マツモトキヨシは、

全国チェーンのドラッグストアです。

 

 

日用雑貨、化粧品、健康食品、介護用品、

ベビー用品、医薬品など幅広いジャンルを

取り扱っています。

 

 

このように、

ドラッグストアで取り扱っている商品を

へルビ商品と呼んでいます。

 

 

へルビ商品とは、

ヘルス&ビューティの略語です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在は、

ドラッグ&ストアという

カテゴリー名になり、

旧名がヘルス&ビューティですので、

覚えておいてください。

 

 

他のジャンルと違い、

取り扱い商品は

消耗品が圧倒的に多いです。

 

 

1.仕入れのメリット

 

1-1.回転が速い

 

マツモトキヨシで

へルビ商品を仕入れる一番のメリットは

回転が同系列店舗のなかでも

とにかく早いことです。

 

 

一日20個や30個くらいは

同じ商品で売上があります。

 

 

1-2.仕入れが簡単

 

他のカテゴリと違い、

へルビ商品はリピート仕入れが

非常に簡単です。

 

 

その理由は

圧倒的に消耗品が多いからです。

 

 

化粧水やメイク用品などは

気に入った商品が見つかると

リピートする方が多いですよね。

そのため、商品を買う際は

まとまての購入が多いです。

 

 

2.マツモトキヨシ仕入れのコツ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マツモトキヨシのヘルビの商品も、

通常の新品せどりの商品と同様、

「処分品」

「処分ワゴン」

をリサーチすることで、

仕入れ対象の商品を

見つけやすくすることができます。

 

 

しかし、

確かにワゴンに置いてある商品は

美味しいものが多いですが、

全ての店舗に

在庫処分セールワゴンがあるとは限りません。

 

 

そこで視点を通常棚に

移しましょう。

 

 

通常棚の

「現品限り」「処分特価」

と書かれている

POPをリサーチすると

高利益商品を見つけることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3.マツモトキヨシ仕入れの注意点

 

3-1.使用期限がある商品

 

ヘルビの商品の中には、

使用期限が記載されている

商品があります。

 

 

そこまで多く見かけることは

ありませんが、

仕入れる前にチェックをしましょう。

 

 

肌に直接触れるものなので、

食品のように「使用期限」が

印字されている場合は、

仕入れの際注意しましょう。

 

 

3-2.フタ・キャップ・開栓のチェック

 

シャンプーなどのヘアケア用品、

UV クリームなどのスキンケア用品は、

商品にフタやキャップ、

封印シールなどが貼ってあります。

 

 

これらの商品は、

キレイに陳列している場合

ほぼ問題がないのですが、

ワゴンなどに雑多に

入れられている場合は、

キャップが外れたり、

フタが取れていることがあります。

 

 

この状態だと

FBA 納品自体ができないが出来ないので

利益が取れる商品を見つけたとしても

仕入れを諦めましょう。

 

 

3-3.「危険物」FBA 納品不可商品

 

ヘルビの商品の中には

「危険物」に該当するもので

FBA 納品不可の商品があります。

 

 

それは、

ヘアスプレーや、ガスを含有した

引火・発火の可能性がある商品です。

 

 

危険物の FBA 納品権限があれば、

そのルールに従って納品することが出来ますが、

権限が無い場合は、

自己発送で対応する必要があります。

 

 

また、

危険物の納品権限が無い場合は、

「セラーセントラルアプリ」で

バーコードをスキャンすることで

危険物かどうか判定することが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

画像のように、

赤丸で囲った部分に、

FBA 納品不可のマークが表示されます。

 

 

ただし、

危険物の FBA 納品権限を

保有している場合は、

このマークが表示されなくなっているので

注意してください。

 

 

まとめ

 

マツキヨはドラッグストアのなかでも

店舗数や市場規模で大きく他店舗から

リードしており

この業界の回転数の高さなどが

非常に伺いやすくなっています。

 

 

特に都会ですと

近くに沢山の店舗がありつつも

店舗ごとに違った顔を

見せるので

全てチェックするのも良いですね。

 

 

 

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ