Amazonで出品用のアカウントを作成する時、

小口出品と大口出品の

どちらを選ぶべきか、どう違うのか

戸惑ってしまうかと思います。

 

 

今回は、大口出品と小口出品の

メリットデメリットを比較しつつ

どちらを選ぶべきか

お話させていただきます。

 

 

 

大口出品と小口出品の差異

 

Amazonのホームページに

比較の一覧が掲載されています。

 

 

ここから、各項目を見ていきましょう。

 

 

月額登録料

 

大口出品は毎月4,900円の料金が発生します。

それに対し小口出品は

この月額料金は発生しません。

 

 

これは必ず発生する

1ヶ月の基本料金になります。

 

 

出品をしなかった月にも

発生しますので、ご注意ください。

 

 

ただし、小口出品はその代わりに

商品が1つ売れるたびに商品1点につき

100円の「基本成約料」が発生します。

 

 

単純計算ですが、

毎月50個以上商品を売るようでしたら、

大口出品にしたほうがお得です。

 

 

一括出品ツールの利用

 

一括出品ツールは大口出品だけ利用できます。

とはいえ、一括で商品を出品できるツール

ということで一見魅力的に感じますが、

私の周りでも、

この機能を使っている人はいません。

 

 

出品する際はプライスターを使うことをおすすめします。

 

 

 

注文管理レポートの利用

 

注文管理レポートも

大口出品だけ利用できます。

 

 

一括出品ツール同様、

他のツールでの注文管理の方が

便利ですので、

この機能もなくても

特に問題ないものです。

 

 

出品者独自の配送料金とお届け日時指定の設定

 

こちらも大口出品だけ

設定可能な機能です。

 

 

大口出品で自己発送をする人は、

出品者が独自に

配送料金を決めることが可能です。

 

 

また、購入者が

お届け日時指定を設定できるので

購入してくれやすくなります。

 

 

購入者へ提供できる決済方法(出品者出荷の場合)

 

小口出品はこちらの5種類です。

 

・クレジットカード

・Amazonギフト券

・「Amazonショッピングカード」

・請求書払い

・携帯決済

 

 

これに加え大型出品では

・コンビニ決済

・代金引換

・Edy払い

が選択肢になってきます。

 

 

特にコンビニ払いと

代金引換を希望する方は多く、

選択肢として無いということは

購入者に選んでもらえないことに

繋がる可能性が高いです。

 

 

オプションサービス

 

大口出品では

・FBA

・マケプレプライム

・スポンサープロダクト

・法人販売プログラム

が使えるのに対し、

小口出品ではFBAのみにとどまります。

 

 

特に広告オプションの「スポンサープロダクト」が

使えないのが非常に痛いです。

これは後々、売れ行きに大きく響いてきます。

 

 

 

まとめ

 

結局のところどちらを選んだらいいの?

と頭を抱えていませんか?

 

 

私は「大口出品」

を選ぶことを強く勧めます。

 

 

50商品以上販売でお得

と登録料の項目で触れましたが

せどりをやっていけば

月に50という数字は

簡単に越えられます。

 

 

なおいつでも小口から大口に、

大口から小口に

変更は可能ですので、

ご安心ください。

 

 

 

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ