数ある価格改定ツールのひとつで、

ライバルセラーからも人気のツールです。

 

 

月額4800円で利用できます。

 

 

マカドを利用するにあたり、

しっかりと操作方法や機能を

理解しておきましょう。

 

 

1.価格改定

 

 

 

 

画面上部の「価格改定」をクリックすると、

様々なデータが

一目でわかるようになっています。

 

 

何度価格改定が行われたか、

自分の出品している商品の中で、

カード取得権利がある商品数などが

これを見ればすぐにわかるので便利です。

 

 

価格改定画面で操作方法が

わからない場合は、

オレンジの

「価格改定ページのマニュアル」を

クリックするとサポートページが

開きますので、そこから確認できます。

 

 

2.表示商品を絞り込む

 

 

 

 

特定の商品を探したい場合、

上の検索欄で、

ASINや商品名を入力すると出てきます。

 

 

また、表示する商品を下部の

選択ボタンから絞り込むことができます。

 

 

3.価格改定商品の表示画面

 

 

 

 

タイトルに△▽マークがあるところは、

並べ替えができます。

 

 

まず左半分から見ていくと、

出品価格順に並べたり、下限価格が

安い順に並べたりすることができます。

 

 

上限、下限の価格設定も

この画面でできます。

 

 

上限価格は、

あまり利用する機会がないですが、

極端に高く出品する人が出てくると、

その価格に合わせて

価格設定しようとします。

 

 

それを防ぐために上限を設定します。

 

 

「コンディション説明・リードタイム」を

クリックすると、

マカドから直接コンディションの説明が

編集できます。

 

 

しかし、商品がマカドに読み込まれた後に

他のツールで商品説明をすると、

説明欄が空白になるので注意が必要です。

 

 

セラーセントラルから削除した商品が、

いつまでも表示されている場合は、

「商品情報リロード」をクリックすると、

削除されます。

 

 

画面右半分で見ると、

「改定価格」の項目は、

手動で出品価格を変更したり、

特定の商品だけ値下げ改定をしたい場合に

ここで設定をします。

 

 

Amazon無視」をクリックすると、

Amazonをターゲットから除外します。

 

 

Amazonが入荷待ちの状態で

安く出品している場合に、

高値で改定させます。

 

 

「出品価格」の項目で、

初期:○○円はマカドにデータが

読み込まれた時の価格です。

 

 

環境設定で初期価格を

保持しないように設定しておくと、

商品価格の欄に金額を

入力することで初期価格が更新されます。

 

 

4.各種リミッター

 

 

マカドでは、

下限価格、値下げリミット、

初期リミットの3種類の

リミッターがあります。

 

 

下限価格だけ設定していると、

ターゲットが自分の下限価格以下まで

値下げをした場合、自分も釣られて

下限価格まで下げますが、

値下げリミットや初期リミットを

設定しておくと、

もしリミットを超えてしまう場合に

リミットがかかり、価格改定を

スキップします。

 

 

これら3種類のリミッターを

組み合わせ、うまく活用しましょう。

 

 

もし、リミットに引っかかる商品が

多いと感じたら、設定を見直しましょう。

 

 

5.Amazonのランキングによる追加値引き

 

 

 

 

マカドでは、Amazonのランキングによって

追加値引きできる機能があります。

 

 

低ランキングの商品を扱っている人は

あまり需要がないかもしれませんが、

ランキングが高く、回転率がいい商品を

扱っている人には便利な機能です。

 

 

しかし、値下げをすれば、

ライバルも値下げをしてきますので、

値下げ合戦になってしまうことは

十分に考えられます。

 

 

そのことを頭に入れておきながら、

活用しましょう。

 

 

6.まとめ

 

 

このように、マカドは様々な機能があり、

大変使い勝手の良いツールです。

 

 

特に、

 

 

・月額4800円かかるが、費用対効果が大きい。

・マカドでしかできない機能がいくつもある。

 

 

この点が挙げられることから、

ぜひマカドを利用することをオススメします。

 

 

うまく活用し、より利益を上げていきましょう。

 

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ