プレミアム価格がつく定番といえば、

人気で手に入りにくい新製品や

もう手に入れられない廃盤商品です。

 

 

新商品は話題になるので簡単に

見つかりますが、

廃盤商品はなかなか見つからない

というような状況になていないでしょうか。

 

 

廃盤商品を見つけるためには、

コツがあります。

 

 

今回はそんな廃盤商品を

リサーチする時に役立つ

ポイントを解説していきます。

 

1.なぜ廃盤商品がプレ値になるのか

 


 

まずなぜ廃盤商品は、

古い商品なのに高値になっても

売れるのかについてお話しします。

 

 

高値で売れる廃盤商品には

高値で売れるちゃんとした

理由があります。

 

 

・後続の新しい商品が出ていないから

それを使うしかない

・後続の商品には

同じ機能・性能がない

・その商品をずっと使っていたから

同じものを使いたい

・他に適合する商品がない

(専用フィルターなど)

・これから先なくなるから、

今のうちに買っておきたい

 

 

このような理由があります。

 

 

需要があるにもかかわらず、

供給がなくなるという

不安定な状態が、

廃盤商品=プレ値という状況を

生み出しています。

 

 

2.廃盤商品が全てプレ値になるわけではない

 

全ての廃盤商品が、

プレ値になるとは限らないです。

 

 

廃盤商品に需要があるからこそ、

プレ値になるのです。

 

廃盤商品を仕入れたけれども

失敗をしてしまう方は、

この需要に関する部分を

理解、確認していない方が多いはずです。

 

メーカーが商品を廃盤にする理由は、

主に2つあります。

 

それは、商品をリニューアルして

リフレッシュして新商品を出したいから、

売れていないから製造を中止するため、

といった理由です。

 

1つめの場合は、

新しい商品が出たとしても、

旧商品の需要があれば

廃盤品でも売れていきます。

 

問題は、2つ目の売れ行きが

理由で商品の製造が中止になった

製品です。

 

もともと売れていなかった

商品であるため、

市場には廃盤商品が

たくさん残っている可能性が高いです。

 

売れてない商品だからこそ、

在庫をなくすために

製品の値下げが行われます。

 

どこでも安く販売している商品は、

もちろん利益が出しにくいです。

 

そのため、

廃盤商品を仕入れる際には

この廃盤商品になった理由を

リサーチすることが

非常に重要になります。

 

3.廃盤商品を探す方法

 


 

次に、廃盤商品を探していく

方法について解説をしていきます。

 

3-1.Google検索を使って廃盤商品を探す

 


 

Google検索で廃盤商品を探す場合は、

 

・商品名 生産終了

・メーカー名 生産終了

 

などを検索ワードにして、

検索してみましょう。

 

商品名やメーカー名を

入れて検索することによって、

メーカーのHPに

生産終了商品のページがある場合は、

検索結果で出てくるページに

そのページが表示される可能性があります。

 

生産終了商品が掲載されている

ページさえ見つけることができれば、

そのページ内の商品を

リサーチしていくだけです。

 

メーカーはまだ商品を

生産していたとしても

お店のラインナップから外す、

という意味で廃盤商品に

なっているものもあります。

 

商品名と廃盤商品をキーワードにして

検索をすると、このような商品も

検索でひっかかってしまうので、

注意をしてください。

 

3-2.Amazonの商品ページから確認する

 


 

 

Amazonの商品ページを開いていると、

商品の下の方に、

この商品には新しいモデルがあります

という記載と商品画像が

掲載されている場合があります。

 

 

この商品の新しい

後続モデルがあるということは、

その商品は廃盤商品の可能性が

高いということがわかります。

 

 

3-3.STマークで判断する

 


 

おもちゃではSTマーク

というものがあります。

 

マーク横の数字が製造された

西暦年数です。

 

この数字が古ければ古いほど、

昔に作られた商品であるため、

廃盤商品の可能性が高いです。

 

需要がある商品であれば、

プレ値がついている

可能性が高くなっています。

 

廃盤商品であることがわかったら、

その表品に需要があるかどうかを

しっかり確認するようにしましょう。

 

モノレートなどで売れ行きを判断し、

これまで売れていた商品であれば、

今後も需要が高くプレ値になる

可能性が高くなります。

 

逆に売れていなかった商品は、

テレビやSNSで話題にならない限り、

今後も売れない

可能性の方が高いです。

 

新商品が出た後に

売れ行きが鈍った商品は、

新商品の方が高性能で売れている可能性、

つまり需要がある可能性が高いです。

 

後続商品発売後のモノレートも

忘れずに確認するようにしましょう。

 

まとめ

 

廃盤商品のメリットについて

説明してきましたが、

いかがだったでしょうか。

 

廃盤になった商品は

どんどん見つけることが

難しくなります。

 

仕入れ可能な商品と出会ったら、

すぐに行動に移せるように

準備をしておきましょう。

 

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ