メルカリの売上金には

実は有効期限が設定されており、

その有効期限を過ぎてしまうと

それまでの売上金が

引き出せなくなってしまうことがあります。

 

 

昨年、SNSから

火が付き、ニュースにまでなりました。

 

 

 

 

そこで本記事で

メルカリの売上金についての注意等

まとめました。

 

 

 

メルカリの売上金のシステム

 

 

 

 

そもそもメルカリでは

売上に対して少々特殊な

システムを採用しています。

 

 

その名も『エスクロー方式』。

 

 

これは、購入者が支払ったを代金を

一度メルカリ運営が預かり、

出品者から商品が到着し、

購入者が出品者を評価したタイミングで

メルカリが運営が預かっていたお金が

ようやく、出品者の手元に届く、

という仕組みです。

 

 

これを採用している理由は、

購入者が代金を振り込んだ後、

 

・商品がそもそも届かない

・頼んだものと違う商品が届いた

・不良品が届いた

 

といったトラブルを回避するためです。

 

 

売上金はアプリ内部で

貯まる仕組みになっており、

現金化したい場合には

振込申請をメルカリ運営に行って

メルカリから口座に

振り込んでもらう必要が

生まれています。

 

 

なおその特性上、

売上金はそのまま

商品の購入にも使えます。

 

 

 

売上金の期限

 

 

 

 

売上金の有効期限は

90日(3か月)となっています。

 

 

これは商品が売れて、

メルカリから売上金を受け取ったその日から

90日となりますので、

商品ごとに売上金の有効期限は

1つ1つ異なってきます

 

 

具体的に売り上げの有効期限は

マイページの設定のなかの

売上・振込申請から売上金の振込申請期限で

確認することができます。

 

 

有効期限を過ぎた売上金は

アカウント開設時に登録した口座に

自動的に振り込まれる仕組みです。

 

 

ここで間違っても

「なら放置していいじゃないか」と

思わないでください。

 

 

実は自動振り込みには

2つ悪い側面があります。

 

 

手数料の発生

 

売上金を銀行口座に

メルカリでは口座に振り込む場合、

それが1万円未満ですと、

210円の手数料が発生します。

 

 

これは売上金を放置していると

有効期限のたびに発生するので、

ふと気づいたら

冗談で済まされない手数料に

なりかねません。

 

 

 

口座が登録されていないと失効

 

自動振り込みは

銀行口座を登録している場合に

限るシステムですので、

登録をしていないと

受け取ることすら叶いません

 

 

忘れて失効してしまったら

迅速に事務局に連絡を取りましょう。

 

 

 

売上金のポイント化

 

 

 

 

少し触れましたが

売上金は現金化するだけでなく

メルカリ内で使用可能な

ポイントに変換することもできます

 

 

ポイントに変更すると

銀行口座に振り込めなくなりますが、

有効期限を1年に

延長することが可能です。。

 

 

これのおかげで

1万円未満の売上でも

手数料がかからないように

なっています。

 

 

また、もし

メルカリで銀行振り込みを選択すると、

お急ぎ振込でない限りは

売上金が口座に振り込まれるのは

3日~1週間の時間を要します。

 

 

・すぐにお金を使いたい

・手数料を取られたくない

・銀行口座を登録できない

 

この条件に当てはまる方は

銀行振り込みではなく

ポイントに変換するのも

決して悪い選択肢ではありません。

 

 

 

まとめ

 

あのニュースの裏事情、

ご理解いただけましたでしょうか。

 

 

現金化とポイント利用、

それぞれ一長一短ですので、

その時に応じたものを選びましょう。

 

 

どちらにせよ、

銀行口座の登録は

特別な事情がない限り

やっておくようにしましょう。

 

 

 

 

 

せどりの仕入れのために

ポイントでそのまま

仕入れても良いですね。

 

 

 

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ