管理番号を駆使しよう! ASIN(エイシン)とは?

 

Amazonを見ていると謎の番号を目にすることがあるかと思います。

 

 

ISBNやASINといった番号ってなんなの? って思いますよね。

 

これは、簡単に言うと、「商品管理番号」となります。

Amazon販売を行う際にはこのASINなどが非常に役に立ち

様々な場所で使用できます。

 

ぜひ活用方法を覚えておいてください♪

 

  • ISBN/ASINについて

 

冒頭でもお伝えした通り、Amazon内での「管理番号」となります。

詳しくは下記やヘルプページを参照してください。

 

 

★ISBN

 ISBNは、「International Standard Book Number(国際標準図書番号)」の略で、書籍を識別する10けたまたは13けたの番号です。和書、洋書の詳細ページに記載されています。

 

★ASIN

ASINは「Amazon Standard Identification Number」の略で、Amazonグループが取り扱う、書籍以外の商品を識別する10けたの番号です。

CD、DVD、ビデオ、ソフトウェア、ゲームな ど、書籍以外の商品の詳細ページに記載されています。

※一部の書籍にはISBNではなくASINが記載されています。

 

ざっくり言うと、ISBNが書籍・ASINはそれ以外と言う感じです。

このASINを使うと商品間違えを防ぐと言う重要な役割があります。

 

例)

・商品ページが複数ある場合

・5個セットなどセットページに出したい場合

・正規品と輸入品のページがある場合

・見た目が似ている場合

 

JANコードや商品名で調べると、必ず何個かページがヒットしてしまいます。

商品ページを間違えないためにもASINを使うことが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

第2章 JANコードや商品名よりASIN

このASINは、どんな商品にも必ず一つ振り分けられています。

Amazonの商品ページからこれらの番号を見ることが可能になっています。

 

モノレートだと

 

 

 

 

Amazonの管理画面で検索したり、その他のツールやエクセルでの

集計などにも役立ちますので、覚えておくと様々な場面で活用できます!

 

※ただし、これはAmazon特有の管理番号ですので、ヤフオクや

価格ドットコムに入力しても検索にかかりませんので、ご注意を。

 

 

第3章 なぜこの番号が必要なのか

Amazonで商品を販売する際には、まずAmazonに商品登録を

しなくてはなりません。

 

その際に、「違うページに出してしまった」と言うのは良くあることです。

既存の商品に相乗りしてせどりするパターンがほとんどなので。

 

例えば、商品登録を間違ったページにしてしまうと、お客様には

違う商品が届いてしまうことになるので規約的にも良くありませんし、

クレームにも繋がります。

ですので、このASINを使うと言うことはぜひ覚えておいてください!

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ