中国輸入ビジネスをする時の商品の仕入個数について

 

中国輸入ビジネスをしていく上で、

始める時に多くの方々が最初にぶつかる壁が

リサーチをした後の仕入れの段階です。

 

  • どの商品を何個仕入れるべきなのか?
  • 仕入れても本当に売れて利益が出るのか?

 

初心者の方はこのような

不安があると思います。

 

 

なので、今回は

中国輸入ビジネスを行う上で

大事な注意点や初心者が取るべき仕入れ戦略

ご紹介します。

 

 

仕入れる個数について

 

結論からいうと、

初めから多くの商品を

仕入れる必要はありません。

 

1.テスト仕入れ(3~5個)

2.テスト販売

3.商品の見極め、判断

4.本仕入れ

 

このような4段階のステップで

仕入れを行っていくことをおすすめします。

 

 

商品はどのような梱包で届くのか?商品に不具合がないか?商品の作りは壊れやすくないか?

 

最初に3~5個のテスト仕入れをすることで、

もし仕入れた商品が不良品であったとしても

最低限の損失で済みます。

 

 

中国の商品は単価も安いものが多いので

かかる損失もそこまで大きくありません。

 

 

テストで仕入れをし、商品を見極め、

その後の判断で売れるとわかれば

仕入数を10~20個に増やしていきましょう。

 

 

リサーチ力や商品知識などが身につき

慣れてくると、テスト仕入れでも

10~20個仕入れることができるようになります。

 

 

焦らずに1つ1つこなしていきましょう。

 

 

まとめ

 

仕入個数の注意点を踏まえて、

実際に仕入を始めていきましょう。

 

 

仕入れをするのを恐れて、

行動を躊躇する事は決してしてはいけません。

 

 

仕入れをしなければ販売すらできませんし、

ましてや利益を出すこともできません。

 

 

不良品を仕入れたとしても、

それは失敗ではありません。

 

 

その経験が自分への投資となり

あなたの資産です。

 

 

最初から成功する人はいませんし、

失敗を繰り返す人のみが

成功を収めることができます。

 

 

失敗をただの失敗で終わらせず、

改善をしていき成長していきましょう

 

 

行動をすれば必ず成果はついてきますので、

頑張りましょう。

 

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ