せどりと言えば

家電やホビーのイメージが強いですが

『食品せどり』も

大きなジャンルの1つであり

間違いなく稼がる市場が

広がっています。

 

 

情報通な方でしたら

5年前(2014年秋ごろ)に、

これまで不可能だった要期限管理商品を

FBAでも扱え得るようになったことを

皮切りに食品市場にも

せどりの波が押し寄せたことは

ご存知かと思います。

 

 

ですが

飽和状態には程遠いですし、

正しい知識をもって

乗り込めば十分稼げる市場ですので

ご安心ください。

 

 

1.食品せどりの概要

 

 

 

 

 

 

食品せどりとは、

まさにその名の通りで

食品や飲料を扱うせどりです。

 

 

食品か微妙な

サプリメントなどは

Amazonでは

「ドラッグストア」のなかの

サプリメント、

と別のカテゴリーになっていますので

覚えておきましょう。

 

 

直接口に入るものですが

何か特別な免許が

必要なわけではありません。

 

 

しかしそれでも

せどり業界で

メジャーな存在になれないのは

前述の通り、せどりを大きくするなら

必須ともいえる、

FBAで扱えない期間が

長くあったためです。

 

 

正確には食品を含めた

「使用期限が設定されている商品」の

利用ができなかったのです。

 

 

「FBAの管理下にあって

賞味期限が切れてしまったものを

どうするか」

この完璧な答えを

Amazon側も用意できなかったのが

原因のようです。

 

 

しかし冒頭でも

触れたように

2014年秋にFBAでの利用が解禁、

そして様子をうかがってから

2016年の上半期ぐらいから

食品せどりが活発化して

今に至っています。

 

 

2.食品せどりの基礎知識

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前章だけ読んでも

食品せどりの中身は

まだブラックボックス状態かと思います。

 

 

ここでは

具体的にその利点などを

ご紹介していきます。

 

 

2-1.食品せどりのメリット

 

ホビーや家電など、

メジャーなカテゴリーのせどりでは

『大きく超えた定価=

プレ値になっている商品の販売』

という手法が一般的ですよね?

 

 

それに対し

食品せどりの一般的なやり方は

『各種ECサイトなどで

いつでも販売されているものを仕入れ、

それをAmazon で販売する』ことで、

利益を得る、

少し変わったものになります。

 

 

同じ商品を何度も繰り返し販売する

いわば「リピート電脳せどり」が

食品せどりのと基本となるのです。

 

 

食品は、人間が生きるうえで

多少の嗜好を含めても

絶対に必要な食欲に直結しているため、

常に高い需要が見込め

メジャーどころのカテゴリせどりと

比較しても、

高回転で売れていく商品が

かなり多いのも利点です。

 

 

つまり

・高回転で販売で多くの商品が売れていく

・商品リストを構築できる

・商品リストを構築してしまえば、

リサーチは不要で利益が出続ける

 

 

2-2.食品せどりのデメリット

 

食品せどりでは基本的には

低単価の商品お大量に、が

仕入れのメインと

どうしてもなります。

 

 

具体的な金額ですが

2000 円以下の商品が

仕入れ対象の中心です。

 

 

つまり、利益が少ない商品を沢山販売する

「薄利多売方式せどり」になりますので

それがデメリットと言えなくもないです。

 

 

こういった言い方をしたのは、

利益率で計算してみると

平均して20%前後は維持できますので、

販売金額に対する利益割合に

観点を変えてみると、

それほどデメリットには

感じられないためです。

 

 

3.食品せどりの種類

 

 

 

 

 

 

 

 

食品せどりの基本は

リピートですが

他にも何種類か

ありますのでご紹介します。

 

 

3-1.リピートせどり(電脳)

 

この電脳でのリピートせどりが

1番メインとなる手法です。

 

 

リサーチをして見つけた

自分だけの商品を、

繰り返し何度も何度も販売し

在庫がなくなったら補充するだけという、

非常に効率の良いうえに

単純明快な仕入れ方法です。

 

 

仕入れ先は各種ECサイトが

メインになってきます。

 

 

3-2.トレンドせどり

 

トレンドせどりとは、

食品に限らず

テレビやTwitterなど各種SNSで

話題になっている商品を

狙って販売する手法です。

 

 

メディアの影響で

需要が一気に上がった商品を

ターゲットに、

定価よりも高いプレミア価格をつけて

販売し

その差で利益を得ます。

 

 

トレンドせどりは、

たとえ例えば芸能人に

紹介されたからと言って

その商品に大きく需要が出るのか

ある程度の予測を行ったうえで

行動に移さなければならず、

ハイリスクハイリターンな

手法ではあります。

 

 

運よくタイミングが合えば、

1つの商品を短期間で一気に

販売するだけで

大きく利益を出せる可能性を

秘めています。

 

 

3-3.店舗せどり

 

せどりの王道である

ドンキホーテを始めとした

ディスカウントショップでも、

大量仕入れの結果

かなり安くなっていることが多く、

食品は仕入れが可能になっています。

 

 

また他にもお土産店が近くにある方などは

お住いの地域のお土産などを

リサーチしてみるのも

良いですね。

 

 

有名どころで

北海道土産の定番の1つである

「じゃがポックル」がせどり界で

大きく安定した利益を出せることから

話題を呼んだことがありました。

 

 

 

 

 

 

4.食品せどりの注意点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食品せどりは薄利多売ながらも

安定して稼ぎやすいですが

家電などメジャーどころのせどりにはない

注意すべき点が数多く存在しています。

 

 

人が食べるものを

扱うのですから当然のことです。

 

 

ここをおろそかにしてしまっては

間違って利益が全然でない商品を

仕入れてしまってはおろか、

大赤字になってしまう可能性も

十分にありますので、

リサーチをする前に必ず

以下を確認してみてください。

 

 

1つずつしっかり確認していきましょう。

 

 

4-1.テスト仕入れを必ず行う

 

食品せどりで必ず行うべきは

何と言ってもテスト仕入れです。

 

 

食品は、せどりできる

カテゴリーのなかでも

まだライバルが少ないくので、

リサーチを本腰入れてやると

利益が取れる商品が簡単に見つかります。

 

 

利益額、利益率、

ランキングどれも問題ない商品…

そんな商品を見つけると、

すぐに大量仕入れをしたくなりますよね?

 

 

ですが少し待ってください。

まずはテスト用に少量の仕入れを

試してきみましょう。

 

 

ただし

すでにFBAの出品者が数名いたり、

すでに販売実績がある商品でしたら、

テスト仕入れをする必要はありません。

 

 

どれだけ売れそうな商品を

見つけたとしても、

食品せどりの場合は

必ずテスト仕入れを行ってください。

 

 

今まで自己発送で売れていた商品に

対して、

少しでも上乗せをした金額に設定して

FBAで出品してみると、

予想していた数よりも全然売れず、

結果として在庫になり、

消費期限を迎え、大赤字という

事態が発生しかねません。

 

 

これはAmazonの1つの仕組みが

引き金となっています。

 

 

それはAmazonの配送料のシステムです。

Amazonでは2016年4月から、

このようなシステムを導入しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要約しますと

書籍とAmazonギフト券以外の商品では、

配送先1件あたりの注文金額が

2,000円以下の場合、

350円の配送料が加算されます。

 

 

これは、FBAを含めた

Amazon.co.jpが発送する商品すべてに

適用されるルールです。

 

 

では、このルール変更が

単価の低い食品せどりに、

どのように影響するのでしょうか。

 

 

そう、1商品当たりの

負担が大きくなり商品価格に対して

値段の負担が大きくなっていきます。

 

 

FBAで多少金額の上乗せが

あったとしても、

それをなかったかのように、

売れていく商品もあります。

 

 

ただ、現状では

どうしても売れにくくなる商品が

出てしまうのは事実ですので、

『少量でのテスト仕入れ』。

 

 

これは必ずあなたの

経営のためにも行ってください。

 

 

テスト仕入れで特に問題なく売れることが

確認できるようになりましたら、

徐々に仕入れ数を増やしくことが

求められます。

 

 

なお、テスト仕入れの期間は、

利益は度外視で進めましょう。

 

 

少量の仕入れですと

自宅に発送される際の送料が

大きな負担となり、

利益が生まれなくなるケースが

ほとんどです。

 

 

4-2.要期限管理商品マニュアル

 

食品をはじめとした

賞味期限(使用期限)がある商品は、

Amazonでは「要期限管理商品」と

呼ばれています。

 

 

こういった要期限管理商品を

扱う際のルールは

かなり細かく設定されており

まとめたマニュアルが

Amazonから公式に公開されています。

 

 

こちらからそれの確認ができます。

要期限管理商品 FBA実践マニュアル

 

 

食品を仕入れる場合も、

そのあと食品をFBA倉庫へ

納品する場合も、

まずはこのマニュアルに記載されている

ルールをしっかりと

守っていれば問題は絶対に発生しません。

 

 

まずはこのマニュアルを

完璧に理解できるまで

繰り返し読んでみてください。

 

 

マニュアルを何度読んでも

疑問が解消できないようでしたら

テクニカルサポートへ連絡をして、

しっかりと疑問を解消してから

作業を進めるようにしてください。

 

 

あなたの勝手な判断で

作業を進めてしまうと、

後になって大きな失敗を

招くことになりかねません。

 

 

ここで大切なのは

あくまでもAmazonに確認することです。

 

 

Amazonのルールは、

常にルール改定が行われているため、

私たちが覚えている知識や、

ブログなどでネット上で

公開されている情報が

今適用されるとは限りません。

 

 

いつの間にかAmazonのルール改定が

行われていることも

少なくありません。

 

 

ですから、

少しでもAmazonのルールに関して

気になることがあればAmazonに

直接確認する

というのが間違いない選択となります。

 

 

5.食品せどりの価格設定

 

 

 

 

 

 

 

 

しつこいようですが

薄利多売が基本の食品せどりでは、

価格設定によって

利益が大きく変わってきます。

 

 

まずはFBAを利用して販売することは

最低条件と言い切っておきます。

 

 

FBAを利用することで生まれる

その優位性を余すことなく活用し、

自己発送組よりも

金額を上乗せして販売する。

 

 

この「上乗せ」の2文字。

ここが食品せどりでは

非常に重要になってきます。

 

 

もし、この上乗せした金額で

カートを取得できないのであれば

少しずつ少しずつ価格を下げていき、

カートが取得できるちょうどの金額を

突き止めます。

 

 

カートを取得できないからと言って、

一気に価格を下げるのは

あなたの首を自分で占めるだけです。

 

 

10円程ぐらいで

少しずつ価格を下げていきます。

 

 

強気の価格設定で

食品せどりはいきましょう。

本来なら、1,000円で

売れる商品だとしても、

ライバルの誰かが

弱気になり700円で

出品してしまった瞬間、

それがその商品を相場になってしまう。

 

 

これが食品せどりの

よくあるパターンです。

 

 

他のセラーも700円に

価格を合わせてきたり、

少しずつ合わせて価格を下げて行きます。

 

 

1,000円以上に戻ることは、

まずないでしょう。

 

 

単価の低い食品せどりにおいて、

この差額はかなり致命的な金額です。

 

このことから

「みんな一気に共倒れに

なる可能性が高い」と

言っておきます。

 

 

単価の低い商品は

「利益を最大化する」ことが

販売ビジネスにおける鉄板戦術です。

 

 

6.メーカーからのクレーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食品をリサーチしていると

「メーカー1社だけが出品している商品」を多く目にするかと思います。

 

そういった商品を見た際

「メーカー1社だけということは、

同じ商品を出品をしたら

クレームが来るんじゃないの…」

と思うかもしれませんが、

実はこればかりは実際に出品してみないと

分からないようになっています。

 

 

万が一メーカーから

クレームが来たとしても、

すぐに出品を取り下げてしまえば、

それ以上に追求されることはありません。

 

 

出品を取り下げた商品は、

Amazonでは絶対に出品できないので

ヤフオク・メルカリなど

他の販路で販売するか、

最悪の場合

自分で消費してしまいましょう。

 

 

とはいえ食品は

メーカーからクレームが来るケースは

かなり珍しい印象です。

 

 

7.食品せどりに使う商品の仕入れ先

 

 

 

 

 

・楽天

・Yahooショッピング

・公式通販サイト

・Amazon

・ディスカウントショップ

・卸問屋

 

 

それぞれ特徴がありますので

1つずつ見ていきましょう。

 

 

7-1.楽天、Yahooショッピング

 

「モノサーチ」という

拡張機能をインストールしておくことで、

Amazonの商品ページにアクセスすると

楽天とYahooショッピングのサイトが

常に表示されるようになります。

 

 

ここで表示されたショップの中で、

一番安いショップを選んで

基本的には商品を購入していきます。

 

 

ここで注意すべきポイントは送料です。

食品は単価が低いため、

仕入れをする際に必ず発生する送料を

どれだけ抑えることができるかも、

利益のためには

大きなポイントとなってきます。

 

 

7-2.公式通販サイト

 

商品によりますが

Yahooショッピングなどの

ECサイトでは扱っておらず

自社の公式通販サイトだけで

販売している商品も

少なからず存在します。

 

 

もし、楽天やYahooショッピングで

見つからない商品を発見した場合は、

 

 

(商品名) 通販

(メーカー名) 通販

というワードを検索窓に

打ち込んでみましょう。

 

 

7-3.Amazon

 

食品せどりでも、

商品をAmazonから

直接仕入れる方法があります。

 

 

いわゆるAmazon刈り取り

という手法です。

 

 

ただ、

Yahooショッピングや楽天の場合は

各サイトのポイントが大きく貯まるため、

可能な限りポイントが貯まるサイトから

仕入れを行ってください。

 

 

7-4.ディスカウントショップ

 

ドン・キホーテなどでは

大量に仕入れていますので

特にトレンドせどりの場合に

効力を発揮します。

 

 

とはいえ店舗せどりですので

電脳以上に仕入れられることは

ほぼないと思っておいてください。

 

 

7-5.卸問屋・メーカー

 

食品のなかでも

特にお菓子などのジャンルでは

卸問屋から圧倒的に大量に

仕入れることも可能になっています。

 

 

これに関しては

こちらの記事をご覧ください。

 

 

 

8.食品のトレンドせどり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トレンドを取り入れて

稼ぐ方法とはいうのは、

食品せどりに限らず、

せどりでは王道の手法ですよね。

 

 

テレビで紹介された商品に

一時的とはいえ爆発的な需要が発生し

Amazonの在庫切れ、

残り少ない在庫にはプレミア価格がつく、

という流れはせどりをしているのでしたら

一度は目の当たりにしたことが

あるのではないでしょうか?

 

 

タイミングさえしっかりかみ合えば、

1商品で10万円以上稼ぐことも

珍しくありません。

 

 

特にこのトレンドせどりは

食品せどりはよく発生しますので

ポイントを押さえておきましょう。

 

 

8-1.影響力が高い芸能人が取り上げた商品を狙う

 

トレンドせどりで

一番の定番となる方法が、

テレビなどのメディアで

紹介された商品を

ピンポイントに狙うという方法です。

 

 

今日では、

Facebook、TwitterといったSNSの

影響力は日増しに大きくなっていますが

それでもテレビの力は侮れません。

 

 

その中でも、

特に動きに目を配りたいのが

ずばりマツコ・デラックスです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

辛口のコメントが多いことなどから

人気を博していますが

逆に彼女がテレビで賞賛した食品は、

高確率で一気に需要が増し

プレミア価格になる傾向があります。

 

 

その経済効果は8億円とまで

言われているほどです。

 

 

8-2.Googleで検索をする

 

あまり知られていない機能ですが、

Googleでは

そのサイトがいつ更新されたのか

期間を指定しての検索が

可能になっています。

 

 

つまり、商品名を検索するときに

24時間以内や

1週間以内と指定することで、

その期間内に更新された

最新の情報だけを表示させ、

大きく最近の動向が

伺えるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この方法で

自分がトレンドと認識したものが

本当にそうなのか確認できます。

 

 

他にはYahoo!のリアルタイム検索も

有用ですね。

リアルタイム検索は

TwitterやFacebookで

流れている最新の情報を

一括で検索することができる

非常に便利なツールです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで注目すべきはツイートの数です。

たくさんツイートされていれば、

それだけ需要の高さが分かりますし、

逆にツイートの数が少ないようでしたら、

ほんの一時的な需要というように

想像がつきます。

 

 

需要が急激に上がったからといって、

思考停止でその商品に手を出すのは

非常に危険ですのでよく調べましょう。

 

 

9.食品せどり利益上乗せ術

 

 

 

 

 

 

 

9-1.ポイントサイトの活用

 

食品せどりの仕入れ先のメインは

あくまでも楽天とYahooショッピング。

 

 

この2つです。

この2つのショップから仕入れる際は

各種ポイントサイトを経由してから、

商品を仕入れることだけは

忘れずに実践しましょう。

 

 

食品せどりが波に乗ってくると、

気付けば1回の仕入れで

10万円以上商品を仕入れることも

多くなってくるはずです。

 

 

それだけ多額に仕入れをするとなると、

獲得できるポイントも膨れ上がり、

ポイントを多く獲得できたその分だけ、

利益も上乗せにそのままなります。

 

 

経由する候補となるポイントサイトは

複数あることにはありますが、

複数のサイトを使いまわしていては

無駄に手間がかかってしまい

わりに合わないので、

一番有名なサイトであるハピタスを

集中的に使っていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

9-2.各ネットショップのポイントを最大限に獲得

 

楽天、Yahooショッピングでは、

ポイント獲得の大きな手助けとなる

各種イベントへの参加や、

クレジットカード、

モバイルアプリを活用など、

様々なポイントの

追加獲得方法があります。

 

 

詳細につきましては

楽天はこちらを、

Yahoo!ショッピングはこちら

それぞれ参考にしてください。

 

 

まとめ

 

ここまで各種食品せどりの

ノウハウについて余すことなく

お伝えしてきましたが

いかがでしたでしょうか。

 

 

食品せどりのリサーチは

数あるせどりのなかでも決して

難しいものではありません。

 

 

ただ賞味期限の存在など、

一般的なせどりよりも注意すべき点が

あるのは紛れもない事実です。

 

 

その点だけは気を付け、

自分だけの食品せどりの

掘り出し物を見つけてみてください。

 

 

 

 

 

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ