アカウント停止・削除の理由

その通知は、何の前触れもなく訪れます・・・・。

 

Amazonで販売するには、規約を守る必要があります。

規約違反をしたり、繰り返すと、

 

“アカウント削除”

 

の可能性が出てきます。

 

もし停止してしまった場合どのように対応したら良いのでしょうか?

大量キャンセルや複数アカウントが原因なのか。

これらを解説していきましょう。

 

 

Amazon規約について

 

まず、なぜアカウント停止になるのでしょうか?

 

大半は、“規約違反”による停止が多いです。

 

アカウント停止だけでなく、ある特定の商品やカテゴリーが出せなくなるなどその違反の度合いによって変わってきます。

 

 

Amazonヘルプ

Amazonマーケットプレイス出品規約

コンディション・ガイドライン

 

 

大体はAmazonのヘルプページに書かれていますが、

読みにくい上に曖昧な表現も多いです。

 

 

 

また、テクニカルサポートに問い合わせても

 

 

「出品規約」に基づいて判断しているので、

ヘルプページを見てから考えてください

 

 

といった具合で、問題に対して具体的な返答は帰ってきません。

 

ほとんどの方が、何か問題があればAmazonに問い合わせるのが正解

となると思いますが、実は担当によって返答が違うことが多いです。

 

大事な確認などは何度も問い合わせをして、さらにはメールのやりとりを

残しておくと良いです!

 

 

 

よくある違反と危険度

違反例)

・複数アカウント所持

・Amazon限定商品の予約販売

・見込み商品の出品(無在庫)

・色違い、JAN違いの出品

・コンディションの虚偽

・購入側でキャンセルを繰り返す

・一個限定商品などを複数買う

・FBA納品の不備

・商標権を侵害

・個人情報を漏洩

・遅延発送や多数キャンセル

・正規ページに並行輸入品の出品

・偽物(海賊版)の販売

・著作権の侵害

・商品ページ作成時の違反

・不当評価、レビュー獲得

・他サイトへの誘導

・取引に関係ないメール送信

 

 

これらの違反は、やった時点ですぐに停止になるというわけではありません。

 

 

あくまでAmazon自体が巡回して発覚した場合や、

出品者・購入者からの違反報告によるものが殆どです。

 

なので、実際に何かを違反をして後々アカウント停止になった、

などの可能性もあります。

 

 

この中でも注意が必要なのが、著作権・偽物・個人情報などです。

 

特に法律関係が絡んでいるような違反をすると、1発で

アカウント削除になり復活もできない状態になります。

 

 

・コンディションを間違えて出品した

・商品ページ作成時にちょっとした違反があった

 

など軽いものであれば通報・またはAmazonによる発覚があれば

そのページが削除されたり出品が停止になります。

 

これらは、アカウント停止とまではいかないと思いますが、

繰り返すことにより、その可能性もあるというのは、

頭に入れておきましょう!

 

 

また、パフォーマンスのチェックリストの低下も

アカウントの停止に繋がります。

 

これらの項目もしっかりと守るようにしてください。

 

 

特にFBA出品メインで自己発送はたまにしかしない。

といった場合は「確認し忘れる」ということもありますので、

売れたらすぐに対応するようにしましょう。

 

 

停止と削除の違い

 

 

文字通りですが、アカウント停止と削除では意味合いが違います。

 

それにより対応方法も変わってきます。

 

アカウント停止

 

アカウントが一時的に停止になっている状態です。

販売全て停止されますし、売上金の入金も保留となります。

 

これらはセラーでも表示されていますし、メールでも連絡がきます。

 

〈対応方法〉

Amazonに改善策をアピールする「改善計画書(改善報告書)」

を作成して、連絡を繰り返すことにより復活する可能性もあります。

 

 

アカウント削除

これは、重大な違反をした際に連絡が来る

「一発削除(垢BAN)」ということです。

 

この場合、復活は絶望的です。

さらに、売上金も90日間保留となる上に、FBA商品などが全て返送されますので、

規模が大きいほど経営が大変なことになります。

 

これらとは別に「アカウント審査」という一歩手前の状態になることもあります。

 

もちろん故意に違反していなくても、

自分が把握しきれていない所で何かしら

違反している可能性もありますし、

よくわからない理由で停止になることも

あるようです。

 

これはAmazonに依存する最大のリスクとも言えますね。

 

 

 

 

 

 

 

複数アカウントの紐付け

 

特に注意する必要があるのは、1つのアカウントが削除されると、

何かしら情報が紐づいたアカウントも同時に削除されてしまいます。

 

 

これが怖いのは、知り合いが削除されたWi-Fi環境などで

ログインしていると、それが紐づいて削除される

可能性があるということです。

 

同じ販売仲間の家や、何かしらの集まりで

同時にログインするということもあるかと思います。

 

 

その仲間の誰かが違反で削除されてしまうと芋づる式にアウト!

・・・ということも噂もあります。

 

ネットカフェや事務所以外の環境ではなるべく

ログイン自体しないほうがいいでしょう。

 

スマホの4G環境やテザリングなどでセラーアプリや、

価格改定ツールなどからの操作が無難でしょうね。

 

 

また、たとえば出品代行や他ツールで問題があった場合は、

アカウントはどうなるのでしょうか。

 

という点ですが、ログイン権限を与えているなど明確な理由がある場合は

万が一紐づいてしまってもAmazonに連絡すれば問題ないでしょう。

 

 

でなければ自分のセラーを外注さんに頼むのが

できなくなってしまいますからね・・・。

 

 

復活方法はあるのか?

 

 

 

先述した通り、「改善計画書」を提出することとなります。

 

これは、アカウント削除にかかわらず、

何かしら違反した際に提出を求められることもあります。

 

 

 

・丁寧な対応

・何が問題かを理解する

・その問題が起きないようにどう改善するか

 

ただ単にワードやメールにて軽い文章を送っても、

 

「本気で復活を希望しているのか?」

 

と思われるのは当然の話ですよね。

 

 

個人で出品している方でも会社と同じような形式で

報告書をワード等でしっかりと作成して、添付する方が

絶対的に効果は高いです。

 

それだけ重要な問題を起こしたと言っても

過言ではないので、しっかりと対応して行きましょう。

 

 

 

 

 

アカウント作成の注意点

 

 

復活ができない場合は、その後をどうするかを考えなくてはなりません。

 

とは言ってもAmazonは大きな販路ですので大体の方は、

 

“全く別の新規アカウントで販売する”

 

という方法を取っています。

 

もちろん複数アカウントの所持などはグレーな部分ではあります。

 

・同パソコン

・IPアドレス

・銀行口座

・電話番号

・在庫返送先の住所

・停止された在庫を全納品

 

この中でもどれかが重複していると、後から作成したとしても

紐づいて削除されてしまいますので、注意してくださいね。

 

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

実際には

 

「規約違反をしていないか?」

 

ということよりも、アカウントが停止したときに、

どのような対応ができるか?が肝になってきます。

 

実際には、このような対応を取り復活した方もいれば、

複数でリスクヘッジとして販売している方もいらっしゃいます。

 

グレーなことを進めることはできませんが、

大きく稼いでいる大手セラーでもグレーな手法を

使っている。ということもあります。

 

 

線引きに関しては、個人の判断になりますが・・・。

 

健全な経営は前提として、これらの販路を使う以上は、どこまでがOKでどこからがOUTなのかを把握しておくと良いですね

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ