Amazon輸入をするためには

資金管理や経費計算のほか

法律を遵守した

アカウントの運用が求められます。

 

 

Amazon輸入ビジネスに限らず、

自分が好きなものを

自由に輸入することができる

わけではありません。

 

 

輸入が禁止されているものや、

輸入するには許可や検査が

必要なものなど、

輸入に関する法律はたくさんあります。

 

 

警告や罰金などの小さな被害で

済めば良いですが、

甚大な被害を及ぼしてしまったり、

最悪の場合

逮捕される可能性もあります。

 

 

罪に問われた後に

「知らなかった」

では済まされません。

 

 

Amazon輸入ビジネスで

失敗をしないために、

法律関係のこともしっかりと

事前に把握をして

準備をしていきましょう。

 

 

1.Amazon輸入ビジネスで失敗しないための準備〜法律関係〜

 


 

Amazon輸入ビジネスを始める前に、

最低限知って欲しい法律は、

以下の7つです。

 

 

商標権・意匠権

電波法

電気用品安全法

食品衛生法

銃砲刀剣類所持等取締法

薬事法

ワシントン条約

 

 

それでは、

1つずつ見ていきます。

 

 

1-1.商標権・意匠権

 

商標権も意匠権も、

特許庁が所管する、

知的財産権に含まれます。

 

 

商標権は商品やサービスのイメージを

作る目印を保護する制度です。

 

 

商標は、

「もの言わぬセールスマン」と

表現されることもあり、

商品やサービスの顔として

重要な役割を担っています。

 

 

つまり、一目でわかるブランドや、

メーカーのロゴやデザインを

勝手に模して製造するのはもちろん、

それらの商品を扱うことも法律違反です。

 

 

悪気がなかったとしても、

気づかない間に、

偽物をつかまされて

販売してしまった、

というケースは

絶対に避けたいです。

 

 

意匠権は工業製品の

デザインを保護する制度です。

 

 

アニメキャラクターやデザイン、

シルエットなどを、

オリジナルの製作者や

会社の許可を得ることなく、

勝手に使用した商品が

法律違反の対象になります。

 

 

詳しくは特許庁の

ホームページをご覧下さい。

 

 

1-2.電波法

 


 

海外と日本とでは、

無線の周波数が違います。

 

 

そのためお互いの電波を侵害し合い

障害を引き起こすことがあります。

 

 

電波法は、そのようなトラブルが

発生しないようにするための法律です。

 

 

電波を発生させて、

無線通信する製品は

認可がおりていなければ、

法律に反します。

 

 

・携帯電話

・Bluetooth製品

・トランシーバー

 

上記のような商品が該当します。

 

 

認可がおりているものには、

技適マークがついています。

 

 

詳しくはこちらの

総務省のページを調べてみてください。

 

 

1-3.電気用品安全法

 

電気用品安全法は、

海外と日本の電圧の違いからくる

事故や障害の防止を

目的とした法律です。

 

 

コンセントを介して電気を供給、

または充電し稼働するタイプの商品が

これに該当します。

 

 

PSEマークには丸型と菱型があります。

 

 


 

丸型の場合は、

製品検査をしていれば

認証がなくてもPSEマークを

表示することができ、

第三者機関によるPSE認証は

任意となります。

 

 

一方で、菱型の場合は、

第三者機関による認証が必須です。

 

 

丸型か菱形かは

製品によって異なります。

 

 

詳しくは以下の経済産業省の

ページを調べてみてください。

 

 

 

1-4.食品衛生法

 

食品衛生法と文字だけをみると、

食べ物と想像すると思いますが、

食器類やキッチン用品など、

人が口に触れるモノは全て

当てはまります。

 

 

個人使用の場合は

通関するようですが、

個人使用と申告した製品を

販売することは違法になります。

 

 

書類で通るもの、

検査が必要なものは

材質によって変わります。

 

 

また、検査も対象材質が商品に

何種類入っているかで費用も

検査時間も変わってきます。

 

 

大まかな流れは以下の

厚生労働省のページをご覧ください。

 

 

1-5.銃砲刀剣類所持等取締法

 


 

いわゆる銃刀法です。

 

・けん銃

・猟銃

・刀

・槍

・なぎなた

・刃渡り5.5cm以上の剣

 

上記のものは、

公安委員会の所持許可を

受けるなど、

所定の手続きをしなければ

輸入することはできません。

 

 

特に近年は、

アメリカで銃のテロが多いせいか、

この規制が特に厳しいように感じます。

 

 

1-6.薬事法

 

医療品、医薬部外品、

化粧品、医療機器、

これらのものに

かけられる規制です。

 

 

厚生労働大臣に許可を受ければ、

輸入可能です。

 

 

しかし、申請する費用が

比較的高額となるようです。

 

 

1-7.ワシントン条約

 

これは名前は聞いたことが

あるという方は多いと思います。

 

 

主に絶滅の恐れがある、

野生動植物やその種の輸入などは

制限がかかっています。

 

 

まとめ

 

抑えていただきたい

法律について

解説をしてきましたが、

いかがだったでしょうか。

 

 

聞いたことがある法律、

ない法律など、

様々だったと思います。

 

 

法律は数が莫大にありますが、

全てを知り尽くす必要はありません。

 

 

概要を知り、必要なものだけを

知識として身につけて

気をつけていれば、

大きな失敗は

避けることができるでしょう。

 

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ