ケーヨーデイツーは

全国に約180店舗展開する

ホームセンターチェーンです。

 

 

 

 

日用品から食料品、

家電品からペットグッズなど

品ぞろえは非常に豊富です。

 

 

現在、店舗数は中部から、

関東地方が多く展開しています。

 

 

和歌山、大阪から南以降、

関西や九州での展開はしていなく、

宮城県から北以降も店舗展開はないようです。

 

 

ケーヨーデイツー仕入れのメリット

 

ライバルがほぼ不在

 

家電量販店で仕入れをしていると

ライバルがいることがありますが

ホームセンターでは、

仕入れる商品が見つからないという

イメージからか、

ライバルが少なく、

商品を仕入れしやすいです。

 

 

大量仕入れが可能

 

家電量販店では、

せどり対策を行っている店舗もあり、

同じ商品の大量購入を

断られる場合があります。

 

 

ケーヨーデイツーの場合、

同じ商品をカート何台分でも

仕入れすることが可能です。

 

 

大量仕入れが許されるので

せどらーにはもってこいの店舗です。

 

 

ケーヨーダイツーのお得な仕入れ時期

 

決算セール

 

ケーヨーデイツーの決算月は2月です。

 

この時期になると

在庫処分が一斉に始まるので

仕入れの狙い目です。

 

 

年末商戦

クリスマスや年末は

狙い目の月です。

 

 

これらの時期は冬ですので、

季節家電の暖房器具などを

狙っていくのがおすすめです。

 

 

ケイヨーデイツーで仕入れる時のコツ

 

在庫処分品を狙う

 

 

現品限り

展示品限り

50%オフ

などのように

値札に記載されている商品を

見つけたら確認しておきましょう。

 

 

しかし、

在庫処分といった値札がないものでも、

その店では安くなっていて

十分に利益が取れる商品が

混ざっている場合もあります。

 

 

なので、

在庫処分に限らず、

家電コーナーは一通り

目を通しておくと良いでしょう。

 

 

売り尽くしの黄色値札はチェック

 

 

「売り尽くし」と書かれた

黄色値札の商品も狙い目です。

 

 

これらの値札の商品も

在庫処分品の可能性が高いので

見つけた際は

確認するようにしましょう。

 

 

アウトレット商品(型落ち)

 

季節によっては、

在庫処分セールを

行っていることがあります。

 

 

夏には冷房器具、

冬には暖房器具を

セール価格で販売しています。

 

 

型落ちでも

利益が取れる商品もありますので、

確認して見ましょう。

 

 

ケーヨーデイツーオリジナル商品は狙わない

 

 

ケーヨーデイツーには

オリジナルブランドの商品を販売しています。

 

 

これらの商品は

マイナーな上に、

利益はほとんど出ないので

基本的には避けましょう。

 

 

値段交渉の仕方

もともと低価格の商品は

なかなか安くしてもらえない

傾向があります。

 

 

しかし、

炊飯器やBDプレイヤーなどの

価格が高い商品は

意外と安くなる場合がありますので

価格交渉を1度は試して見ましょう。

 

 

オンラインショップを活用する

 

近くにデイツーが無い方や、

仕入れに行くのが面倒という方は

オンラインショップを活用しましょう。

 

以前は、「デイツーオンライン」という名称でしたが、

現在では「DCMオンライン」に統合されています。

 

 

DCMオンラインでは

価格やメーカーから

細かく商品を探すことが出来ますし、

3000円以上で送料が無料なので

非常に便利です。

 

 

ケーヨーデイツー仕入れの注意点

 

コンディションについて

 

ケーヨーデイツーは

あくまでもホームセンターなので、

家電量販店とは違い、

家電の取り扱い方は

どうしても雑になっています。

 

 

なので、

展示処分品を仕入れる場合は、

キズや動作確認を行い

必ず付属品をチェックしましょう。

 

 

在庫について

 

展示処分品と

書いていない場合でも、

店頭に出ている分しか在庫がなく

展示処分品しかない場合もあります。

 

 

これは家電量販店とは違い、

ホームセンター全般に

言えることですが、

展示品は処分価格で

新品在庫がある場合もあります。

 

 

その時は、

新品在庫をすべて

仕入れるのも良いでしょう。

 

大きめの家電が多い

 

小さな家電よりも、

大きめの家電の取り扱いが多く、

電子レンジや炊飯器、テレビなど

大きくてかさばる商品が多いので

送料分と利益をしっかりと計算して

仕入れる必要があります。

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ