メルカリはフリマアプリで、

個人間の売買がメインとなっています。

 

 

個人間でのやりとりの利点としては

価格が定まっていないため、

価格競争に応じてもらいやすい点です。

 

 

とはいえ、画面の向こうにいるのは

自分と同じ人間なので

節度ある言動を心がけましょう。

 

 

今回は値下げ交渉を優位に進めるための

ポイントをご紹介します。

 

 

1.メルカリのコメント機能を活用しよう

 

メルカリでほしい商品を見つけた際に、

何か不明な点だったり、

出品者さんに質問がある場合、

基本的に商品ページ下の

コメント機能を使ってやり取りします。

 

 

 出品者さんの中には、

商品の購入の際にあらかじめコメントにて

購入する事を伝えて欲しい

とプロフィールに書いていたり、

コメント不要ですと記載されていたりします。

 

 

基本的にメルカリでの値下げ交渉は、

この商品ページのコメント機能を

利用してやり取りします。

 

 

このコメント機能は

売れてない商品に限ります。

 

 

2.コメントを利用する値下げ交渉のやり方

 

まずはメルカリでコメントを

送信する方法をお伝えします。

 

 

 

 

上記のページでその商品について、

値下げは可能かどうかを

出品者さんに聞きます。

 

 

値下げ交渉するということは、

こちらは相手にお願いする立場なので

丁寧なやり取りを心掛けましょう。

 

 

2-1 値下げ交渉のコメント例文

 

念のために値下げ交渉をする際

どのようにすれば良いのか例文をあげます。

 

 

例:

こんにちは。コメント失礼します。

こちらの商品を購入したいのですが、

〇円でお願いできますでしょうか?

支払いは〇日まで可能ですので、

ご検討の程宜しくお願いします。

 

 

たまに「値下げお願いします!」

という素っ気ないコメントを

書き込む人がいますが、

具体的にいくらだったら購入するのか 

 

 

希望する金額を提示したほうが

出品者も返信しやすいです。

 

 

ですので、値下げ交渉のコメントには

自分が希望する金額を

先にきちんと提示しましょう。

 

 

また、すぐに支払いを

済ませることができることを

しっかりとコメントしておく

というのもコツのひとつです。

 

 

出品者さんにとっては、

できるだけ早く商品を売り切りたい

という心理がどこかにあります。

是非、参考にしてみてください。

 

 

3.値下げ交渉のコツは常識の範囲内で行うこと

 

いくらメルカリでは

値下げ交渉ができるといっても、

そこには常識の範囲内

というものが存在します。

 

 

1万円で販売されている商品に対して、

「送料込みで500円に値下げできませんか?」

と値下げ交渉するのは非常識です。

 

 

ある程度、大きさや

重量のある商品だった場合、

500円に値下げしてしまったら、

 

 

出品者さんにとっては

赤字どころか

送料の負担まで強いられてしまい、

手間ばかりかかってしまい

メリットはありません。

 

 

不用品を出品している場合でも、

相手の意図を無視した値下げ交渉は

気持ちの良い取引はできません。

 

 

極端に安い金額を提示して

いきなり挨拶もなしに、

値下げ交渉のコメントを書き込む

常識のない方が時々います。

 

 

友達でも家族でもない

赤の他人に対して、

負担にしかならないだけで

何も得るものがない取引をする人は

いません。

 

 

 

 

値下げ交渉は値下げの強要

ではありませんので、

売る側も買う側も

気持ちの良い取引ができるように

常識の範囲内で行っていきましょう。

 

 

3-1常識の範囲内の値下げとは

 

商品によっても様々ですが、

値下げ交渉をする場合、

まず、同じ商品がメルカリで

どれくらいの価格で売れているのかを

チェックしておきましょう。

 

 

価格交渉しようと思っている商品と

同じものを検索してみて、

実際に売り切れた商品の

価格をチェックしていけば、

だいたいの相場はわかります

 

 

人気の商品である場合、

出されたらすぐに売れているような商品は

コメント欄に書き込んでいても

その価格が売れている価格帯であれば

すぐに売れてしまう事も多いです。

 

 

また、商品にもよりますが、

相場よりも少しだけ価格が高い場合などは、

値下げ交渉される事を前提とした

価格提示してる出品者もいます。

 

 

その場合2割ほどでしたら

わりとすんなりと値下げに応じてくれる

出品者さんも結構いたりします。

 

 

常識の範囲内は

漠然としたイメージがありますが、

相手の立場で考えて可能な範囲で

交渉してみましょう。

 

 

 4.値下げ交渉はタイミングも大事

 

 

 

出品して間もない商品の場合、

値下げされない傾向が強いです。

 

 

もしかしたら、高い値段でも

買いたい購入者がいるかもしれません。

 

 

なかなか売れずに出品してから

時間が経っている商品や、

何回も再出品されているもののほうが、

値下げ交渉を成立させやすかったりします。

 

 

またセール品や期間限定値下げや

最終値下げなど

商品説明に書かれている場合も

交渉が成功しやすい傾向があります。

 

 

なので、値下げ交渉には

タイミングも大事なのです。

 

 

5.値下げできないと言われた場合の対処法

 

値下げ交渉の際に

こちらが提示した金額について

「その金額ではちょっと厳しいです。」

といった返答が返ってくることが多々あります。

 

 

返答ない場合もあります。

 

 

そんな時は、主に以下の選択が

考えられます。

 

 

・潔くその商品は諦めて他をあたる

・仕方なく値下げなしで購入する

・再度、価格を訂正して値下げ交渉してみる

 

 

再度価格を訂正して値下げ交渉する際に、

最初に提示した価格よりも

少し高めの金額にする場合と、

相手に単刀直入に

いくらだったら値下げOKですか?

と聞く場合があります。

 

 

また出品者が「〇円までなら可能です。」

と提示されてかえってくる場合があります。

 

 

ここは利益率を考えて

仕入れ値としていくらまでか決めましょう。

 

 

最初の交渉の際の相手の出方にもよりますが、

交渉しやすい雰囲気でしたら

希望の価格を訂正して

値下げ交渉しましょう。

 

 

その際には、もちろん相手に対して

失礼のないように気をつけましょう。

 

 

6.値下げ不可の出品者もいる

 

メルカリで商品を購入する際には、

商品の説明文や

出品者さんのプロフィールを

チェックするようにしましょう。

 

 

出品者さんによっては、

値下げNGという人もいたり、

また商品によっては

値下げしているものもあったりするので、

 

 

商品の説明文や

出品者さんのプロフィールに

値下げ交渉について書かれていないか

事前にチェックしておきましょう。

 

 

プロフィールなどに

「値下げ不可」と記載されている

にも関わらず、値下げ交渉してしまうと

後々面倒なことになる可能性もあります。

 

 

7.まとめ

 

メルカリでは個人で値段が

設定できますので、

出品者がその商品の価値を

分かっていなかったり、

 

 

初心者で評価稼ぎの為に値段を

安くしている出品者もいます。

 

 

仕入れ値が安ければ

利益率も上がりますので、

失礼のない程度で

値切り交渉しましょう。

 

 

LINE@

ランキング参加しています。クリックお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントをどうぞ