せどりを行う上で欠かせないのがツールです。

 

 

スマホアプリしかり、

Amazonの価格改定ツールしかり、

せどりで稼ぐためには

様々なツールを駆使していく必要があります。

 

 

今回は無料で使える便利なツールたちをご紹介します。

 

 

 

スマホアプリはリサーチに必須

 

今回ご紹介する便利なツールたちは、

主に店舗せどりでリサーチをする場合に必須のものとなります。

 

 

店舗せどりの場合、

自身のノートPCを店舗に持ち込むわけにはいきませんので、

主にスマホを使ってリサーチをしていくことになります。

 

 

ではスマホでリサーチするために必要なツールって

どんなものがあるのでしょうか?

 

 

 

スマホはiPhoneがオススメ

 

 

リサーチに使うスマホは、アンドロイドよりiPhoneをオススメします。

 

 

ほとんどの情報発信者がiPhoneを使っていますし、

ぼくもiPhoneを使っています。

 

 

ネット上に出ているせどりノウハウのほとんどでiPhoneが使われていますし、

iPhoneの方が動作も軽快なので、

効率よく仕入れをすることができますよ。

 

 

iPhoneを使っていればまず間違いないというところですね。

 

 

リサーチ用のスマホアプリについても、

iPhone用のアプリの方が、アンドロイド用のアプリよりも安定して動作します。

 

 

アンドロイド用のアプリは動作が不安定なものが多いので、

モノレートを開こうとしたら落ちたりするなど、あまりオススメできません。

 

 

 

リサーチアプリは、セドリームが使いやすい

 

せどりで使うリサーチツールには、様々な種類があります。

 

 

iPhoneだけでも、せどりスト、アマコード、セドリームなど

たくさんの種類のアプリを使うことができます。

 

 

基本的にどのアプリを使ったとしても、

バーコードの読み取り、損益分岐点の計算、モノレートへのリンク

といった基本的な機能は含まれていますので、

後は個人の好みになります。

 

 

数あるiPhone用のせどりアプリの中でも、

ぼくはセドリームをおすすめします。

 

 

最もエラーが少なく、軽快に動作するのでおすすめですよ。

 

 

ブックオフ用インストアコード対策には、アマコードを使いましょう

 

 

ブックオフでリサーチする際の最大の難関は何かご存知でしょうか?

 

 

それはインストアコードと呼ばれる、ブックオフ独自のバーコードです。

先ほど解説したリサーチツールはこのインストアコードを読み取ることができませんので、

インストアコードを読み取る専用のアプリを使う必要があります。

 

 

使い分けが必要、ということですね。

インストアコードを読み取れるアプリ、

それが、アマコードというアプリです。

 

 

価格はもちろん無料で使える優れものです!

 

 

ぼくは、インストアコードはアマコード、

それ以外のバーコードはセドリームを使っていますが、

インストアコードを含む全てのバーコードをアマコードで読んでも何の問題もありません。

 

 

このあたりは個人の好き好きですので、いろいろ試して選んでみてくださいね。

 

 

 

バーコードが無い商品を検索するのは、

セラーセントラルアプリとモノレートがあれば十分です!!

 

店舗で仕入れをしていくと、

バーコードが貼っていない商品に出くわすことがあります。

 

 

初心者の方の多くが、そういう商品のリサーチ方法を知らないか、

知っていても面倒だと感じてスルーしているのです。

 

 

実はこれって本当にもったいないことをしていますよ。

バーコード無しの商品って、利益商品の宝庫なのです。

他の人が狙わないジャンル、こういうところに利益商品が眠っていますので

積極的にリサーチしていきましょう。

 

 

それでは、バーコードが無い商品って

どうやってリサーチすればいいのでしょうか。

 

 

使うツールはもちろん全部無料となっています。

セラーセントラルのスマホアプリと、モノレートを使えば、

バーコード無し商品のリサーチなんて簡単にできちゃいますよ!

 

 

 

その他のお役立ちツールたちを一挙大公開します

 

スマホ用のアプリ以外にも、

せどりに役立つオススメのツールがあります

 

 

もちろん全部無料で使うことができます。

中途半端な有料ツールにお金を使うくらいなら、

その分を仕入れ資金に回しましょうね。

 

 

実際にぼくは先ほど紹介したリサーチアプリと、

ここで紹介するツールだけで、せどり開始45日で月収30万円を達成しましたので、

店舗せどりでこれ以外のツールはハッキリ言って不要だと思います。

 

 

ビームも正直言っていらないですね。

 

 

 

仕入れ店舗の検索にはロケスマを使おう!

 

店舗せどりをやろうとすると、「どの店舗に仕入れに行くか?」を決める必要があります。

 

  • ブックオフ
  • ハードオフ
  • その他のリサイクルショップ(セカンドストリートなど)
  • 家電量販店
  • ホームセンター
  • ドラッグストア
  • ショッピングモール

 

主に仕入れに行くのはこんなような店舗だと思います。

あなたは、この店舗をいったいどうやってリサーチしますか?

 

 

グーグルで「●●●(お住まいの地域)+ブックオフ」や、

「●●●+家電量販店」という具合に調べてもいいですが、

もっと簡単に調べる方法があるのです。

 

 

それが、ロケスマというアプリです。

ロケスマを使えば、地図上にあなたが訪問したい仕入先を

簡単に表示させることができますよ。

 

 

あなたがお住まいのエリアだけではなくて、

ちょっと遠出して遠征するときにも便利なツールです。

 

 

 

 仕入れ前には必ずグーグルマップで仕入れマップを作成しよう!

 

 

ロケスマで店舗を検索したら、次は仕入れマップを作りましょう。

 

 

仕入れマップ?

なんか作るの面倒だなぁ。。。って思ったあなた!

 

 

ぼくの周りでせどりで大成功している人のほとんどが

仕入れマップを作っています。

 

 

ぼく自身、自分の仕入れに行くときや、

せどりツアーでご依頼者の方のエリアに出張仕入れに行く場合は、

必ず仕入れマップを作っています。

 

 

仕入れマップはグーグルマップを使って作成しましょう。

全部無料でパソコンでもスマホでも

閲覧できる便利な仕入れマップを、

簡単に作成することができますよ。

 

 

 

仕入れた店舗の確認は、グーグルのタイムライン機能を活用しよう!

 

仕入れに行きました!

運良くたくさん仕入れることができました!

 

 

こんなとき、あなたが次にやるべきことは何でしょう?

FBA納品?

 

 

いいえ、その前にやることがあるのです。

あなたがせどりで大きく稼ぎたいと思っているなら、

必ずやった方が良いことをお教えしますね。

 

 

それは仕入れに行った店舗の振り返りです。

 

  • どの店舗でたくさん仕入れられたのか?
  • 週に1回ペースで訪問した方が良いオススメ店舗はどれか?
  • 反対に再訪の必要が無い店舗はどれか?

 

このような情報を先ほど作成した仕入れマップにまとめていきましょう。

 

 

ぼくの場合は、お気に入り店舗のアイコンを「ハート型」にするなどして、

次回同じエリアを回るときはこのハート型のアイコンの店舗を中心に

ルートを作成するようにしています。

 

 

こうすれば次回はより効率よく、

おすすめ店舗(利益商品を見つけやすい店舗)を回っていくことが

できるようになりますからね。

 

 

あなたがその日どの店舗に仕入れに行ったのか?

そしてどれくらいの時間滞在したのか?

こういった情報はいちいちメモすると手間ですので、

グーグルのタイムライン機能を使って自動で収集していきましょう。

 

これを使えばあなたの1日の仕入れを簡単にそして一瞬で振り返ることができますよ!

 

 

 

おわりに

 

それでは最後に、今回ご紹介した店舗せどりでの必須ツールのまとめです。

今一度必須ツールを記載しておくので、

しっかり記事を読んで確認してくださいね。

 

  • セドリーム
  • アマコード
  • セラーセントラル
  • ロケスマ
  • グーグルマップ

 

まだこれらのアプリをインストールしていない方は、

早急にインストールしましょう。

 

 

すぐ行動できる人はきっとせどりでも成功するでしょう。

しっかり、これらのアプリを活用して、

店舗せどりでの効率や利便性を高めてください!

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ