SKUの管理方法

 

 

Amazonで商品管理する際に活用する「SKU」について解説します。

 

ここは、空欄にしておくと、自動的に数値が入力されます。

ただし、管理をすることを考えると活用した方がよいです。

 

難しく感じますが、当初から規則性をもって入力すれば後々必ず

役に立ってきますのでぜひ使い方を覚えてください。

 

SKUとは

 

SKUというのはAmazonで商品を登録した際の

 

“商品管理番号”

 

といった意味です。

 

こちらは登録する際に自分で決めることができます。

先述したとおり、空欄のまま登録すれば自動的に番号が振り分けられます。

 

商品登録の際に入力することができますので、

忘れずに入力しておきましょう。

 

 

商品登録の際にこちらに自分で決めたSKUを入力していきます。

 

 

入力とSKUの注意点

 

 

 

SKUを入力する際に、たとえば新品と中古などコンディションが違う場合は

それぞれ別のSKUで決める必要があります。

 

同じSKUに後から在庫を追加したりなど繰り返し仕入をする場合は

あまり日付や在庫数などは意味をなさないということですね。

 

繰り返し仕入れないようなものであれば、仕入れ値や想定売価などを

入れておけば価格の改定などで目安にすることができ便利です。

 

入力内容は様々ですが、一例をご紹介します。

 

  • 購入日(登録日)
  • 仕入金額
  • コンディション
  • ジャンル(カテゴリーごとに数字を決める)
  • 在庫数
  • 予想売価
  • 仕入れたスタッフ
  • 仕入れた店舗

 

上記が一般的に入力されるもので、これらを組み合わせて

自分の必要な数値を管理していきます。

 

「180601KS-sin-hobby-3980-7800YK」

 

たとえば上記だと

「2018年6月1日にKSという店で仕入れたホビー商品、

 仕入3000円で想定売価が7800円。仕入はYKさん」

 

このように数字とアルファベットで管理するとわかりやすいです。

 

結構手間ですが、これで毎回入力することによってデータを取ることが可能。

 

管理が必要な理由

 

ここで面倒くさがってはなかなかうまくいきません。

 

個人的には、仕入れた商品をすべてエクセルに管理するなどはさすがに

手間がかかりますが、このSKUだけでも入力していれば仕入店舗別や

仕入スタッフ別などに後でデータを取ることができます。

 

家電量販店で仕入れたものがうまくいっているのか?

全国セールで値崩れしたものはどのような成績なのか?

 

これらを把握するからこそ、やるべき手法や進むべき道が見えてくる

ようになります!

 

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ