中国輸入転売は、中国から商品を仕入れて

日本で販売する転売方法です。

 

 

日本に比べて中国は人件費などのコストが

あまりかからないため、

安く仕入れられる商品がたくさんあります。

 

 

中国輸入についてしっかりと

理解しておきましょう。

 

 

また、このビジネスを始めるにあたって、

配送やサポートがしっかりしているAmazon

販売先にしましょう。

 

 

 

売る商品をリサーチ

 

商品を売るための一番効率のいい方法は、

これから売れるものを売ることです。

 

 

自分が売りたいものではなく、

人が求めている商品を

リサーチするようにしましょう。

 

 

ある程度販売する商品の目星がついたら、

中国の通販サイトである、

タオバオや、アリババ

リサーチしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

これらのサイトの注意点として、

 

不良品が届いたり、説明文と異なる商品が

送られたりすることがあるので

注意が必要です。

 

 

 

日本に到着するまで

 

購入した商品が日本に送られてくるまでに

ある程度日にちがかかりますが、

配送形態によって時間が違うので

把握しておきましょう。

 

 

①代行会社

 

代行を使って商品を仕入れると、

大体2週間ほどで商品が到着します。

 

 

②航空便

 

航空便は、発送連絡が来たら、

そこから大体4日以内で到着します。

 

 

③船便

 

船で配送するため、発送してから大体

2週間ぐらいかかります。

 

 

しかし、配送料が安いので、

大きな商品を仕入れた場合、

船便を利用しましょう。

 

 

 

購入者への発送

 

 

自分が仕入れた商品が売れたら、

発送しなければなりません。

 

 

この面倒な作業を避けるために、

発送業務はAmazonのFBAを利用し、

無駄な時間をなくすようにしましょう。

 

 

これらが、大まかな

中国輸入の一連の流れです。

 

 

 

OEMをはじめる

 

OEMとは、簡単に言うと、

オリジナル商品を自分で作ることです。

 

 

オリジナル商品は、

この中国輸入ビジネスで

一番高利益が出ます。

 

 

中国輸入に慣れ、

知識がある程度付いた人は

始めてみるべきでしょう。

 

 

 

売れるOEM商品を作る

 

売れる商品を作るために、

頭に入れておくべきポイントが

いくつかあります。

 

 

需要と供給を考える

 

なかなか商品が売れない人は、

需要しか考えておらず、

供給のバランスが

崩れている可能性が高いため、

なかなか稼ぐことが困難です。

 

 

ですので、オリジナル商品を作るには、

必ず需要と供給を考えましょう。

 

 

購入者が求めているものを考える

 

多くの人は、ライバルに参入されない商品を

売ろうと考えています。

 

 

しかし、そうではなく、

購入者が求めているものを

売ることが大切です。

 

 

その、購入者が求めているものを探すには、

購入者の声をしっかり聞くことです。

 

 

その例として、

Amazonなど多くのショッピングサイトには、

必ず商品や出品者のレビューがあります。

 

 

レビューは購入者の意見ですので、

一つ一つ丁寧に確認することで

購入者の求めているものが

明確になります

 

 

こういった方法でも

購入者の求めているものを

探すことができますので、

オリジナル商品を作る際は、

この点を心がけましょう。

 

 

まとめ

 

このように、中国輸入では、

 

・国内転売とは違い、

商品を安く仕入れることができる。

 

・これから売れるものを売る。

 

・配送に時間がかかる

 

これらを頭に入れておきましょう。

 

 

また、OEMの大事な点としては、

 

・需要と供給を考える。

 

・購入者の声を聞く

 

これらのことは、

OEMを始めるにあたって、

常に考えるようにしましょう。

 

 

中国輸入ビジネスは、長期的に見ても

続くビジネスです。

 

 

しかし、知識がなければ

リスクの高いビジネスです。

 

地道にやりながら知識を付け、

実践していきましょう。

 

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ