今回は、「ヤフオクの直接取引」の

やり方や注意点についてご説明いたします。

 

 

これからお伝えすることを知らずに、

ヤフオクで直接取引を行うと

ヤフオクの利用停止はおろか

被害にあって泣き寝入りする可能性もあります。

 

 

あなたの不安を少しでも解決できるように、

トラブル事例や                             

直接取引の際に気を付けるべきことをお伝えします。

 

 

 

直接取引のメリット

 

そもそも基本的にヤフオクは、入札方式です。

しかし、実は直接取引という方法もあります。

これは客と直接取引をすることです。

 

 

この直接取引をすることで、

販売側は以下のようなメリットが

あるので行ってくれます。

 

 

・同じ商品や関連商品の販売ができる

・ヤフオクへの手数料や販売を省ける

 

 

双方メリットが生まれる可能性が

あるわけです。

 

 

 

デメリット

 

しかし個人同士での

取引ですのでトラブルも

起こり得ます。

 

 

主に客である、

こちらが詐欺被害にあうことです。

 

振込詐欺

 

振込詐欺はインターネットをする上で、

一番多い詐欺です。

 

 

一見、詐欺とは思えない出品方法に

なっているところが、購入者を騙すための

罠になっているので要注意です。

 

 

例えば、あるブランド商品の出品の場合

 

「去年の1月〜今月まで使用していたので、

動作確認済み。使用上の問題なし。

引っ越しのため手放したいが、明日までに

代金を振り込んでくれる方のみ送料無料!」

 

と謳われていました。

 

 

これらの特徴は、

付属品も説明書まで完璧に揃い、

使用感や傷があることも記載されています。

 

 

また、10000円値下げで15000円の

即決で出品されているのです。

 

 

このような出品方法は

よくヤフオクでは見られます。

 

 

しかし、この商品説明文のうち

以下の部分が注意すべき

重要なポイントです。

 

「明日までに代金を振り込んでくれる方のみ送料無料!」

「10000円値下げで15000円の即決で出品」

 

 

この文章があることによって

「他にも狙ってる人がいるのでは」

「早く支払ってしまおう」

という心理をつき、

落札者を焦らせています。

 

それこそが罠なのです。

 

 

 詐欺だと見破るためには即決しないで、

出品者に細かな質問などをしてみることです。

 

 

しっかり情報を得て、納得してから

代金を振り込みましょう。

 

 

次点詐欺

 

次点詐欺を

言葉で説明する前にこちらをご覧ください。

 

「突然のメッセージ失礼します。

今回の商品を落札した方が

入金が遅れる可能性があり、

もしものときはキャンセルと申し出てきました。

そこで○○様にご連絡しましたがいかがでしょうか。」

 

というメッセージが2番目の金額で、

入札していたあなたに送られてきました。

 

これが次点詐欺です。

 

 

正式な取引のキャンセルをせずに、

次の取引をしようとしています。

これはヤフオクの規則違反になります。

 

 

これに対し返信をすると、

自分のアドレスを詐欺グループへ

知られてしまう可能性があります。

 

 

次点詐欺は、

人気商品やプレミア商品で起こりやすい、

つまりせどらーがひっかかりやすい詐欺です。

 

 

上記のような連絡がきたら、

十分に注意しましょう。

 

 

 

吊り上げ詐欺

 

3つ目のつり上げ詐欺は、

出品者が詐欺に使うための

別のアカウントを使っていたり、

複数がグルになり落札額を

上げていく詐欺のことです。

 

 

この詐欺は非常に手が込んでおり、

詐欺だと見破りにくいです。

 

 

「これが欲しい!」という強い気持ちは、

どんどん落札額を上げてしまいがちです。

 

 

そうならないためには

以前ご紹介した『オークファン』

というサイトで相場を確認しましょう。

 

 

この確認はとても重要で、

詐欺はもちろんのこと、

諦めがつく判断材料となり得ます。

 

 

さらに、落札で複数人が争っているときに、

出品者の評価を見ておくことも手です。

 

 

実は同じ人物が複数の商品を落札していたり、

似た落札があった場合には詐欺の可能性が

あるので注意しましょう。

 

 

なかでも、1円からスタートしている

出品は特に注意が必要です。

 

 

この場合でも先程の詐欺と同じように、

細かい質問をぶつけてみることが

詐欺回避に繋がります。

 

 

 

被害にあってしまったら

 

直接取引というのはヤフオク以外で、

取引をしたということになります。

 

そのためヤフオクの補償がありません。

 

もしも、トラブルにあってしまったら、

次の5つの対処をしましょう。

 

 

・相手に連絡をする

・警察に通報する

・金融機関に相談をする

・そもそも直接取引に応じない

・メールアドレスを変える

 

 

相手に連絡をすると言っても

詐欺の場合は、連絡先など全てが

でたらめな可能性が大いにあります。

 

 

そのため、

警察に通報をするのが

一番確実です。

 

 

 

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ