ヨドバシカメラは

全国で23店舗しか営業していませんが

家電量販店としての売上は

5位に位置しています。

 

 

創業した当時は

藤原写真商会という名前で

営業をしていました。

 

主にカメラや周辺機器を扱うお店で、

昭和42年に新宿区淀橋に

淀橋写真商会を設立したことから、

現在のヨドバシカメラという

会社名になっています。

 

家電量販店として日本で初めて、

「ポイント」という形で

特典をつけ始めたのは

ヨドバシカメラです。

 

 

全国に23店舗と

他の家電量販店より

店舗数が非常に少ないです。

 

 

見かけた際には

足を運んでみてください。

 

 

ヨドバシせどりのメリット

 

コンディションを気にする必要がない

 

新品商品がメインとなるので

コンディションを

気にする必要がありません。

 

 

納品する時も、

コンディションチェックのために

箱を開けたり、

付属品をチェックしたりする

必要がないので、

手間がかからないです。

 

 

ゴールドポイントが10%もらえる

 

ヨドバシカメラでは、

ゴールドポイントと呼ばれている

ポイントが付きます。

 

このポイントは、

ゴールドポイントカードを使用して、

現金やデビットカードで支払った場合

10%付与されます。

 

 

また、

ゴールドポイントカードアプリを

使用して支払いを行った場合

クレジットカード払いでも

10%付与されるという

お得な利点もあります。

 

 

このポイントは

1ポイント=1円で

使用することが出来ます。

 

 

ヨドバシカメラせどりの仕入れ時期

 

1.決算セール

 

ヨドバシカメラの決算は

3月末のため、

3月ごろから

ワゴンセールやヨドの市といった形で、

在庫処分の決算セールを行っています。

 

 

2.年末年始、クリスマス

 

年末年始、クリスマスは

セール時期の定番ですよね。

 

この時期になると、

アマゾンでは

子供向けのおもちゃやゲームは

値上がりするので

ヨドバシカメラのセールを

狙って仕入れをしましょう。

 

 

仕入れ方法

 

・ヨドの市(ワゴンセール)

通常の家電量販店だと

ワゴンセールといいますが、

ヨドバシカメラでは

ヨドの市といったような

形式でセールを行っています。

 

 

このセール時は、

通常より商品が安くなっているので

チェックしておきましょう。

 

 

展示処分品

展示処分品でも、

ガラスケース内に保管されていた商品は

綺麗で状態がいいものがあります。

 

 

また、

展示処分品と書いてあっても

新品の在庫が残っている

場合もありますので、

一度店員の方に声をかけてみましょう。

 

 

もし、在庫がある場合は

展示処分品と同じ値段にしてもらえるか

価格交渉するのもアリです。

 

 

「在庫限り」のPOP

在庫限りの商品は、

セール時などによく見かけます。

 

 

お店に出ている分しか

ないことが多いので、

見かけた際は要チェックです。

 

 

ヨドバシカメラ仕入れの注意点

 

1.在庫処分でも販売価格が高め

 

ヤマダ電機などの

大手の家電量販店と比べると、

在庫処分品や型落ち品でも

販売価格が比較的に高めなので、

家電量販店の中では

仕入れにくい部類に入ります。

 

2.店内が広い

 

他の家電量販店と比べると

ヨドバシカメラは

フロアがダントツで広いです。

 

 

それだけ広いと

リサーチに時間がかかってしまう事が

デメリットではありますが、

ジャンルが広く、

商品の品揃えが豊富という

メリットもあります。

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ