【Amazon万能サービス】マルチチャネルサービスってなに?

概要を説明したFBAの管理方法を

ここではご紹介させていただきます。

 

 

まずセラーセントラル内にあるレポート、

フルフィルメントをクリックしてください。

 

 

 

次に左に表示されるメニューバーの中から
『在庫』→『在庫スナップショット』→『ダウンロード』と選択。

 

 

 

ここでレポート期間の開始と

終了を同じ任意の日付にしてください。

例えば4月30日なら

開始と終了、どちらも4月30日を選択します。

ちなみにそれが前日ならば、前日の項からも同じことができます。

 

 

在庫スナップショットを

月次にすることでも
チェックができるようになります。

 

※どちらの方法も対象とする日から

 日付が変わっていなければなりません。

 例えば4月末の棚卸でしたら5月1日以降に確認可能です。

 

 

ここでダウンロードしたものを
ExcelまたはGoogleスプレッドシートで開きます。

下図のようになった成功です。

 

 

しかしこれでは

不具合が発生する可能性があります。

 

というのも商品によっては

 

・複数の倉庫に在庫が分散

・カスタマーによる損傷などが

 原因の販売不可商品を別にカウント

 

が起こってしまうからです。

 

これらを理由として、
表の上で商品が重複してしまっていることがあるのです。

 

そのため
SKUや商品名で改めて整理していきます。

 

なおその後は
日付・FNSKU・

出品者SKU・FC(配送センター)などは不要なので
削除しても問題はありません。

 

 

すると表は以下のようになっているはずです。
自社発送在庫を忘れず追加しておきましょう。

 

 

 

ここに

『単価』と『合計』の項目を追加しましょう。

在庫の合計金額算出のためです。

 

 

このとき

単価は手入力し、

合計は関数で計算しましょう。

例えばこの場合は

これで仕入れ単価ベースが292,410円とわかります。

 

 

テクニック

 

膨大なSKUを扱う都合上、

単価の手入力にも
かなりの時間が必要となってきます。

出品者SKUに

仕入れ単価を含ませ、

棚卸データ作成に
結果を出すという方法はとれなくもありません。

 

ですが単価は随時変動するので

正確な額把握のために

毎月の手入力をオススメします。

 

海外仕入れの仕入れ単価は

為替レートによって変動してしまいます。

仕入れ当時のレートで計算を統一していきましょう。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

冒棚卸は税務処理としてはもちろん、
回転が悪くなっている在庫の対処にも繋がります。

ぜひとも定期的に行っていきましょう。

 

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ