楽天スーパーポイントをしっかり貯めるためのポイント

ご紹介し、貯めた『楽天ポイント』には

使い方にも有効な

多くの選択肢が存在します。

 

それを今回は

見ていきましょう。

 

 

①楽天証券で投資信託を買う・積み立てする

 

  

 

楽天証券では投資信託を販売しており、

楽天スーパーポイントを使っての購入や積立も

可能となっています。

 

2017年8月からサービス開始された、

サービスです。

 

もちろん投資信託なので、

元本割れする可能性も孕んでいますが、

逆に1ポイントあたりの価値が

1円以上になることもあります。

 

ポイントを実質的に現金化できるということも

オススメできる理由の一つです。

 

 

②楽天ふるさと納税でポイントを使う

 

 

楽天スーパーポイントは、

楽天ふるさと納税でも使用可能です。

 

ふるさと納税の節税メリットを活かしつつ、

ポイントを貯めたり使ったりできることが

楽天ふるさと納税の大きなメリットです。

 

ポイントを使った分も

寄付金控除の対象になりますので、

こちらも投資信託と同じように

楽天スーパーポイントの実質的な現金化です。

 

12月は申込が多くなりますので、

余裕を見て早めに特典探しをすると、

良いでしょう。

 

 

③ラクマで使う

 

楽天のフリマアプリラクマ(旧フリマ)では、

購入代金の支払いに楽天スーパーポイントが使えます。

 

 

ラクマは個人が出品しているため、

楽天市場では買えないようなものも

入手することもできます。

 

 

④楽天ペイの支払い代金の一部に使う

 

ポイントを貯める方法でもご紹介した楽天ペイ、

もちろん支払いのときにも楽天スーパーポイントが使えます。

 

楽天ペイで決済するときに楽天スーパーポイントを

使う設定にしておけば、支払うときに自動的に

楽天スーパーポイントを使ってくれます。

 

 

⑤楽天ポイントカードに対応したお店で使う

 

加盟店で楽天ポイントカードを提示して買い物すれば、

楽天スーパーポイントを使うこともできます。

 

ミスタードーナツやマクドナルドなどの

身近なお店で使えますので、

ポイントの使用期限が来てしまい

無駄にすることが減ります。

 

 

⑥楽天Edyのチャージに使う

 

電子マネーの楽天Edyにチャージにもできます。

 

また、毎月キャンペーンが開催されていて、

その時期に楽天スーパーポイントから

楽天Edyにチャージすることで、

チャージした金額の2%分

Edyがプレゼントされます

 

 

毎月エントリーが必要になってくるので

気を付けましょう。

 

 

⑦ANAマイルに交換

 

2ポイント=1マイルの

レートで交換が可能です。

 

使い方によっては

1マイルが2円以上相当に

なることもあります。

 

 

⑧楽天ブックスでの購入

 

個人で読む本はもちろん、

仕入れに使うのもいいでしょう。

 

 

⑨楽天トラベルやレンタカーでの使用

 

会員ステージによって

1回あたりに使えるポイントが違うことにだけ

注意すれば、一気に大量消費できます。

 

ダイヤモンド会員:500,000ポイント

その他の会員:300,000ポイント

 

⑩商品券に交換

 

 

実は楽天スーパーポイントは

一般ポイント:最終獲得の月末から11ヶ月内

期間限定ポイント:獲得から40~45日内

という有効期限が決まっています。

 

その期間内に消費が難しそうであれば

各種金券に楽天市場で交換するのも

手の一つです。

 

ただし定価以上に設定されているので、

レートは下がります。

 

本当に奥の手として使いましょう。

 

 

まとめ

 

楽天市場で使う以外にも

多くの使用方法がありましたね。

 

ものによっては更なる得ができますので、

有効に活用していきましょう。

 

 

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ