ビジネスレポートや売上トラフィックの見方と活用方法

 

     

 

 

Amazonで販売する以上、ある程度の数字になると管理と把握が必要となってきます。

 

もちろんAmazonではビジネスとして販売する方が大半でしょうから

このようなデータ解析も付属してできるようになっています。

 

ある程度の数字だけでも把握しておきましょう。

 

今回は、セラーセントラルから見ることができるデータ解析について

お伝えしますので、ぜひここだけは覚えておきましょう。

ただ販売しているだけだと・・・。

 

 

冒頭でお伝えした通り Amazonで販売する以上

事業を経営しているのと同じです。

 

もちろん、ただの資産運用としてあぶく銭で物販をやる際には特に

気にする必要はありませんが、ある程度お金を増やして行きたい場合は

この部分を考える必要があります。

 

 

それでは、早速ビジネスレポートを見て見ましょう。

ここでは売上がわかります。

 

まずは Amazonセラーセントラルにログインして、上メニューから、

 

レポート → ビジネスレポート

を選択します。

すると、まずは当日の売り上げがわかります。

この画面の左メニューから細かいデータを分析することができます。

 

今回は、左メニューから「売り上げトラフィック」を選んで見ましょう。

 

 

 

 

 

 

 

・左上の選択で日別・週別・月別

・右上で期間を設定する

 

 

このように期間別に各データを取ることが可能です。

 

表示の仕方がわかったところで実際に項目別にどんな意味があるか見て行きましょう。

 

 

項目ごとの解説

 

・日付・・・日付

・注文商品売り上げ・・・売った値段の合計(手数料は引かれていません)

・注文された商品点数・・・売れた個数

・注文品目総数・・・売れた種類

・品目あたりの平均売上・・・種類に対する平均値

・品目あたりの平均点数・・・種類に対しての個数割合

・平均売価・・・1個あたりの平均売上

・平均出品数・・・在庫数(全個数ではなく種類)

 

とりあえず、セッションとセッション比率以外のご紹介です。

 

基本、読んで字のごとく。ですね。

 

この中で見るべきポイントは自分の平均売価と在庫に対して

どれくらい売れているかという部分です。

 

 

平均売価は単純に売値がわかります。

 

例えば仕入れスタイルや個数はそのまま単価を上げたいという場合

ここを基準にして単価を上げて行けば良いかと思います。

 

また在庫の内、何パーセントが売れているのか。

 

ということですが、あくまでこの画面では在庫の種類数しか出ません。

 

 

これは、

「在庫管理」→「FBA在庫管理」の画面から縦積みした分の

在庫個数まで把握できます・

 

〈何%が売れているか〉

注文品目総数÷平均在庫個数x100%

=在庫に対してどのくらいの割合で売れているか

 

例えば平均1000商品くらいの在庫があり、1日20商品売れていれば

在庫の2%が売れていることになります。

 

一般的には在庫の1〜2%売れているといった状態でしょう。

セッションとは

 

 

セッションというのは、ざっくりと言うと見てくれた訪問者数ということです。

 

持っている商品ページがどれだけ見られたかと考えるのが、

一番簡単かと思います。

 

 

ということは、ッションが明らかに高い方は人気の商品

多数持っているということになります。

 

逆に低い方は全体的に見られにくい人気の少ない商品を

持っていることになります。

 

 

 

このセッションに関しては、特に扱う商品によって、全く違う数字に

なってくるので、せどりの場合はきにする必要はあまりありません、

 

 

自社OEMなどで新規ページを作った場合などは、

商品ごとのセッションを気にする必要はあります。

 

 

 

 

 

注文品目数セッション比率

 

 

ちょっと前のノウハウだと、注文セッション比率は大事だ!

と言われていました。

 

もちろん、把握するに越したことはないのですが、

案外必要ないかと思われます。

 

参考程度に見るくらいで良いと思います。

 

 

〈注文セッション比率の計算方法〉

注文された種類÷セッションx100=注文セッション比率

 

ということになります。

ここが0.3〜0.6%が健全だと言われています。

 

 

ASIN別の詳細ページ売上・トラフィックでは、出品商品別の売上や各商品のデータを確認できます。

親商品と子商品とがありますが、子商品とは色違いなどのバリエーション登録の部分を指します。

 

 

Amazonビジネスレポートで商品の詳細を確認できる項目は以下のようになります。

 

 

 

各項目は、

セッション:商品ページを閲覧した訪問者数

セッションのパーセンテージ:セッション ÷ 出品全商品の合計セッション

ページビュー:商品ページの表示回数

ページビュー率:ページビュー ÷ 出品全商品の合計ページビュー

カートボックス獲得率:商品が閲覧されたときに、カートボックスを獲得した割合

ユニットセッション率:注文された商品数 ÷ セッション

 

なかでもカート獲得率とユニットセッション率は重要です。

 

その商品がどれくらいカートを獲得しているのか?

は、商品の売れ行きに影響していますし、実際に商品が注文された商品を知ることは、

それだけ商品が売れやすいということを表しているからです。

 

売れやすい商品を扱っていると資金繰りも良好になり、

安定した経営には必要不可欠になると思われます。

 

 

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ