中国輸入ビジネスで利益を出すには

代行業者はしっかりと選ぶ必要があります。

 

 

中国輸入初心者の方は

最初のうちから良いパートナーを獲得するのは

かなり難しいと思いますので、

まずは日本の代行業者を使いましょう。

 

 

今回は中国輸入ビジネスでの

代行業者を選ぶポイントをご紹介します。

 

 

 

選ぶポイント

 

代行業者を選ぶ際は

第一に対応の早さを見ましょう。

 

 

多くの方が手数料の安さに惹かれて

代行業者を選んでしまいがちですが

手数料が安くても対応が遅ければ、

稼いでいくことは難しくなってしまいます

 

 

代行業者から商品を仕入れた場合、

例えば1週間で到着する業者と

3週間で到着する業者では

大きく資金の回転などが大きく変わってきます

 

 

1週間で到着する業者では、

仕入れと販売のサイクルを月に2回転は

することが可能になります。

 

 

3週間も仕入に

時間のかかってしまう業者では、

仕入れ⇒販売のサイクルは

月に1回転分の販売しかできません。

 

 

そのうえ、次の仕入商品が届くころには、

出品者の増加や価格の崩壊などが

起こる可能性も高く仕入れても

赤字販売で利益が取れなくなってしまい、

本末転倒になりかねません。

 

 

以下に2つの業者を比べた結果を記載します。

 

 

なお計算簡略化のために仕入額の倍で

売れたと仮定します。

 

 

例1 代行手数料10%で1週間で商品が届く業者

 

1回目の仕入

仕入100000円+代行手数料10000=売り上げ200000円

 

2回目の仕入

仕入200000円+代行手数料10000=売り上げ400000円

仕入110000円+210000円

 

売り上げ600000円

 

利益=270000円

 

 

例2 代行手数料3%で週間で商品が届く業者

 

仕入100000円+代行手数料3000=売り上げ200000円

 

仕入103000円

 

売り上げ200000円

 

利益=97000円

 

 

前者は利益が270,000円に対し

後者は97,000円に留まりました。

 

 

今回は計算しやすく

2倍の売れ行きで計算しましたが、

実際はここまで気持ちよく売れません。

 

 

ですが、この計算で回転率の高さによる

生じる利益の差については

ご理解いただけたかと思います。

 

 

対応スピードの速さは

ストックになる在庫にも影響してきます。

 

 

1週間で商品が届く業者の場合は

2週間分くらいの在庫を持っておけば

間に合いますが、

3週間かかる業者では

その倍の在庫を持たなくては間に合いません。

 

 

また季節商品などを扱う場合、

例えば水着など対応が早くないと

商品の売れ行きに大きく影響しますし、

ライバルがその間に増加してしまえば

あなたの商品は在庫になるだけです。

 

 

各代行業者に見積もりをお願いして

メール対応の速さなど

見てみることを強く勧めます。

 

 

代行業者一覧

 

ご自分に合った業者を

この中から見つけてみてください。

 

 

タオバオさくら代行

 

中国輸入代行HAM

 

ミザ代行.com

 

タオバオライン1.6

 

Free Trade Business Club

 

ワールドデポ

 

タオバオちゃんねる

 

タオバオナビ

 

タオバオ代行達人スズキ

 

ピースライン.com

 

中国輸入代行BANRI

 

YASUTAOタオバオ代行

 

ワンダートレード

 

桜トレード

 

バイヤーアシスト

 

タオバオ代行王

 

C-J.LINE

 

ライトダンス

 

イーウーパスポート

 

ヤスタオ代行

 

タオバオ代行xdaikou.com

 

World Depot

 

イーウーマート

 

淘太郎

 

 

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ