せどりと転売が違うということを

ご存知でしょうか?

 

 

そもそもAmazonせどりで何ができるのか?

さらには、Amazonせどりをすることで

どういったメリットがあり、何が得られるのか?

 

 

といったせどりのいろはを

お話させていただきます。

 

 

「せどり」という言葉をこれまで

あまり聞き慣れなかったかと思います。

 

 

転売を勉強していくと、必ず最初に

「なにそれ?」となる転売用語だと思います。

 

 

せどりの意味

 

せどり(競取り、糶取り)とは、

『同業者の中間に立って

品物を取り次ぎ、その手数料を取ること。

また、それを業とする人』を指すが、

一般的には古本用語を元にした

「掘り出し物を第三者に販売して利ざやを稼ぐ」商行為を指す言葉。

(Wikipedia参照)

 

 

せどりを「背取り」と書くことがありますが、

これは、本棚に並べられた

本の背表紙だけを見て目利きで

仕入れることが語源になっているようです。

 

 

 

仕入れとの違い

 

仕入(しいれ)とは、

消費者や小売業者、卸売業者などへ販売したり

製品化する目的で商品・材料などを

メーカー・卸売業者から購入すること。

また、簿記・経理用語として勘定科目の一つ。

 

 

通常物品を購入した場合には

借方に「仕入」として仕訳され、

反対勘定には掛による仕入れの場合は

「買掛金」、現金による購入の場合には

「現金」勘定に仕訳される。

(Wikipedeia参照)

 

 

せどりは、

同業者間で良品の流れを作り、

利益を取るという行為に対して、

 

 

仕入れは、

企業や個人など複数の間で物の流れを

作ることを目的に商品を購入することを意味します。

 

 

誰に向けて販売しているのかという点が違いです。

 

 

 

転売とせどりの違い

 

最後に転売の意味も見てみましょう。

 

 

転売とは、

買い取った物を、さらに他に売り渡すこと。

(goo国語辞書参照)

 

 

まず、どちらも安く買って高く売る

と言った意味では同じになります。

 

 

しかし、

転売屋という言葉の意味には、

主に数量が限定されるなどの入手が

困難な商品を転売目的で大量に購入し、

インターネットオークション

等で高値で販売すること。

というものが含まれています。

 

 

「せどり」は幅広く商品を

安く手に入れ、高く売ること。

かつ同業者間のやり取りに絞られるのに対して、

 

 

「転売」は希少価値の高い限定版製品や、

入手困難な商品を安く手に入れ、

欲しい人に高値で売る。

という若干の違いがあることを

ご理解いただけたでしょうか。

 

 

ちなみに、

転売自体は違法でも犯罪ではないですが、

アーティストのコンサートや

ライブ等のチケットだけは、

転売目的で購入して

高値で売ると違法になりましたので、

この点は本当に注意して抑えておきましょう

 

 

 

せどり業界の現状

 

「今からAmazonせどりを始めても、

せどらーが飽和しており

今からでは遅いのではないか?」

 

 

「今からAmazonせどりを始めるのは

リスクが高いのでは?」

 

 

といった意見が

よく初心者の方から聞かれます。

 

 

実際問題、Amazonせどりに関しては

ライバルが多いのは事実です。

 

 

副業をやっている方と話すと

意外とせどりに触っている方は多いです。

 

 

ただせどりを始める人も多いですが、

コンサルを受けたりせず

中途半端に情報を集めて始める方も多く、

すぐに退散してしまう事が多いのも事実です。

 

 

ですが過去のコンサル生で

今現在しっかり収益を

上げ続けている人は少なくありません。

 

 

それほどAmazonせどりの

市場が大きさが揺らがない証拠になります。

 

 

また、自分自身の強いジャンルを

作ることも大事です。

 

 

得意分野があるだけで、

ライバルせどらーを出し抜き

1人勝ちできることもあります。

 

 

例えば、企業で商品販売を行う際には、

競合分析のリサーチ作業を行いますが、

ライバルせどらーの弱みと強みをリサーチして、

差別化を図り売上を伸ばしていくことも出来ます。

 

 

弱みのリサーチに対しては、

自分だったらどう改善していくのか

解決策を出しておく。

 

 

強みのリサーチに対しては、

どのように対抗すれば

お客様に選んで貰えるか

対抗策を考えておく。

 

 

マーケティングの一環として、

考えておいて損はまずありません。

 

 

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ