BOOKOFFオンラインは

その名の通りBOOKOFFが

ネット上にあるもので、

仕入れ先の選択肢の1つとして

非常に優秀ですが、

実は方法を間違えると

全く商品が見つからない市場でもあります。

 

 

今回は読者の皆さんが

そうならないよう、

BOOKOFFオンラインならではの

リサーチ方法などを

ご紹介したいと思います。

 

 

 

概要

 

 

 

 

BOOKOFFオンラインで扱える商品は、

「書籍」「コミック」「CD」「DVD」「ゲーム」と、

BOOKOFF実店舗と同じですね。

 

 

また扱える商品の状態は、

基本的には中古ですが、

新品の商品も仕入れられることがあります。

 

 

 

リサーチのコツ

 

本日の値下げ情報

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕入れるのに参考になるのが、

「最新入荷リスト」

「本日の値下げ情報」というところです。

赤枠で囲ったところになります。

その名の通りの情報が得られます。

 

 

BOOKOFFオンラインに

登録されたばかりの情報ばかりですので、

利益商品が見つかる可能性が高いです。

 

 

ただここもあなた同様

他のせどらー見ている可能性が高く

狙っていたものが仕入れられたり、

値崩れしてしまうリスクがあります。

 

 

 

お知らせメール

 

BOOKOFFオンラインの

お知らせメールに登録しておくことで

自分が指定した商品が届いたときに

メールがくる仕組みです。

 

 

自己流のAmazonで販売できる、

商品リストを作っておけば、

あなたに商品が届いた時にメールが来るようになり

あとはそれを仕入れするだけで

良くなるわけです。

 

 

BOOKOFFオンラインで会員登録をすると

在庫がない商品に対して

下の写真のような画面が現れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「お知らせメールに追加する」をクリックすれば、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

となりますので

3つの選択肢の中から選び、

登録すれば、

入荷次第、メールが届きます。

 

 

これであなたが探していた、

Amazon定価越え商品が

自然とメールで届くようになります。

これだけで、仕入れがかなり楽になります。

 

 

今回のBOOKOFFオンラインのように

せどりではたくさんの登録をするようになるでしょう。

 

 

登録をしたアドレスには

あなたにとって有益な情報が届きます。

 

 

ただあなたの普段使いのアドレスを使っていると

色々な情報が届いてしまい

収集が付かなくなることが

予想されますので、

せどり専用のアドレスを取得しておきましょう。

 

 

 

とにかく数を撃つ

 

 

 

 

 

 

 

厳しいようですが、

メールなど効率的な方法を知ったからといって

商品を10個程度登録したから

稼げるわけではありません。

 

 

あくまで登録した商品が

入荷されれば仕入れができるだけですから、

登録した商品が10個程度では

すぐに仕入れができるようになるのは

現実的な話ではないでしょう。

 

 

ここで大事になってくるのが、

とにかくたくさんの商品を登録してみることです。

「数うちゃ当たる」の理論ですね。

 

 

10個しか登録しなかった場合と

100個登録した場合とでは

単純にどちらが商品が見つかりやすいか、

明白ですよね?

 

 

とにかくたくさんの登録をしておけば

自ずと商品は見つかるようになってきます。

 

 

少しでも気になったら

登録しておきましょう。

 

 

 

おすすめする商品ジャンル

 

これを間違ってしまうと

利益商品を見つけることが

とても難しくなってしまいます。

 

 

利益が出やすいジャンルを選ぶ時に

ポイントになってくるのが、

ライバルせどらーが少ないジャンルを選ぶことです。

 

 

BOOKOFFオンラインでは、

それが本やCDのなってきます。

 

 

扱うことになるのは、

新品・中古両方ありますので

しっかりと状態を見極め、

検品をしたうえで

販売するようにして下さい。

 

 

 

まとめ

 

BOOKOFFオンラインでの

リサーチ方法を

ご紹介させていただきました。

 

 

まずは時間はかかってしまいますが、

あなた流リストを作り、

リサーチに臨みましょう。

 

 

 

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ