BOOKOFFは仕入れても仕入れても

翌日には新しく仕入れると

おいしい商品が並んでおり、

一度刈り取ってしまっても、

仕入れられないということは

まずありえないという、

非常にせどらーの

心強い味方となってくれる店舗です。

 

 

当初は本だけの扱いでしたが、

現在は、ハードオフを親会社としていることから、

一部大型店舗では、

洋服や、中古家電、スポーツ用品など

ほぼリサイクルショップと言っていい

買い取りをしているため、

幅広く仕入れることが可能なのが、

最近のBOOKOFFです。

 

 

 

店舗の種類

 

普通のBOOKOFF

 

 

 

 

よく見かける一般的なBOOKOFFで、

あなたのお住いの近くにも

1つはあるのではないでしょうか。

 

 

ご存知の通り、本やCD、

ゲームをメインに扱っており、

買い取りもしてくれます。

 

 

なお看板の矢印が

なら直営店、ならフランチャイズです。

 

 

 

法則に則ると

この写真の店舗は直営店というわけです。

 

 

一概には言い切れませんが、

直営店の方が品揃えは多く、

フランチャイズは全体的に安め、

という特徴があります。

 

 

 

BOOKOFF PLUS

 

 

 

 

通常のBOOKOFFの他にも

古着など、アパレル関係に加え、

家電やおもちゃなども

取り扱っている店舗です。

 

 

普通のBOOKOFFとは違って、

青とオレンジ色の建物が目印です。

 

 

 

BOOKOFF SUPER BAZAAR

 

 

 

 

BOOKOFF系列の中でも、

大型店舗になります。

 

 

ビルのフロア部分全部が

BOOKOFFと、

とにかく巨大です。

 

 

取り扱っている商品は、

 

・本

・中古家電

・ブランド品

・楽器

・スポーツ用品

・べビー用品

・生活雑貨

 

と、取り扱う種類も豊富で

リサイクルショップに比肩する、

それ以上とすら言えます。

 

 

SUPER BAZAARを見つけたら、

必ず仕入れに立ち寄ってみましょう。

 

 

 

BOOKOFF Online

 

 

 

 

店舗で販売している商品は

オンラインでも購入できます。

 

 

店舗せどりに慣れて、

定番仕入れのリストが完成したなら、

オンラインショップの方が、

効率的に仕入れができます。

 

 

リンクはこちら

 

 

 

BOOKOFFせどりのメリット

 

 

店舗数がとにかく多い

 

 

 

 

店舗数が大変多いため、

例えば副業の方でしたら、

仕事帰りなど気軽に立ち寄って

リサーチができます。

 

 

首都圏など大都市圏では、

1県40店舗以上と、

1日ではとても周りきれないほどです。

 

 

特に東京は、車がなくとも

電車や徒歩で、十分周れるほど

密集しています。

 

 

 

仕入れ対象商品が多すぎる

 

 

 

 

BOOKOFFの仕入れは、

店頭での買い取りがメインなので、

日々新しい商品がどんどん入ってきます。

 

 

買い取り量が途轍もないですので、

常に新しい商品が途切れることなく、

補充されていきます。

 

 

そのため、

ライバルせどらーが、

大量に直前に仕入れをしていたとしても、

利益が得られる商品が

仕入れられる商品が

見つかるはずです。

 

 

つまり、

仕入れに行ったのに、

仕入れ対象が見つからないということが

まずないので、

仕入れに気持ちが

向かい易いお店と言えるでしょう。

 

 

 

仕入れ値が安い

 

 

 

 

BOOKOFFせどりは

家電せどりなどに比べ、

圧倒的に仕入れ値が安いです。

 

 

セールの際には、

本が1冊100円以下で販売されていたり、

250円ほどのCDを仕入れて

1,200円ほどで販売できたりと、

仕入れ値が安く、

利益も取りやすいです。

 

 

CDやDVDなどのディスクに傷があるものや、

本の場合は、破れ、日焼け、

落書きや名前、線が引いてあるなどの

書き込みがある場合は

さらに値段が安くなります。

 

 

 

ブックオフ仕入れのデメリット

 

大量仕入れが難しい

 

 

 

 

基本的に中古商品という特性上、

同じ商品が大量購入はまずできません。

 

 

大概が1つしかなかったり、

あっても2、3点ほどです。

 

 

 

ただし、大量購入できないというのは、

ライバルもせどらーも

購入できないということを指し、

極端な値下げ競争も起きにくく、

仕入れた商品が売れずに

在庫になる可能性も低い、

という可能性も孕んでいます。

 

 

 

検品に時間を要する

 

 

 

 

これはBOOKOFFせどりというより

本せどりのデメリットです。

 

 

本は、ページの途中に書き込みや、

ページ・カバーの折れ・破れがある場合があります。

 

 

特に、入試の過去問や問題集、

参考書などは書き込まれている可能性が高く、

特に厳重に検品する必要があります。

 

 

一方、CDやDVDは

盤面の傷やケース割れ、

付録の有無をチェックする必要があります。

 

 

特にコレクションになるような、

嵐などのジャニーズの初回限定版や、

有名アーティストの初回限定版は

付録の有無で値段も

数千円単位で変わってきますので、

検品が必須になってきます。

 

 

やはり、検品には、

時間を持っていかれますが、

後に返品され再納品することを考えると、

正直言って手間なのですが、

前もって、しっかりやっておいた方が得です。

 

 

 

まとめ

 

以上が

BOOKOFFせどりの『いろは』に

なってきます。

 

 

店舗によって

大きく値段や在庫などの

様子が変わってきますので、

近くのBOOKOFFを

ぜひ一度全て巡ってみてください。

 

 

 

 

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ