みなさんは、せどりの中でも

CDせどりをご存知でしょうか?

 

 

『少ない資金で大きな利益を出す』

ことができる。

 

 

素晴らしいせどりです。

 

 

最安値10円から仕入れる事もできますし、

基本的には、

1商品1000円以下で仕入れが可能です。

 

 

圧倒的に仕入れ値が安いにも関わらず、

非常に高利益を出す事もできるのです。

 

 

ほんの一例ですが、下記の商品は300円仕入れです。

 

 

 

 

8450円で販売しました。

 

つまり、

たった1枚のCD6500円程度の利益を

上げる事が出来ました。

 

 

この秘密については、

後ほど解説させて頂きます。

 

 

その前に、まずは

CDせどりで稼げるようになるように、

1から基本をしっかりと解説していきます。

 

 

CDせどりとは

 

 

CDせどりとは新品も中古も含めた

全てが対象になります。

 

 

また、扱うジャンルも多岐に渡って、

邦楽、洋楽、アニメ、サントラ、

ヒップホップ、レゲエetc…

すべてが仕入れ対象となってきます。

 

 

ただし、全てのジャンルを網羅するには、

莫大な時間が必要になってしまい、

心身ともに疲れ果ててしまいますので

今回は、より効率重視でご説明します。

 

 

このブログのCDせどり方法を

マスターし実践することで、

副業片手間せどりで、毎月安定的に

10万円以上を稼ぐ事も可能となります。

 

 

実際に僕も初心者の時に

そのくらいは稼げていましたので、

このブログではそのノウハウを

余すところなくお伝えしていきますね。

 

 

低資金、高利益の世界へようこそ!

それでは、内容に入っていきます。

 

 

CDせどりの準備

 

 

最初に重要になるのが、準備です。

 

 

段取り八分というように、

何事においても準備をしてから始めることで

後戻り作業が無くなっていきますので、

結果的に稼ぐまでの速度が速くなります。

 

 

では、CDせどりの準備とはなにか?

 

 

なにが必要なのでしょうか?

 

 

もっとも重要な準備、それは、

『バーコードリーダー』

の用意になります。

 

 

基本的には店舗に足を運んで、

仕入れ商品を探していきますので、

バーコードリーダーがあるのとないのでは

時間効率が圧倒的に変わってきます。

 

 

時間が十分にある方であれば

1つずつ地道に検索することもできますが、

『時は金なり』

短い時間で成果を出すのに

越した事はありません。

 

 

もうお分かりかと思いますが

そういった意味でもバーコードリーダーは

CDせどりには欠かせないツール

となってきます。

 

 

ちなみにですが、

オススメのバーコードリーダーは

こちらです。

 

 

 

最高性能で、とにかくおすすめです。

しかし、高性能がゆえに高額です。

 

 

とにかく安く済ませたい方は

こちらがオススメです。

 

 

 

ただし、どちらにせよ

お金がかかってしまいますので、

どうしても難しい方は

はじめはスマホアプリでも大丈夫です。

 

 

バーコードリーダーと比べたら、

圧倒的に作業時間は必要になってきますが、

手入力よりは格段に速いという

メリットがありますので

『せどりすと』または『セドロイド』

という無料アプリを使って

効率良く作業をしていきましょう。

 

 

CDせどりで利益が出てきて

もう少し効率良く稼ぎたいなと

考えるようになった時には、

バーコードリーダーを取り入れてみて下さい。

効率の良さを実感できると思いますよ。

 

 

一度使えば手放せなくなるはずです。

 

 

CDせどりの基本編

 

 

初心者の方もいらっしゃると思いますので、

まずは基本からじっくり解説していきます。

 

 

CDの種類

 

 

基本的にCDは、

・マキシシングル

アルバムサイズのジャケットに入った

シングルになります。

 

 

定価1000円~2000円程度のものが主流

 

 

 

 

・アルバム

たくさんのマキシシングルの詰め合わせ

通常は10曲以上が収録されています。

定価は3000円以上のものが主流

 

 

 

 

・CD-BOX

ボックス状になった少し高額そうな商品

定価10000円以上の商品も多くあります。

 

 

 

だいたいこの3つを

押さえてもらえればOKです。

 

利益を出すための大事なポイント

 

 

さっそくですが、

非常に大事なポイントを解説します。

 

 

CDせどりで効果的に稼ぐためには、

あるポイントに着目する必要があります。

 

 

それが、商品の定価になります。

 

 

先にご説明した通り、

CDの種類によって価格が異なります。

 

 

マキシシングルが最も安く、

CD-BOXが最も高い傾向にあります。

 

 

つまり、CD-BOXを狙えば利益が取りやすい

という単純な話ではありません。

 

 

まず、マキシシングルでは

利益が取りにくいという仕組みを

しっかりと理解しなくてはなりません。

 

 

実はCDせどりは他の商品に比べると

Amazonで販売する際の手数料が

少し割高になります。

 

 

これは、FBA料金シュミレーターを使えば

良く分かります。

 

 

手数料の計算方式は、

販売手数料+カテゴリー成約料

+出荷作業手数料+発送重量手数料

というように

手数料の種類が他と比べて沢山あります。

 

 

たとえば、1000円で販売したとすれば、

販売手数料(商品価格の15%)

カテゴリー成約料(140円)

出荷作業手数料(87円)

発送重量手数料(57円)

(1000*0.15)-140-87-57=434円が手数料で飛びます。

 

 

つまり、1000円で販売したにも関わらず、

Amazonから566円しか入金されないのです。

 

 

ここで、1000円程度が定価の中古価格は、

プレミアの商品を除き

500円~700円でしか売れない事を考えれば、

利益はほとんど残らない事がわかります。

 

 

ちなみに、700円で売れたとして

Amazonからの入金額を計算すると、

(700*0.15)-140-87-57=389円が

手数料ですので、

700-389円の311円が入金額になります。

 

 

これを100円で購入したと考えれば、

たった211円しか儲からない

という計算になります。

 

 

これが、上限値となりますので、

マキシシングルは、

全然美味しくないCDせどりになります。

 

 

もちろんプレミア商品を狙えば稼げますが、

プレミア商品がわからない

はじめたばかりの時にはマキシシングルは

明らかに効率が悪い種類になります。

 

 

逆にCDアルバムはどうでしょうか?

CDアルバムの定価は

3000円と高額な物が多いです。

定価が3000円の商品の場合は、

中古はでは1500円~2000円で

売れる商品も沢山あります。

 

 

仮に、2000円で販売出来るとすれば、

(2000*0.15)-140-87-57=584

が手数料になります。

 

 

つまり、2000円で販売した商品は、

2000-584円の1416円が

Amazonからの入金額になります。

 

 

この商品を250円で買えたとすれば、

1166円が利益になります。

 

 

仮に500円で購入したとしても916円が利益です。

 

 

マキシシングルは200円程度

の利益が上限に対し、

CDアルバムでは1000円程度

の利益を見込むことも

十分に可能になります。

 

 

まさに、宝探しですね。

 

 

CD棚に挟まれた1000円札を探すような

そんな感覚が大事になります。

 

 

たまにプレミア商品を発見すれば、

10000円札も見つけることができますので

非常に美味しい体感する事が出来ます。

 

 

最後にCD-BOXについて解説します。

 

 

先ほどのCDアルバムの話を聞けば、

CD-BOXはさらに利益が大きいことが

なんとなく理解出来るかと思います。

 

 

定価が上がれば上がるほど、

利益額は必ず大きくなってきますので、

CD-BOXは一番利益が高い

というのは納得ですね。

 

 

具体的な試算はここでは省略しますが、

利益3000円以上の普通に可能ですので、

ぜひCD-BOXにも挑戦してみてください。

 

 

このCD-BOXせどりですが、

仕入れをする上でもメリットがあります。

それは、『目立つ』ということです。

 

 

普通のCDは棚に綺麗に収まっているで、

探そうと思っても大変ですが、

CD-BOXは商品に厚みがありますので、

目に付きやすいです。

 

 

また、種類も圧倒的に少ないので、

一度稼げる事が分かれば

繰り返し仕入れることで

時間効率が非常に良くなってきます。

 

 

これは全般に言えることですが、

稼げる商品を発見したら、

何度も何度も繰り返し販売することに

焦点を置いて取り組んでいく事が大切です。

 

 

特にCD-BOXは目立ちますので、

繰り返して何度も仕入れる事を

意識していきましょう。

 

CDせどりの仕入れ基準

 

 

続いて、仕入れ基準を解説します。

せっかく仕入れても、

売れない商品を仕入れてしまったり

赤字になる商品を仕入れてしまっては

元も子もありません。

 

 

利益をしっかりと守るためにも、

CDせどりの仕入れ基準を

明確化する事は非常に大切です。

 

 

CDせどりの仕入れ基準~利益編~

 

 

Amazonを使って販売しますので、

Amazon手数料をしっかりと確認しておく

必要があります。

 

 

手数料については

「利益を出すための大事なポイント」

の部分でも少し解説しましたが、

カテゴリー成約料というAmazonの手数料が

他のジャンルに比べると

若干高い傾向にあります。

 

 

その点をしっかりと意識してください。

 

 

具体的な仕入れ基準を下記に記載します。

 

 

 

 

ここで注意したいのは

販売価格と仕入れ値の差になります。

 

 

仕入れ値が安ければ安いほど、

販売価格とのギャップが広がりますが、

仕入れ価格1000円以上の商品は、

『仕入れ値の2倍以上で売れる商品』

が対象というルールが発生します。

 

 

簡単に覚えるならば、

1000円以上は、2倍ルール』

が適用されるという事です。

 

 

こうなるとたとえば、

ブックオフの950円のCDの仕入れ基準は

どうですか?

 

 

という疑問が出てくるかもしれません。

 

 

これあくまでも参考値ですので、

自分が納得する範囲で仕入れ基準を

作ることが大事ということです。

 

 

950円で仕入れた商品を1900円で販売すれば、

350円の利益になります。

 

 

これで納得出来るのであれば、

1900円を仕入れ基準として、

もう少し利益が欲しい場合は、

2000円を仕入れ基準とすれば良いのです。

 

 

この辺りのやり方は、

個人によって変わってきます。

 

 

はじめは多少薄利で経験を積むことも

良いかもしれません。

 

 

とにかく、仕入れ基準さえ

しっかりと守っておく事が出来れば

赤字になるリスクは極端に下がりますので、

利益はどんどん増えていきます。

一度決めた仕入れ基準に従って

自分ルールを作っていきましょう。

 

 

CDせどりの仕入基準~回転率編~

 

 

仕入れ基準を分かっただけでは、

稼ぐにはまだまだ不十分です。

 

 

次に、

商品の回転率も重要になってきます。

 

 

たとえば、利益10万円の

超高利益商品があったとして、

利益額からすれば、最高レベルの商品です。

 

 

しかし、売れるまでに

10年かかるとすればどうでしょうか?

 

 

たちまち仕入対象外です。

 

 

10年後に売れる保証もありませんし、

価格も下がっている可能性が高いです。

 

 

これは極端な例ですが、

商品の回転率も考えて仕入れをするという

一つの参考になるかと思います。

 

 

では、

具体的な仕入基準の目安を解説します。

 

 

最低基準はAmazonランキング20万位以内です。

20万位を超えてくれば売れるまでに、

非常に長い時間がかかりますので、

資金に余裕が無い方は

絶対に仕入れてはいけない商品です。

 

 

モノレートは3ヶ月で2回しか売れていません。

 

 

 

 

モノレートはランキングが上がった時

(波形が下がった時)

に売れた事を意味します。

 

 

上記では、

418日頃と63日頃に売れています。

 

 

3ヶ月で2回、つまり1ヶ月半に1回

のペースで売れる商品は、

せどりでは普通の状態です。

 

 

しかし、

複数の競合も同じ商品を出品しています。

 

 

仮に10人の競合が出品しているとすれば、

競争率10倍ですので、

自分の順番が回ってくるまでに

時間がかかり過ぎる可能性が出てきます。

 

 

今回の例をあげれば、

半年~1年間の長期在庫を

覚悟して仕入れる必要が出てきますので、

初心者にはおすすめ出来ない商品です。

 

 

CDせどりをする際には、

ランキング20万位以上の商品は

基本的には無視で問題ありません。

 

 

CDせどりで稼ぎたかったらここを狙え!

 

 

ここは非常に興味深い話だと思います。

 

 

CDせどりで比較的利益の出やすい場所を

ご紹介します。

 

 

その前に1つだけ

頭に叩き込んでおいてください。

 

 

せどりの原理原則です。

 

 

CDせどりで稼ぐコツ

 

 

それが、

『需要と供給のバランス』になります。

 

 

需要とは、商品を欲しいと思っている人。

 

 

供給とは、商品を売りたいと思っている人。

 

 

このバランスによって価格が上下します。

 

 

商品を売りたい人が圧倒的に多ければ

価格は下落します。

 

 

逆に商品を買いたい人が圧倒的に多ければ

価格は高騰します。

 

 

そう考えると、

商品を買いたい人が圧倒的に多い

商品を狙って仕入れるのが

効率の良いCDせどりになります。

 

 

つまり、生産枚数が非常に多い

人気アーティストでは稼ぎにくい

ということに繋がります。

 

 

例えば、AKBです。

 

 

このアーティストは戦略によって

CDに握手券や写真が付いていたり、

投票券が付いていたりもしますね。

 

 

そうすれば、熱狂的ファンは

1人で何枚も同じCDを買い漁ります。

 

 

時には何百枚も購入するファンも

そのファンは握手券や投票券を抜いて

CDは売ってしまいます。

 

 

同じCDを数百枚も購入する

ことが分かれば

当然のことながら、

CDを生産枚数も増えます。

 

 

その結果・・・

 

 

 

 

新品価格が1円に!

という絶対に稼げない

CDとなってしまいます。

 

 

つまり、大量生産されている

有名アーティストは

CDせどりでは稼ぎにくいと

いう事を認識しておく必要がある

ということになります。

 

 

それらを踏まえた上で、

CDせどり稼ぎやすい商品を

公開していきます。

 

 

CDせどりで稼ぎやすい商品とは

 

 

その稼ぎやすい商品とは

『マイナーアーティスト』になります。

 

 

CDランキング上位のアーティストは、

CDをリリースすれば

売れる事が事前にわかりますので

大量生産する傾向にあります。

 

 

しかし、マイナーアーティストは、

生産枚数が圧倒的に少ないです。

 

 

損益の考え方でいけば、

絶対に売れると分かる商品で一番怖いのは、

『品切れ』です。

 

 

売れるか分からない商品で一番怖いのは、

『不良在庫』です。

 

 

ということは、

有名アーティストは

品切れを恐れて過剰生産し、

マイナーアーティストは

不良在庫を恐れて過少生産を行います。

 

 

つまり

需要と供給の観点で説明すると、

過剰生産のCDの値段はどんどん下がり、

過少生産のCDの値段はどんどん上がります。

そこが狙いになります。

 

 

過少生産されたCD

つまり、マイナーアーティストを狙う事で

大きく稼ぐ事ができるわけです。

 

 

CDせどり目利きポイント

 

 

マイナーアーティストを狙うという事は

十分ご理解いただけたかと思います。

 

 

では、実際に店舗に足を踏み入れて

仕入れを行おうと思った時には、

先ほどの情報だけでは

少なすぎるという事に気付くと思います。

 

 

そんな時はこれを意識してみてください。

 

 

『聞いた事ないアーティストこそ宝』

この意識は非常に大切です。

 

 

聞いた事がないアーティストというのは、

マイナーである可能性が高いです。

 

 

マイナーアーティストでも、

そもそもCDを出している時点で

一定数のコアなファンは必ずいます。

 

 

実は、こういった商品は

店舗で安く買えて

Amazonで高く売れる可能性が高い商品です。

 

 

店舗で販売すれば、

その地域にたまたま

コアなファンがいれば売れますが、

そうで無ければ全く売れません。

 

 

つまり、店舗からすれば

超低回転商品ということです。

 

 

場合によっては、

数年間売れない事もあります。

 

 

しかし、Amazonで販売すれば

1年中、全世界の人が商品を探します。

 

 

商品を求める人が圧倒的に多いので、

多少値段が高くても、

コアなファンは商品を買います。

 

 

そう考えると、

店舗で安く仕入れて、

Amazonで高く売れる仕組みが

なんとなく納得できますね。

 

 

CDの棚と睨めっこをして、

聞いたことないアーティストを

中心に探していけば、

必然的に効率的に稼ぐことが出来きます。

 

 

仕入れに慣れてきたら、

アーティスト名も次第に覚えてきますので、

効率的に探す事が出来るようになり、

作業時間もどんどん少なくなってきます。

 

 

いろんなアーティストにも出会えるので、

その点でもCDせどりは

面白くておすすめです。

 

 

需要と供給さえ分かってしまえば、

間違いなくCDせどりは加速します。

 

 

このポイントの最強版を次に解説します。

 

 

CDせどりは初回限定版で稼ぐ

 

 

初回限定版は、

生産枚数が圧倒的に少ないので、

買いたくても買えない人も沢山います。

 

 

つまり、

『初回限定版を制する者は、せどりを制す』

間違いありません。

 

 

CDせどりの場合は、

初回限定版が最大の肝なのです。

 

 

ただ、これがわかった所で

実際に『初回限定版』を

文字だけで探していたら、

時間がいくらあっても足りません。

 

 

むしろ、初回限定版の文字を探すくらいなら

全部検索した方が早い気もしますね。

 

 

なので、

初回限定版のパッケージについて解説します。

 

 

これも大事なポイントです。

 

 

よく覚えていて下さい。

『初回限定版は豪華です』

見た目が圧倒的に違います。

ということで、

初回限定版のパッケージを見てみましょう。

 

 

さりげなくツルツルな初回限定版

 

 

これが、一番シンプルな初回限定版です。

 

 

まず、画像を見比べてください。

 

 

 

 

上が通常版で、下が初回限定版になります。

 

 

通常版では、

CDのパッケージがギザギザですが、

初回限定版では、

ツルツルです。

 

 

非常に簡単な見分け方です。

 

 

初回限定版を狙う時は、

このツルツルを意識して、

上から商品を見れば

だいたい分かります。

 

 

初回限定版も通常版も

店舗では売値に大差がない場合が多いので

初回限定版を買った方が

利益を出しやすいです。

 

 

また、繰り返しですが

初回限定版は品数が圧倒的に少ないので、

検索数も少なく効率的に

CDせどりを行うことが出来ます。

 

 

稼げる商品を1つ残らず

全て仕入れるよりも、

短時間で稼げる商品を

抜き取った方が、結果的に

効率良くせどりが実践できます。

 

 

初回限定版スリーブケース

 

 

CDせどりをやっていると

紙やプラスチックケースに入った物を

時々目にします。

 

 

その商品も

初回限定版である可能性が高いです。

 

 

その1つが、スリーブケースになります。

 

 

 

 

写真のように、

上と下がパーパーになっている物を

CD業界では、

スリーブケースと呼んでいます。

 

 

紙が4面にしか付いていないので、

上からも下からもCDを取り出す事が

出来る仕様です。

 

 

こういったスリーブケース仕様の商品も

店頭に並ぶと非常に目立ちます。

 

 

先ほどのツルツル初回限定版と同じで

棚にスリーブケースの商品を発見したら、

迷わずサーチする事をおすすめします。

 

初回限定版ボックスケース

 

 

ボックスケースは、

どこかスリーブケースと似ていますが、

若干形状が異なります。

 

 

 

 

一方向しか取り出せない仕様です

5面体で出来ているケースの事を

ボックスケースと呼びます。

 

 

こちらの商品も、スリーブケース同様、

店頭で発見しやすいです。

 

 

これも迷わずサーチするというのは、

言わずもがな、お分かりですね。

 

 

初回限定版というだけあって、

通常版とは違いパッケージを

豪華にしている可能性が

非常に高いです。

 

 

購入者の満足度を高めるためにも、

視覚的に誰が見ても分かるように

している場合が多いので、

そこを狙って効率良く仕入れるのです。

 

 

CDせどり初回限定版を探せ!まとめ

 

 

CDせどりは

通常版と初回限定版の見極め方さえ

マスターすれば、

簡単に稼ぐ事が出来るようになります。

 

 

バーコードリーダーを片手に

一生懸命全ての商品を

サーチすることは圧倒的に非効率です。

 

 

この初回限定版さえ見極める事が出来れば、

サーチをする数が圧倒的に減りますので、

効率の良い仕入れが出来るということです。

 

 

需要と供給の観点を考えれば、

生産枚数が通常よりも少ない

『初回限定版』を狙うのは、

非常に賢い選択ということが

ご理解いただけたかと思います。

 

 

CDせどり外伝

 

 

さて、これまでCDせどりについて

いろいろ解説してきましたが、

CDせどりの外伝をご紹介します。

 

 

それが、レンタルアップCDになります。

 

 

このレンタルアップというのは、

レンタルショップがレンタル期間終了後に

安値で売る商品です。

 

 

場合によっては、

シングルCD10円ということもあります。

 

 

アルバム1枚も300円で買えることも

多々あります。

 

 

レンタルシールが貼られていますが、

それを剥がせば、

普通のCDですので

中古販売が可能となります。

 

 

ちなみに、冒頭でご説明した商品も

レンタルアップCDになります。

 

 

たった1枚で

6500円の利益が出た商品です。

 

 

Amazonにレンタルアップ禁止

という事は無いので、

レンタルアップと記載を書けば

販売することは可能です。

 

 

しっかりと利益を出そうと思えば、

ケースを新品に変えて

レンタルシールを剥がし、

CDを研磨して販売という方法もあります。

 

 

この場合は、

非常に良いというステータスで

販売する事が出来ますので、

他のレンタルアップとは

明らかに差別化する事が出来ます。

 

 

やり方によって稼げる金額は

変わってくるということです。

 

 

これがCDせどりの醍醐味

 

 

色々と解説させていただきましたが、

CDせどりの最大の特徴は、

低資金でありながら高利益を

狙うことできるという点です。

 

 

CDは場合によっては

10円から買う事が出来ますし、

新品でもタイミングが良ければ

90%引きというチャンスもやってきます。

 

 

株やFXに、初心者の方で

いきなり数百万円を賭けることは

なかなかできませんよね。

 

 

なるべくお金を掛けない

シュミレーションから入り、

少しずつ賭ける金額を

増やしていくと思います。

 

 

そして、自信が持てるようになったら、

大きな金額を掛けて

利益を狙うようになります。

 

 

せどりの世界も全く同じです。

最初から仕入れに

数万円の商品を仕入れてしまえば、

損失を被る可能性も出てきます。

 

 

はじめに数万円の損失を被ってしまうと、

二度とせどりの世界に

足を踏み入れなくなってしまう

可能性もありますので、

最初はCDせどりを実践してみて

少ない資金でトライする事が大切です。

 

 

仮に、仕入れた500円の商品が

売れなかったとしても、

大きな問題では無いと思います。

また、500円の損失だったら、

他の商品でカバーする事が

簡単に可能なので、

経験の一つと考える事が出来ます。

 

 

このように、

『少ない資金からはじめられること』

CDせどりの醍醐味となりますので、

初心者のかたは

CDせどりから取り組む事をおすすめします。

 

 

せどりで利益が出せる感覚が掴めてきたら、

家電せどりなど高単価な商品の

仕入れも取り入れていけば、

利益は大きく膨れ上がってきます。

 

 

CDせどりを含め、

せどりは稼ぎやすいビジネスですので、

確実に取り入れていきましょう。

 

 

最後までご覧いただき

ありがとうございました。

少しでも、お力になれたら嬉しいです。

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ