「メーカーとの交渉」と聞いて

身構えてしまうかもしれませんが

そこまでせめぎあうような交渉は行いません。

 

 

実際に仕切り値(卸値)は

決まっていることがほとんどです。

 

 

そのためよほど大量にロット数を仕入れられない限りは、

あまり交渉はすることはありません。

 

 

これを書くと少し語弊を招いてしまいそうですが、

多く仕入れられるような状況になれば、

このような交渉はとても重要になってきますので、

あくまでも初期段階では必要のない、

と言うことで頭の片隅に置いておいてください。

 

 

では実際にどのように営業していくか、

契約をとっていくのかを、

ご紹介します。

 

 

問い合わせ方法

 

 

電話でももちろん良いのですが、

まずはメールでアプローチしてみてください。

 

 

そしてメーカーの出方を見てみてください。

メールで返信してくれる方もいらっしゃいますし、

わざわざ電話をいただけることもあります。

 

 

またこの際、各メーカーの

レスポンスのスピードも確認しておきましょう。

 

 

 

メーカーから聞かれる内容

 

 

これは大抵決まっているものが

3つありますので、

あらかじめ返答は考えておきましょう。

 

 

①あなた自身のこと

 

個人事業主としての紹介ですが、

あなたのがどのような事業を行っており、

今後どういう事業していきたいのか、

というのは間違いなく聞かれます。

 

 

 

②なぜ興味を持ったか、なぜ仕入れしたいのか

 

①の延長戦になりますが、

なぜそのメーカーの商品を

仕入れしたいのかということをお伝えします。

 

 

ストーリーが大切ですので

筋が通るようなものを考えておいてください。

 

 

 

③どこでどのように販売するのか

 

そこから実際にあなたがどこで販売していくのか、

についてお伝えすることになります。

 

 

小売なのか、卸売なのか、

国内で販売するのか、国外に販売するのかなど、

できり限り伝えてください。

 

 

 

以上などをお伝えして

メーカーの方で審査をしていただきます。

 

 

ここで数日審査を経て仕入れが可能かどうか、

そのメーカーの営業から連絡が入ります。

 

 

 

大きいメーカーとの交渉

 

 

やはり大手のメーカー、

例えばパナソニックのような

大手のメーカーさんの商品も取り扱いたいかと思います。

 

 

ただ当然ですが、かなり難しいのも事実です。

Amazonの他にも販売先を準備するなどして臨んでください。

 

 

できないのは心理障壁によるものですので、

まずは気負いせずに連絡してみてください。

 

 

 

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ