Amazonで販売を考え始めている方は

小口出品と大口出品の

2種類出品形態にするべきか

迷っているかもしれません。

 

Amazonせどりをするうえで

どちらの出品形態を選ぶかによって

売り上げが大きく変わっていきます。

 

 

今回は出品形態の違いについて、

それぞれ解説していきます。

 

 

出品用アカウント

 

Amazonで販売をするためには

購入用のアカウントとは別に

販売用のアカウントを用意する必要があります。

 

 

販売用アカウントを用意といっても

特別なものが必要なわけではありません。

 

 

案内に従って

販売用アカウントの登録をしてください。

 

 

 

 

登録画面はこちら

 

 

登録が完了したら

出品用アカウントの種類について

読み進めていきましょう。

 

 

出品者用アカウント

 

小口出品と大口出品という

出品者用アカウントの形態があります。

 

 

それぞれの違いについては

Amazonが詳しい説明を用意しているので

まずはこちらをご覧ください。

 

 

Amazonで販売を行なっていくのであれば

最初から大口出品にすることをオススメします。

 

 

それぞれのメリット・デメリットを含めて

大口出品をオススメする理由をお伝えします。

 

 

【小見】小口出品とは

 

小口出品は月額会費が必要ないため

固定費を抑えることができます。

 

 

手数料に関しては

出品数ではなく、商品が売れるたびに

100円の基本成約料がかかります。

 

 

出品数が少ない初心者の方にとっては

固定費がかからない分、

お得に見えますが、デメリットがあります。

 

 

・カートが取れない。

カートが取れていると

自分が販売している商品を

優先的に購入してもらえます。

 

 

 

 

カートに入れるを押すと

カートを取得している出品者の在庫から

販売されます。

 

 

小口出品だと

このカートを取得する権利すらもらえません。

 

 

・出品制限が多い。

Amazonでは販売できる商品カテゴリが

制限されているものがあります。

 

 

小口出品の場合は制限が多く、

販売する上で不利な状況となります。

 

 

・FBAサービスを利用できない。

Amazonせどりをする方の多くが利用しています。

 

 

サービス内容としては

Amazonが指定する倉庫に商品を納品すると

購入されたあとの購入者への発送、梱包、

出荷作業を24時間体制で代行してくれます。

 

 

小口出品者登録の場合、

このFBAサービスが利用できません。

 

 

固定費がかからない代わりに

デメリットが多いのが現状です。

 

 

次に大口出品について解説します。

 

 

大口出品とは

 

大口出品の場合、

4900円の月額会費が必要になります。

 

 

この点が小口出品と比べて

デメリットになります。

 

 

ただその分のメリットが多いので

大口出品にするべきだと私は断言します。

 

 

 

大口出品のメリット

 

メリット①

カートを取得できる可能性が増える

 

 

メリット②

ある程度出品制限が解除される

 

 

メリット③

FBAを利用できる

 

 

これらのメリットは

小口出品との比較をした際に

説明させていただきましたが

Amazonせどりをする以上、

大口出品登録をしていないのは

 

 

真冬の北海道の外で

Tシャツ1枚姿で過ごすくらい

無謀な状況だということをまず理解してください。

 

 

そのほかにも

月に50個以上販売をする場合は

経費を抑えることができます。

 

 

この月50個というのは

Aという商品を2個販売すれば

2個販売したことになるため

小口出品の場合200円かかります。

 

 

正直、Amazonで

利益をあげたいのであれば

この月に50個以上の販売は

普通にクリアできます。

 

 

これからAmazonせどりを始める方は

出品制限もなくFBAも利用できるため

4900円の月額会費は

必要経費と割り切って

大口出品登録をしましょう。

 

 

まとめ

Amazonせどりをするなら

迷わず大口出品を選びましょう。

 

 

月額会費として4900円がかかり、

Amazonせどりをしたことがない方は

負担と感じるかもしれませんが、

 

 

当然の話ですが

利益を出すためには

販売しなければなりません。

 

 

正直カート取得する権利すらない

小口出品を選んでいるうちは

利益を出すことはできません。

 

 

安定して利益を上げていくためにも

大口出品を選びましょう。

 

 

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ