中国輸入ビジネスをしていくにあたって

不良品を出さないようにするのは

とても大切なことです。

 

 

不良品を仕入れてしまうと

販売することができないため

非常に勿体ないです。

 

 

今回は不良品を仕入れないように

するために気を付けておくべき点を

解説します。

 

 

1.中国輸入で気を付けるべき点

 

トラブルを避けるためにも

不良品を仕入れないようにも

注意すべき商品を

4つ紹介します。

 

 

1-1.アパレル商品

 

糸のほつれが多く、

クレームの対象になりやすい

激安商品は

仕入れないようにしましょう。

 

 

ただ、どうしても仕入れたい場合は

Amazonのレビューを参考にしてください。

 

 

品質の良い商品と悪い商品では

Amazonの商品レビューの内容が

まったく違うのですぐに判断できます。

 

 

1-2.家電商品

 

中国の家電商品は

極端な例では

爆発した商品があるくらい

つくりが非常に雑です。

 

 

万が一販売した商品が爆発してしまうと

お客様が怪我をしかねません。

 

 

その場合、その商品を仕入れたあなたが

責任を取る必要があります。

 

 

代行会社はあくまで

買い付けの代行に

過ぎません。

 

 

商品を1つ1つ細かくチェックしてくれることは

ないので家電商品の仕入れは避けた方がいいでしょう。

 

 

1-3.LED商品

 

LED商品は不良品の割合が

極めて高いです。

 

 

例え使用できたとしても1~2日で

点灯しなくなる商品が多いです。

 

 

仕入れる時にはショップの評価を

しっかり確認してから仕入れましょう。

 

 

1-4.プラスチック商品

 

 

中国では商品を発送する時に

普通に発送物を投げたりするので

日本に到着する頃にはダンボールが

ボロボロになっていることがあります。

 

 

これに加えて、中国のプラスチック商品は

非常に割れやすいです。

 

 

全てに当てはまるわけではありませんが

日本のプラスチック商品と比べると

比較的割れやすいです。

 

 

届いた時に商品が割れていると

勿論販売ができないので

なるべく仕入れは避けましょう。

 

 

 

まとめ

 

 

不良品を仕入れてしまうと

非常に勿体ないですし、

もし気づかず販売してしまうとクレームや

お客様とのトラブルに発展しかねません。

 

 

不良品の仕入れを避けるためにも

購入の際は必ずショップの評価や

商品レビューを

見てから仕入れるようにしましょう。

 

 

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ