今、インボイス制度が

個人事業主の間で話題です。

 

 

消費税増税・軽減税率導入に伴い、

まだあまり知られませんが、

2023年10月から導入される

「インボイス制度」により、

個人事業者や

中小企業には大きな影響があります。

 

 

そのためにも今から制度を理解して、

早期に準備をしていきましょう。

 

 

1.インボイス制度について

 

 

 

 

そもそも従来の消費税は、

売り上げ分の消費税から

仕入れ・経費分の消費税

を差し引き納税額を計算します。

 

 

当然ですが、

仕入れ・経費の消費税が引けないと、

消費税の納税額は大きくなります。

 

 

2019年10月からは消費税増税の一環で

課税区分が8%と10%に分かれます。

 

 

これにより消費税の

計算方法が分れることにより、

請求書保存方式から

インボイス方式へ変更されます。

 

 

インボイス制度=適格請求書等保存方式

 

 

従来は「仕入れ・経費」

請求等保存方式だったのですが、

インボイス方式では、

プラス「どこから仕入れたか」

が重要で適格請求書等保存方式に

変わりました。

 

 

仕入れ・経費に関わる仕入れ先が

課税事業者が登録できる

事業者登録番号を持っていないと

適格請求書が発行できません。

 

 

だから適格請求書がないと消費税の

納税額から消費税を差し引くことができません。

 

 

例えば従来であれば

売上分の消費税100万円

仕入れ・経費分の消費税80万円

納税額20万円

になりますが。

インボイス式では適格請求書がないと

自分で消費税100万円を支払わなければ

ならないということです。

(※免税事業者は必要ありません。)

 

 

インボイス制度をしっかり理解し、

対策を行って行きましょう。

 

 

2.インボイス制度の導入時期について

 

小企業庁が発行する

「消費税軽減税率まるわかりBOOK」

にインボイス制度への

移行スケジュールが載っています。

 

 

 

 

消費税が10%になる、

2019年10月からは

区分記載請求書等保存方式になります。

 

 

2023年10月からはインボイス制度になります。

 

 

適格請求書発行事業者の登録申請は

2021年10月1日からの予定。

 

 

まだ先の話ですが、

事前にスケジュールの把握をしておきましょう。

 

 

3.インボイス制度の事前準備

 

インボイス制度がはじめると

課税業者は、仕入れ・外注・経費など、

取引先が事業者登録を行っているか

いないかで取引を考えないといけません。

 

 

要は消費税を、

払うか払わないかの大きな問題だからです。

 

 

また逆に、外注や委託を受けている

事業者は課税業者登録をするしないを

決めなければなりません。

 

 

課税者事業者登録が無い場合、

取引先との今後の関係が

変わるかもしれません。

 

 

ここではインボイス制度がはじまる前に、

取り組むことをまとめました。

 

 

3-1. 免税業者が選ぶ選択

 

インボイス制度がはじまると、

免税事業者が取れる選択視として、

 

 

・免税事業者のままいる

・売上は変わらなくても消費税の

   課税事業者になり、消費税の納税をする

・売上を増大させて課税事業になる

 

 

方法があります。

 

 

まだ時間があるうちに事業の方向性を

決めて行きましょう。

 

 

3-2. 課税業者の選択

 

課税事業者は選択に迷うことなく、

2021年10月1日からの予定の

適格請求書発行事業者の登録申請を

行いましょう。

 

 

3-3. 請求書、領収書について

 

適格請求の準備が必要です。

事業者は消費税10%・8%の

複数税率への対応が求められます。

領収書・請求書に、2つの税率ごとに、

合計額を分けて記載するように

しなければなりません。

帳簿も同じように保存しておきましょう。

 

 

3-4.古物取引申請を取るメリット

 

消費税に関するインボイス制度は、

一般消費者には関係ありません。

 

 

現状、個人から商品の仕入れを

行っている人は制度が変われば

自分が消費税を払わなければなりせん。

 

 

実は、例外規定があります。

それは、古物営業、質屋又は宅地建物取引業を

営む事業者の売却目的での仕入れについては、

今までどおり免税事業者や個人消費者からの

買い取りについても消費税の控除が可能,

というものです。

 

 

個人取引が多い人は、

今のうちに古物商許可申請を

しておきましょう。

これを取得するメリットは大きいです。

 

 

まとめ

 

・2023年10月から導入される

「インボイス制度」により、

個人事業者や中小企業には大きな影響が

あるため制度をしっかり理解しましょう。

 

 

・インボイス制度の導入時期の把握をし

事前準備ができることはしておきましょう。

 

 

・インボイス制度がはじまる前に

課税事業になるのか免税業者の

ままでいるのか

メリット・デメリットを考慮して

事業の方向性を決めて行きましょう。

 

 

実は消費税増税よりもおそろしい、

インボイス制度の仕組み。

1000万円以下の事業者や副業の方は、

かなり厳しい制度になりそうです。

 

 

制度の内容をしっかり把握し

必要な対策をしていき

制度実施後も事業をできるように

今のうちから取り組んで行きましょう。

 

 

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ