卸業者とは

卸業者とは、他から仕入れた商品を、

小売業者や他の卸売業者に

販売する事業です。

 

 

また、業務用に使用される商品を

販売する事業でもあります。

 

 

 

 

上の図でいうと

メーカーと小売業の間に立って、

仲介する役割を果たしています。

 

 

卸業者が必要な理由

 

メーカーが販売の幅を広げていくには

小売業に対して営業をしないといけない

場合があります。

 

 

その時、サポートをしてくれるのが卸業者です。

 

 

卸業者せどりのメリット

 

1.卸価格で仕入れができる

 

業者仕入れの最大のメリットは

一般的な小売り価格よりも安い

「卸価格」で商品を仕入れることが

出来るところです。

 

 

契約する問屋や商品の

カテゴリにもよりますが、

定価の30%~40%OFFで

仕入れができるケースが多いです。

 

 

また、業者と

長く良い関係を築くことで

「卸価格の交渉」をすることも

可能になってきます。

 

 

最初は30%~40%OFFだったものが、

交渉次第で、定価の35%~44%OFFなど、

金銭面でのメリットが

大きくなる場合があります。

 

 

2.ライバルが少ない

 

安く仕入れが出来るに次いで

同じくらい大きなメリットが

業者仕入れはライバルが少ない

という点です。

 

 

業者仕入れは「面倒くさい」という

イメージがついてしまっているようで、

実践している人は極端に少ないようです。

 

 

実際のところは、業者をリサーチする作業も、

業者と交渉をする作業も

難しいことは1つもありません。

 

 

3.同じ商品の大量仕入れが可能

 

同じ商品を大量に仕入れが出来るところ

業者仕入れの魅力の1つです。

 

 

限定商品であっても、

基本的に購入制限はないので、

1回の注文で大量注文することも可能です。

 

 

ただ、大量に仕入れが出来るから

と言って、何も考えずに

一気に仕入れをするのはもちろんNGです。

 

1ヶ月に売り切れるだけの商品を

仕入れるようにしましょう。

 

 

4.後払いに出来る

 

業者から仕入をする際

支払いを遅らすことができるという

メリットもあります。

 

 

現金で支払わないといけない

場合もありますが、

Paidyを導入しているサイトを

利用することで

支払いを遅らせることができます。

 

 

業者仕入をする際の注意点

業者から仕入をする際は

いくつかの基準を満たしていないと

商品を卸してくれるところは

あまり多くないです。

 

 

例えば

 

①個人事業主には卸さない、

②資本金300万円以下の会社には卸さない

 

といったような条件があります。

 

 

卸業者のリサーチ方法

 

卸先を探す方法としては

まずはネットで検索をかけてみましょう。

 

 

地域やジャンルを検索すると

すぐにヒットしますよ。

 

 

業者が見つかったら、電話やメールで

アプローチをかけていきます。

 

 

できれば電話のほうが手っ取り早いので

メールをするより直接営業担当に

連絡をしたほうがより良いでしょう。

 

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ