ここまで

 

・ヤフオク

・メルカリ

・フリマ

・オタマート

 

とご紹介してきましたが、

ここで改めて仕入れ・出品者両面の

 

・結局どれが使いやすいのか

・手数料が安いのか

・ユーザー数は多いのか

・取引の信頼性はどうなのか

・仕入れルートはどうなっているのか

 

これらを比較した表を

ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

では各項目

1つ1つ見ていきましょう。

 

 

出品会費

 

各アプリ運営側も

出品されなくては

手数料が発生せず、

商売にならないため、

基本的には無料のようですね。

 

 

ヤフオクだけ月に498円が必要になってきますが

手に入る利益を考えれば

ほぼ無視できる額なのではないでしょうか?

 

 

 

購入手数料

 

これはどこも無料ですね。

買い手がいなければ

フリマアプリの手数料は

そもそも発生しないので、

まずはお客さんを招きたいのでしょう。

 

 

 

販売手数料

 

ここで差が生まれます。

かつてはラクマは無料だったのですが、

現在はメルカリ・オタマートと同じ10%です。

一方、ヤフオクは8.64%と少しだけ安く、

せどらーは多くの商品を販売することもあるため、

この差は見逃せません。

 

 

 

ユーザー数

 

メルカリが知名度と敷居の低さから

トップをひた走っています。

 

 

なおユーザー数では

メルカリがトップですが、

流通額はヤフオクがメルカリの

3倍を誇っており、

これは流通するものと

使用者層の差から生まれた数字です。

 

 

というのも、メルカリ・フリマ・オタマートが

CtoC(個人と個人)の取引のみであるのに対し、

ヤフオクはCtoCだけでなく、

BtoC(企業や法人と個人)の取引が可能なことから

ここまで大きな流通が生まれています。

 

 

 

エスクロー決済

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

改めてエスクロー決済について

ご紹介しますと、

今回の場合、フリマアプリ運営が

間に入ることで

購入者側なら「代金を振り込んだのに商品が届かない」

販売者側なら「商品を送ったのに代金が確認できない」

といった詐欺行為の確実な回避に繋がります。

 

 

これのおかげで

不必要なトラブルの発生を

避けられるのはありがたい限りです。

 

 

 

匿名配送

 

唯一可能なメルカリには

「らくらくメルカリ便」という、

匿名配送サービスが存在します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これがかなりメルカリにユーザーが集中している理由の

1つと言えるでしょう。          

 

 

これはA4~160cm四方のものまで対応しているうえに、

販売者側が配送状況を確認できると、

至れり尽くせりのものです。

 

 

ぜひとも積極的に利用していきましょう。

 

 

 

18歳以下の利用

 

まずヤフオクの制限、というのは

15歳以上が利用可能ですが、18歳未満は

入札や閲覧に制限がかかる、

というものです。

 

 

基本的には問題ありませんが、

未成年との取引に不安を感じるようでしたら、

ラクマを使用するなどしましょう。

 

 

 

まとめ

 

冒頭の表を再掲します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがだったでしょうか。

まさに一長一短ではないでしょうか。

 

 

最初は試してみて、

自分のスタイルに合ったものを選んでいってください。

 

 

 

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ