今記事では

生命線となるAmazonアカウントを

閉鎖・削除から守るために、

どうすればいいのか。

これについて、お伝えしていきます。

 

 

Amazonからの措置

 

Amazonアカウント停止

 

Amazonアカウントが停止されると

商品の販売・売上金の入金が

できなくなります。

 

 

あくまで、「一時」停止なので

しっかりと改善点をAmazonに示せば、

アカウント停止の解除は可能ですので、

焦らず落ち着いて対応しましょう。

 

 

ただし、それが示せない場合は

次の段階である

アカウント閉鎖に移ってしまいます。

 

 

 

Amazonアカウント閉鎖

 

アカウントを閉鎖された場合の処分は

 

・90日間の入金停止

・FBA在庫の返送

 

が行われてしまいます。

 

 

前者については、

90日間購入者への返金や補填に当てられ、

その後入金されます。

 

 

もちろんその間に返金などがあった場合は

入金予定の金額から差し引きされるので、

満額入金されるかは不確定です。

 

 

FBA在庫の返送については

閉鎖時点でFBAに預けている商品が全て、

有無を言わさず自宅に返送されます。

 

 

アカウントが復活することは

基本的にできず、

再度Amazonで

販売することはできません。

 

 

アカウント停止の理由

 

Amazonユーザーに対して

良くない対応を取ったり

Amazonの規約を守れない販売者が

対象になってきます。

 

 

具体的には、以下のいずれかが

原因となってきます。

 

 

・Amazon顧客満足度の低下

・カスタマーレビューの操作

・Amazon規約違反

 

 

しっかり対処すれば

アカウントは復活しますが

停止中は入金が

完全にストップしますので、

特にクレジットカードで

仕入れしている方には痛手となります。

 

 

Amazon顧客満足度の低下

 

顧客満足度が低下した理由は、

こちらの5つがあります。

 

 

・注文不良率

・キャンセル率

・出荷遅延率

・ポリシー違反

・回答時間

 

 

この5つからアカウントヘルスの

目標値をAmazonはチェックしています。

 

 

目標値に対する達成状況は、

Amazonの管理画面(セラーセントラル)の

パフォーマンス指標の画面からも

このように確認できます。

 

 

下回っても削除まではいきませんが、

カート獲得率の低下など様々な影響が出ます。

 

 

カスタマーレビューの操作

 

Amazonユーザーは高い確率で

カスタマーレビューを見て、

買うかどうかを判断しています。

 

 

しかも、レビュー数は

Amazon内のSEOの

「A9」にも影響してきますので、

特にAmazonせどり初心者の方は、

いかにレビューを集めるか

考える必要があります。

 

 

※A9とはより商品が売れやすくなるよう

Amazonが操作していることです。

 

 

なお、対価を支払いレビューをお願いしたり、

自演でのレビュー操作を行うことは

即刻アカウント停止の対象となります。

 

 

Amazon規約違反

 

Amazonの規約は、

大きく分けて2つあります。

 

 

・Amazon マーケットプレイス参加規約

・Amazon マーケットプレイス出品規約

 

 

特に注意しないといけないのが、

Amazonの出品規約違反です。

 

 

これを違反してしまうと、

アカウント削除は避けられないでしょう。

 

 

ただ、商品が説明と違った、

程度の場合は

アカウント一時停止に

留まることがほとんどです。

 

 

何が重大で、何が軽微なのかは

正直販売者側で

判断できるものではないので、

まず規約違反をしないことです。

 

 

アカウント削除の理由

 

処置の対象になるのはこの2つです。

 

・法律違反

・アカウント停止から反省が見られない場合

 

 

法律違反

 

Amazonせどりを行ううえで

特に注意しなければならない法律が

5つあります。

 

 

・商標権

・知的財産権

・薬事法

・ポリシー違反

・特定商取引法

 

 

アカウント停止から反省が見られない

 

アカウント停止措置を受けると、

17日以内に同じ違反が出ないための

改善策を提出する必要があります。

 

 

既定の17日経過しても改善策を示せない場合、

反省の色が見えないと判断され、

アカウント閉鎖となります。

 

 

一度削除対象となったアカウントと

何かしらの情報が紐づいてしまえば、

現在運用中のアカウントが問題なくても

アカウントが削除されてしまいます。

 

 

アカウントが閉鎖されたからと、

再びアカウントを作成しても、

IPアドレスや口座番号、住所が

1つでも同じだったり、

前のアカウントと販売商品が酷似していると

停止アカウントと認識され削除されます。

 

 

Amazonアカウント停止を回避する方法

 

Amazonせどりで

本気で稼ぎ続けたいのであれば、

Amazonから提示されたヒントを守って、

アカウント削除のリスクを回避してください。

 

 

・Amazonから提示されたヒントを厳守する

・アカウント健全性の目標数値を維持する

・1ヶ月の返金率が当月の受注数の5%未満

 

 

この3つだけは必ず守るように、

常に意識しましょう。

 

 

 

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ