せどりを含め

副業である程度稼ぐと

避けては通れないのが

確定申告です。

 

 

行うメリットなどは

こちらの記事でご紹介しましたので

今度はもししなかったらどうなるのか、や

具体的な方法について

お話していきます。

 

 

1.確定申告は利益がいくらから必要か

 

 

 

 

冒頭の「ある程度」が

いくらなのか結論から

申し上げましょう。

 

 

せどり含め

副業の確定申告しなければならないのは

20万円より多く所得を稼いだ場合です。

 

 

アルバイトやパートのかたちでの

副業をした場合には、

収入の合計が年20万円以下の場合なら

確定申告の必要がないのですが

せどりの場合はやや特殊です。

 

 

アルバイトやパート以外の副業である

せどりは1年間の『所得』が

20万円以下なのであれば

確定申告をする必要がありません。

 

 

ここで混乱してきてませんか?

 

 

『収入』と『所得』は意味が

全く異なります。

 

 

せどりで注意すべきなのは

あくまでも『所得』です。

 

 

ここで意味を確認しておくと

所得とは売上から経費を引いた金額のことです。

 

 

せどりの所得の計算方法は

売上ー経費(消耗品、ガソリン代、光熱費など)

 

 

せどりをしているのでしたら

どんな形でも

必ず経費が発生します。

 

 

売上や経費の数字の具体例を出して

噛み砕いていきましょう。

 

 

1-1.売上の算出例①

 

例えばあなたに

100万円の売上が発生したとき

商品仕入れの経費がもろもろ含めて

90万円だったとしましょう。

 

 

この時の差し引きは10万円ですので

20万円を下回っているため

確定申告しなくても良いです。

 

 

1-2.売上の算出例②

 

では売上は100万のままですが、

経費が70万円ですと

差し引き30万円の所得がありますよね。

 

 

この場合は確定申告しなければなりません。

 

 

このように、せどりをしているのでしたら

売上と経費をきちんと把握して、

最終的に確定申告を必ずしなければなりません。

 

 

なお経費を正しく申告しなかった場合、

のちに売上分の納税を求められることもありますので

細心の注意を払いましょう。

 

 

1-3.副業で20万円以下の所得の方の確定申告

 

これはずばり

各個人の判断に委ねられます。

 

 

20万円以下でも確定申告をした方が

経費との兼ね合いから

むしろお得になるケースもあるため、

自分が該当するか否かは

年度末が近くなったら

きちんと調べておきましょう。

 

 

例えば、損失を繰り越すことができることもあれば

税金の還付を受領できたり、

医療費控除がある場合には

確定申告が求められます。

 

 

1-4.専業でせどりをなさっている方の確定申告

 

個人事業主ので専業でせどりをしている場合、

所得が38万円以上になると

確定申告をしなければなりません。

 

 

専業でせどりをしているのならば

所得38万円はいきますね。

 

 

2.確定申告しないデメリット

 

せどりに限った話ではありませんが

副業をして稼ぐのはいいけど

確定申告は

「難しそう」「面倒なんじゃ」

というイメージが先行していたり

純粋に納税が嫌だったり…

 

 

気持ちは痛いほど

よくわかりますので

せどりをするのでしたら

確定申告を絶対にサボることだけは

しないでください。

 

 

確定申告をサボっていると、

まずは税務署から、

社会的信用に大きな傷がついてしまいます。

 

 

最悪の場合

前科持ちになりかねません。

 

 

このように確定申告をしなかった場合の

ペナルティは追課税の比でない

非常に重いものになることもありますので

大きな損になることもあります。

 

 

ちなみに

分割払いにした場合ですが

金利が消費者金融並みに高いですので

迂闊にできるものでもありません。

 

 

また、せどりが副業か専業かは関係なく

「確定申告について知らなかった」

という言い訳は通用しませんので

素直に年度末になりましたら

準備のために動きだしましょう。

 

 

より具体的に見ていきましょう。

 

 

2-1.公的に副業していないことになる

 

せどりをしているのに

確定申告を行わないというのは

「副業で得た所得を申告していない」状態になります。

 

 

これは、

所得逃れ、つまり違法であると同時に

せどりをしている社会的な根拠・資格はなくなります。

 

 

これの問題点は

赤字になっている時が問題になります。

 

 

もし、あなたがせどりで赤字の場合、

例えば本業の収入と

副業の赤字部分を合算すれば

繰り越す、という選択肢が生まれます。

 

 

つまり損失していても、

納税金額を大幅に減らせるのです。

 

 

特にせどりは仕入れのタイミングと

売れるタイミングに時間差がありますので

一時的に、赤字が発生することもあり

これを利用する機会は意外とあります。

 

 

2-2.経費の有効活用ができない

 

確定申告をサボると

せどりをしていない事になりますので

経費にできる根拠を失ってしまい、

「副業しているが故に損をしている」

になりますので注意しましょう”

 

 

せどりをするのでしたら、

家賃以外にも

 

 

・仕入れ代金

・配送料やFBA利用料金

・段ボール等の消耗品

・パソコンなどのオフィス製品

 

 

などを経費として扱うことができ、

確定申告の際に

この経費を売上の一部と相殺して処理できます。

 

 

経費を処理した結果として、

課税される所得額が減る上に、

払うべき税金を減らせる可能性があるにも関わらず、

確定申告をしなければ

更に損をするはめになります。

 

 

確定申告すれば所得に対し、

課税されていまいますが、

せどりは経費が大きくなりがちなビジネスです。

 

 

確定申告を行うほうが

トータルで見たときにはお得になりやすい

と言えます。

 

 

2-3.追課税の大きさ

 

副業でせどりをしており

確定申告をしなければならないのに、

確定申告をしていないのは

法的な問題としては脱税になります。

 

 

もちろん、脱税として

突然逮捕状を持った警察官が

自宅に押し寄せるわけではありませんが、

ペナルティは間違いなく

課されます。

 

 

多くの場合、

金利上乗せで

お金を払わなければなりません。

 

 

頑張ってせどりで稼いだのに、

それをみすみす失うなんて

避けたいですね。

 

 

きちんと確定申告をすることが

稼ぐ人間のあるべき姿勢です。

 

 

確定申告しないと

すぐにはバレなくても

税務調査によって

いつか絶対にバレます

 

 

それまで支払っていなかった分も

きちんと支払った上で、

追加で税金を求められ

積み重なるととんでもない額が

追加の課税対象になってしまいます。

 

 

その追課税ですが

・重加算税

・無申告加算税

・延滞税

と呼ばれるものたちです。

 

 

3.具体的な確定申告の方法

 

 

 

 

 

前章では確定申告しないと

どうなってしまうのか

少々脅すようになってしまいましたね。

 

 

年度末になってから

慌てないようにするためには

記帳を丁寧にしておくことが

最も大切なことです。

 

 

基本的な流れにしか触れることはできませんが、

万一困った時は、

税務署に問い合わせれば

意外と丁寧に教えてくれますし、

サポートが至れり尽くせりの

クラウドソフトもありますので

ご安心ください。

 

 

なお前提として

作業が複雑ながらも

最大白色申告に比べて

最大65万円の控除がある、

青色申告の利用とします。

 

 

3-1.年度初めには帳簿を付ける準備を

 

帳簿をつける方法は

2つしか選択肢がありません。

 

 

・独力で作成できる簡易簿記(最大10万円控除)

・会計ソフトによる複式簿記(最大65万円控除)

このどちらかです。

 

 

会計ソフトを使わなければ

複式簿記は非常に作成が難しいですが、

会計ソフトさえ使えれば、

複式簿記でも常日頃

取引金額などを入力していくだけで

複式簿記による青色申告に

必要な資料を揃えることが可能です。

 

 

クラウド会計と呼ばれるものを

使っていれば間違いはないですね。

 

 

3-2.経費の種類を減らす

 

せどりで確定申告をする時に、

ある程度知っていないと

科目の計算がまずできず、

恐らく混乱してしまうでしょう。

 

※科目:経費の種類のこと。

    例)旅費交通費、消耗品費

 

 

そのため、

申告時に必要となる経費の科目は

最低でも勉強しましょう。

 

 

また、正しい経費の知識があることで

帳簿上でもきちんとした処理が

自分でもできるようになります。

 

 

実際確かに会計ソフトを使ってしまえば、

自動で仕分けができてしまううえに、

クレジットカードとも連携できるのですが、

最初の設定の時などに最低限の知識が

求められますので

勉強しておいて損はありません。

 

 

3-3.1年間記帳をしっかり続ける

 

年始に帳簿が準備できたら、

あとは1年間のお金の出入りを

ひたすら忘れずに記帳し続けるだけです。

 

 

しかし、帳簿に記入以外にも

様々な場所から商品を仕入れ、

それに膨大なお金が使われ、

同時に各種経費も発生します。

 

 

毎日の記帳業務は、

正直負担が大きいでしょう。

 

 

副業の場合なら

自動的に記帳してくれる会計ソフトの

『マネーフォワード』を使い、

時間短縮してしまってください。

 

 

 

 

 

 

記帳をやっているイメージの強い

店長や社長といったポストにある方が、

やりすぎるのはナンセンスですね。

 

 

独立して専業の方は、

一般企業なら店長や社長にあたります。

 

 

ここまでこうは言いましたが

どんな方法であっても、

コツコツずっと続けられるやり方が

あるのでしたら

それが一番であるのは

言うまでもありません。

 

 

4.せどりに関する確定申告に多い疑問

 

4-1.仕入れ代は経費になる?

 

経費として計上は残念ながらできません。

売掛金としてなら大丈夫です。

 

 

※売掛金:代金を受け取ることができる権利のこと。

                    後でお金が受け取れる権利として

                 「資産」の項目で計上します。

 

 

4-2.領収書の代わりになるものはある?

 

出金伝票が代わりに

一応なります。

 

 

 

 

 

 

一度は見たことありますよね?

ただし何度もこれを提出していると

税務署から警告を受けますので

最後の防波堤程度に考えておいてください。

 

 

4-3.消費税の回避方法は何かないの?

 

売上が1000万を超えると

消費税が発生します。

 

 

ただし個人事業主届を提出してから2年、

更に法人化すれば2年免除期間があります。

 

 

4-4.FBAの科目はなに?

 

僕は支払い手数料に含んでいますが、

外注工賃でも良いそうです。

 

 

まとめ

 

確定申告、やはり覚えることが

多いですね。

 

 

とはいえ税務署職員などに

聞けばちゃんと答えてくれるので

そこまで気負わないでください。

 

 

確定申告によってメリットが発生することがあり、

隠してもいつかはバレるものです。

 

 

経営者として

しっかり毎年度準備を行い、

確定申告を心がけましょう。

 

 

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ