは、

 

・未使用品

・加湿器、除湿機(大物家電)

・冷風機や暖房器具

・ベビー用品

・ジャンクコーナー

 

などのものです。

それでは、1つずつ解説していきます。

 

 

2-1.未使用品

 

未使用品はオフハウスでも頻繁に見かけます。

コンディションを新品で出品できるので、

利益を考えるとまずはここから

リサーチしていきましょう。

 

 

 

2-2.加湿器、除湿機(大物家電)

 

 

 

 

 

 

加湿器や除湿機などの大物家電も利益が取りやすいです。

例えば、除湿機は

梅雨である6月に販売のピークがきます。

 

 

それを4〜5月頃に仕入れておくことで

安く仕入れができる上に、高く売ることができます。

 

 

逆に加湿器ならば、

10月に仕入れて冬場に売るというわけです。

 

 

 

2-3.冷風機や暖房器具

 

 

 

 

 

 

冷風機や暖房器具なども

オフハウスで仕入れをしやすいものの1つですね。

 

 

例えば、大手メーカーのものであっても

冷風機は冬の季節だとほとんど売れません。

 

 

しかし、去年の夏の販売数をモノレートで確認すると、

しっかりと売れているのが読み取ることができるはずです。

 

 

なので、先ほどの仕組みに則って

6月中に仕入れておくことで、

夏にはしっかりと利益として戻ってきます。

 

 

逆にもちろん

暖房類も夏から秋にかけて需要がない時期は相場が落ちます。

 

 

このように相場が落ちているうちに仕入れて、

冬場に売ったら十分に利益を取ることができます。

 

 

 

2-4.ベビー用品

 

 

 

 

 

ベビー用品も仕入れがしやすいジャンルです。

ベビー用品というものは

子供が小さい時期しか使い道がありません。

 

 

いらなくなった人は売りにくるので商品は常にあります。

そして、購入する側も子供が小さい、

わずかな時期しか使わないため、

中古でいいと考えて購入していく人もとても多いです。

 

 

 

つまり基本的に高回転商品なわけですね。

 

 

さらに、購入したのにタイミングを逃してしまい、

使用できないということもあるため、未使用も残っていることがあります。

 

 

 

2-5.ジャンクコーナー

 

 

 

 

 

ジャンクコーナーというのは

お店側が動作確認をしていなかったり、

動作を保証できないものを

まとめて安く出品されてるものです。

 

 

その代わり、

通常の商品とは異なり保証はつきません。

自己責任で購入してみましょう。

 

 

あたりの商品を見つけることができれば

仕入れ値が圧倒的に安く済みます。

 

 

 

3.セール時期

 

オフハウスは定期的に

割引セールなどは行いません。

 

 

ただ、お店の在庫次第で

時々〇〇%OFFなどといったセールは行っています。

 

 

そのため、運よくタイミングが合えば

セールと出会うことができるかもしれません。

 

 

 

4.配送サービス

 

オフハウスは配送サービスは基本的に行っていません。

ただ、場所によっては

軽トラックを貸してくれる店舗もあります。

 

 

大量仕入れが可能な店舗ではあるので、

もししようと思われたら

そのような店舗を選んで行ってみましょう。

 

 

 

5.値引き交渉

 

オフハウスは値引き交渉に寛容的です。

たくさん購入したり定期的に行く店では

値引き交渉をしてみるのも一つの手です。

 

 

当たり前の話ですが

値引き交渉はすればするほど

利益になるので挑戦してみましょう。

 

 

5万円分ほど購入すれば2000〜3000円程度は

値下げをしてくれる可能性が高いです。

 

 

まとめ

 

オフハウスは安く仕入れができる宝庫です。

商品の売れやすい時期を考えながら

賢く仕入れをしていき

稼いでいきましょう。

 

 

 

 

 

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ